on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

yoshiyuki(INFOG)

2018/6/17 八食MUSICDAY yoshiyuki(INFOG)/nakano(Re:Turn)/OCHIMUSYA

2018/6/17
八食センター
yoshiyuki(INFOG)/nakano(Re:Turn)/OCHIMUSYA

2018年39本目。

S__75563015

八食Music Dayということで八食センターへ。
場所は、八食センターの、ど真ん中。
ライブ中に買い物客がステージ前を横切って行ったりして、普段ない感じなのが楽しかった。

中野さんの「風になりたい」がすごく良かった。
大好きな曲だったから久々に聞けたのも嬉しかった。

よしゆきくんは、午前午後、どちらにも出演。
いつ聞いても、良い声だ。
日本語詩のカバーもあった。
バンドで聞くのもいいけれど、こういうものを楽しめるので弾き語りって素晴らしい。

OCHIMUSYAは、2017年1月初旬のライブには行かなかったので、2016年のASAMIYAぶり...だとずっと思っていたのだけど、きちんと調べてみたら、2017年1月21日に見てた。FULLCOUNT 企画だ。
余談だけど、そのとき「また新曲が出来たらライブやります」という話があった模様。
それはさておきライブはすごく良かった。
最後にやったのが「今日の日はさようなら」だったんだけど音源化されているらしいので翌日買ったくらいには良かったし、またライブ見たいなーって思った。
滅多に見られる機会がないので、ライブ行けて本当に良かった。

昼間のライブって、それほど多くないので新鮮な感じがする。
また機会がありますように。

2018/6/16 八戸FOR_ME 39degrees/Re:Turn/yoshiyuki(INFOG)/Onibilli/Sandline/WITH US

2018/6/16
八戸FOR_ME

39degrees pre.
八戸感謝祭 vol.2

39degrees
Re:Turn
yoshiyuki(INFOG)
Onibilli
Sandline
WITH US

S__75563014

39degreesの企画。2018年38本目。
こうして数えてみると、去年と同じくらいのペースでライブに行っていることが分かる。
去年は年間で77本だったはず。1ヶ月あたり6.4本という「予想通り」な計算。
想像より多くも少なくもない。

INFOGのよしゆきくんは、11月、12月、2月、3月、5月、6月、と、昨年からたくさん八戸に来てくれている。決して近くはない距離を越えてここに来てくれることに、とても感謝している。遠征して見に行っているほどなので、この頻度で見ることができるなんて素晴らしい。

そんなよしゆきくんはOnibilliの曲がお気に入りなのかこの日も少し弾いていた。
あの曲すごく耳に残るので分かる気がする。

WITH USは、フリーキーのスバルくんたちのバンド。おかえりなさい。
時々見ることができるのかな。これからも楽しみ。

Sandlineは新しい曲(タイトル知らない)が結構好き。

39も、たくさん八戸に来てくれているバンド。
(前日の、Bar Bandowも大変楽しかった。)
39が八食決まったのを嬉しく思っている。
また近々、八食以外でも見られればいいな。

2018/5/6 八戸FOR_ME STUNNER/yoshiyuki(INFOG)/Re:Turn/Interloper/Onibilli

2018/5/6
八戸FOR_ME

STUNNER/yoshiyuki(INFOG)/Re:Turn/Interloper/Onibilli

1E2654AE-6CD2-4E7E-BC7F-F0044B1B7590

2018年31本目。
東京から始発で帰ってきたのは、このライブを見るためだった。
それほど寝ない私でも、オール明けだったので、さすがに新幹線は爆睡した。
到着したのが10時くらい。
そのあとは寝るタイミングを逃し、1時間くらいの仮眠でライブへ。

もはや辞書登録しておきたいくらい、Interloperは安定のかっこよさ。Re:TurnのSTEP UP CELLを聞くといつもつい前に行ってしまうんだけど、さすがにこの日は身体が動かなかった…。Onibilliが最後にやった曲は、タイトル分からないけど、耳に残る曲だなと、いつも思う。その後にINFOGよしゆきくんが少し弾いて「神曲~」って言ってたけど、そうかもしれない。よしゆきくんの弾き語り、また八戸で見ることができて嬉しい。この日は全てINFOGの曲での弾き語りだった。dream as a dreamも私にとっては神曲だな。相変わらず、すがすがしくて気持ちの良い声だった。メンバー募集中でバンドとしては活動できていないけど、こうしてきてくれるのをありがたく思っている。
STUNNERも最近怒涛の勢いで八戸に来てくれているので、見る機会が増えた。
全部の曲を知ってるわけじゃないけど、ぐっとくる。
寂しかったり悲しかったり疲れていたりするとき、熱い言葉や歌詞を聞くと背中を押されたりする。

GWの予定は、これが最後。
なんだかんだライブだらけの、良いGWだった!




読者登録
LINE読者登録QRコード