4/18、4/20、4/24と、今週3回snatchのライブに行ってたことに今日気付いた。
行くのを決めたタイミングが違ったから意識してなかった。
週に3回同じバンドを見に行ったのは初めてで、自分でも驚いている。

image

3か所とも、それぞれ良かった。お客さんもライブハウスも対バンも違うから、特に比べる気はない。
けど、個人的には、やっぱり地元で見た前半戦finalの4/24は強烈だった。
来るたびに「八戸を地元って呼べる場所にしたい」って言ってくれてるけど、既に地元みたいなものだと思う。すごく愛されてる気がする。

全部で5バンド。

rhyrhyrhythm(八戸)、waruagaki(弘前)、THE WORLD PEACE(札幌)は初めて見た。Re:turnは数え切れないくらい見てるけど初めて最前で見た気がする。

特に印象に残りまくったのがrhyrhyrhythm。地元だけど、いままで機会がなかった。ものすごーく好きな感じだったので、びっくりしすぎて結構呆然と見ていた。ちょっとこれは今まで知らなかったのがもったいない。6月、Septaluckの対バンみたいだから、そのときが楽しみ。久々に初見でテンション激あがりした。絶対また行く。

snatch始まる直前になったら、急に、猛烈に寂しくなった。日程的に、このツアーに行けるのは多分これが最後だから。(MCで、現段階で発表されてない場所にも後から行くと言っていたから期待してるけど)
楽しみにすればするほど、始まるときの寂しさが強くなる。分かっているから、普段直前までライブのことは考えないようにしてるんだけど、今回は考えずにはいられなかった。
MCも少し多めだったなー。
前半戦final、と聞いたら、また少し寂しくなった。

旧譜もたくさん聞けた。
encoreが、1曲目、sprit of our youthで感無量だった。
いま一番好きなのはBlameだけど、すごく好きになったのは、sprit〜や、life is beautifulがきっかけだった。そのせいか、初めてsnatchのライブ見たときのことを思い出して胸が熱くなった。あのときから、ずーっと、ライブのたびに楽しいし、かっこいいし、うきうきした気持ちになる。

日付が変わって、久々にライブで筋肉痛になってることに気付いた。右側向くと首が痛いし。
体が痛むたび、ライブ楽しかったなって余韻に浸っている。

早く次の機会がありますように。