on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

rhyrhyrhythm

2017/9/17 ASAMIYA ROXX the SHUWA/Re:Turn/セックスマシーン/Interloper/VSMYBLUES/rhyrhyrhythm

2017/9/17  

ASAMIYA ROXX


the SHUWA
Re:Turn
セックスマシーン
Interloper
VSMYBLUES
rhyrhyrhythm


今年は会場がROXXのみ、というわけで画像もないため、去年のASAMIYAのフライヤーを載せてみる。
あの場所でライブを見るのが好きだったので少し残念に思っているけれど、また来年以降に行けたらいいな。
 image

14:30 open、15:00 startだったのだけど、私は前日大船渡泊。食事なしで移動しても片道約5時間。
9時にホテル出たら間に合うかな、と思ったし、実際「だいたい」間に合ってはいた。
ただ、iphoneのナビが、行きに通った沿岸部ではなく内陸部を案内されるっていう謎の事態に困惑した。
住田~遠野~花巻~盛岡~八戸、というルート。
生まれて初めて遠野に行ったのに観光も出来なくて残念すぎる。

着いたのが15時20分くらい、ということでVSMYBLUESは一瞬しか聞けず。
そして日が経ち過ぎて順番が思い出せない。

この日は久々にInterloperを最前で見た。
普段は比較的後ろのほうから見ているのだけど、近くで見るとかっこよさ倍増だった。どんどんかっこよさが増している気がするけど絶対に気のせいじゃないと思う。

セックスマシーン、最近は八戸に来るたびに見ている気がする。
曲も明るくて楽しくて好きだけど、MCが好き。
なぐらロード歩いているあたりが最高に良かった。ぐらぐらするから怖いよね確かに。

rhyrhyrhythm、ここ数回喉の調子が悪そうで、かなり心配していたけど、この日は良い感じだったから本当に安心した。わたしは頻繁に見るから、調子が良いとき悪いとき両方を見ることになるのは当然だ。けど遠征の人とかが多いとき、ベストな状態だったらいーなーとか思う。で、それが来年なり次につながったらいーなーと。

この日は、HUMAN直前にベースのストラップが取れる→応急処置→HUMAN中に再度取れる、てハプニングが発生してた。それでも、そのまま弾き続けてるのすごいなーと思いながら見てた。ベース持ったことないから分からないけど、軽くはなさそうだし。 最近ライブ行くたび、いろいろなバンドのストラップに絡んだトラブルに遭遇してる。2回に1回くらいの割合だから、かなりの頻度だ。なんでだろう。

ただ、この日は他のバンドでも、いろいろあったみたいだ。他とは違う特別な日だし、それを考えたら不思議ではない気もした。 わたしはふたりとも直接は知らないので深く言及はしない。ただ、まわりのひとからの話を聞くたび、年月が過ぎても全く変わらずに愛されつづける存在であることを素晴らしいとも羨ましいとも思う。わたしは、到底そんな存在になれそうもない、どうやっても届きそうがない。叶うことなら直接会ってみたかったな。お話だけで聞く人じゃなくて。

そう思いながらRe:TurnのMCを聞いてた。大事な人をなくす痛みだけならわたしも分かる。それ自体は何回も経験している。だから、切ない気持ちになりながらライブを見た。

6年ぶりてことだったから、当然the SHUWAは初。好きな感じの音楽だったから、いい出会いだったなーと思っている。

ASAMIYAは、いつも、新しくて良い音楽にめぐりあわせてくれる。ASAMIYAをきっかけに聞くようになったバンド、いくつもある。

今年はいつもと形が違ったけど、それでもやってくれてありがたかった。とても良い時間だった。













じゃらんnet


2017/9/5 ROXX POT/ENTH/THE FOREVER YOUNG/rhyrhyrhythm

2017/9/5  

POT GEMME TOUR

ENTH DOHENTAITOUR

POT
ENTH
THE FOREVER YOUNG
rhyrhyrhythm

IMG_0782

このサイズの超特大ポスター、すごく良い。
対バンが書き込みしているのも、とても好き。
それと今回はROXXの入り口に、普段ない当日のライブの告知が貼ってあったのも良かった。高まる。
帰りに撮ろう、と思ったんだけど、そのまま帰ってきてしまい残念に思っている。

9/5は、ENTHで、友達がBMP(ベストモッシュプレイヤー)のTシャツをゲットしたのがとても嬉しかった。
盛岡でも一緒に見たんだけど、フロアの中で一番楽しそうに動いてた。
しかしそのときは手に入らなかったので、楽しそうに動く彼女を見て幸せな気持ちだった私は少し残念に思っていたのだった。
でも今回それをもらえて、すごく嬉しそうだったので、とてもとても良かった。
かなり人が入っていたので私は後ろのほうで見たんだけど、ライブ自体も良かったな。



なんだかんだで今年は結構頻繁にTHE FOREVER YOUNGを見てる気がする。
じわじわ曲覚えてきている。
ライブを見た回数から考えるとすごいことだ。
そのくらい耳に残る曲なんだろうな。

今回は書きたいことは、これでおしまい。

次は9/8の仙台MACANA。
OVER ARM THROWのkeep it burning! vol.14


じゃらんnet


2017/9/3 ROXX いなむら/rhyrhyrhythm/Interloper/BrownCrow

2017/9/3 BrownCrow レゾンデートル tour


いなむら
rhyrhyrhythm
Interloper
BrownCrow

9/3は、BrownCrowの「レゾンデートルtour」でROXXへ。

この日は、「いなむら」からのスタート。
 
この曲を聞いて、「絶対ライブ楽しそうだな」と思っていたんだけど、予想以上だった。
中でも私は現在進行形で「はなくそ」という曲に心を奪われている。
衝撃的な曲だった。
全体的に衝撃的な曲だらけだったけど、「はなくそ」が最強。
未だかつて、こんなに「はなくそ」にフォーカスした歌があっただろうか。
私が知らないだけでみんなのうたにならあるのかもしれないけど…。
歌詞も内容も衝撃的だった。聞きたいから早くまたROXX来てほしい。
楽しすぎて時間があっというまだった…。

rhyrhyrhythmとInterloper、前回は、八食でのO.A。
O.Aは両日とも最高に嬉しくて楽しかったけど、
持ち時間が短い!!
これはInterloperも同じ。
hsfl2017のO.A、15分しかないので、ちょっとしか聞けなくて物足りなかった。
そんなわけで9/3は2バンドとも前回より長く見ることが出来て、大満足している。
どっちもかっこいいバンドだから、次回はぜひ、八食の本編で見たい。

もう数え切れないくらいTwitterでもブログでも書いたけど、やっぱりrhyrhyrhythmのHUMANは最高。
PRIDEも新曲も好きだから1番を選ぶのは難しいけど、見るたびに最高だなって思っている。
八食少し前に流行った「HUMAN弾いてみた」も楽しかった。
ペットボトルのキャップどこにいったんだろう、とか、マイク倒れた、とか思って面白かったりしたけど、それはさておきライブ楽しかった。
今回は、9/3、9/5と続けてライブがあるのですごく嬉しい。明日が楽しみ。今月はライブの本数が多いから、きっと毎週楽しい。それを考えると幸せな気持ちになる。

Interloperも、クールだしセクシーだし、かっこいい。見るたび、そう感じている。

レコ発などで立て続けにライブ行った人が「同じバンドを頻度高く見てたら飽きた」みたいな話をしているのを聞いたことがある。けど、私の場合は、見る頻度が高くても、そう思うことはなさそう。見るたびに発見があるし、さらに好きになることのほうが多い。

もしかしたら1週間に6回くらい行ったら飽きるのかもしれない…どのバンドでもいいけど、1回くらい、そういう経験をしてみたい気もする。



最後がBrownCrow。
今回のレコ発でROXX来るのが2回目とのこと。
1回のレコ発で2回同じ場所ってすごい。
これがセトリかな。

ギターが印象的だった。
途中から一生懸命見てたけど、知識ないから見ても良く分からなかった、ただ、すごく印象に残った。
また機会があれば見に行こうと思っている。

今回は看板もバックドロップもフライヤーもなかったから、写真なし。

ところで、看板やバックドロップ、フライヤーがなかったりすると、写真がなくて文字だらけになるのが最近の悩みどころ。
基本的には、「建物の全景は映さない」「人物は入れない」など自分で決めたルールに基づいて、看板やポスターなどの写真を使うようにしている。
ブログでもtwitterでも、写真や動画を無断転載(掲載)している人を見かけることは多い…でも、それをせずに「文字だらけ」を避けたいと思って、ずっと方法を模索している。
その結果として、未だ迷いはあるけど、ここのブログではフライヤー画像に限っては「宣材」って前提で掲載してる。(you tubeとかtwitterに関しては仕様上リンクできるので載せたりする)
(演者が見ることは稀だけど)演者も含めて誰も嫌な思いをする人がいないのが理想。

個人の日記だから、本当は、もっと自由でも良いのかもしれないけどなー。
自分で決めた制限が多すぎたり、その他の理由があったりで、「もう今月でやめよう」って毎月思う。
でも続けるうちは、文字だらけを避けつつ自分で決めた制限も守る、で書きたいような気もする。

書き終わってからチェックした。
tweetや動画の埋め込みがあるから幾らかマシだけど、やっぱり文字多いなー。
緩やかに考えていこうと思う。

…それはともかく、とてもとても楽しい夜だった。
次は明日!9/5!
そちらも、とても楽しみにしている。

じゃらんnet


2017/8/19 八食サマーフリーライブ1日目 rhyrhyrhythm/DizzySunfist/INFOG...

2017/8/19 八食サマーフリーライブ1日目

2017/8/19
OPENING ACT : rhyrhyrhythm
---
39degrees
THE CHERRY COKE$
Dizzy Sunfist
DRADNATS
G-FREAK FACTORY
GOOD4NOTHING
INFOG
THE LOCAL ART
Northern19
NUBO
RADIOTS
SABOTEN
SHACHI
SHIMA
S.M.N.
Survive Said The Prophet

ブログに手を付けるまで思ったより時間が掛かってしまったけど、やっぱり書き残しておきたいから、日は過ぎたけど、書いてみる。

O.Aがrhyrhyrhythm、トップバッターはDizzy Sunfist。
前日OATが終わって帰宅し就寝したのが2時過ぎ、起きたのは5時30分。
O.Aのrhyrhyrhythmが楽しみで仕方なかったので朝からわくわくしていた。

空は曇天、凍えるほどではなかったけれど、暑くはなかった。今にも雨が降りそうな空だった。
八戸は、8月に入ってからは、最後に青空を見たのがいつだったか思い出せないくらい、毎日雨が続いていて、ずっと天気が悪かった。そんな中で、曇天くらいで済んでいるのが奇跡のようだった。
IMG_0208

ちょうど開場のタイミングで入場曲みたいにHUMANが流れていた。
そのあとすぐに物販でrhyrhyrhythmの新しいT(黒×ピンク)を購入。
O.Aが始まるまでのあいだに、rhyrhyrhythmのTシャツ着たみんなで写真を撮った。
1年で1番楽しみにしている2日間の「一番最初」に音を鳴らすのが好きなバンドであることが、とても嬉しかった。

O.Aは時間が短いので、4曲のみ。一瞬だった。3曲目の歌詞で泣いた。いつもどおりかっこよかったけど、普段よりすごく楽しそうに見えたから、それを見ているだけで幸せな気持ちになった。初めて見た時に「すごくいい」って思ったけど、見るたびにそう思うって、すごいなーと感じている。
以前からrhyrhyrhythmのライブをおすすめしていた友達にも大好評だった。いつか一緒に見たいっていう夢が八食で叶うなんて素晴らしい。最高のはじまりだった。今年の八食はきっと最高なんだろうな、と、その瞬間に思った。

そのままDizzy Sunfistのライブを見た。Dizzy Sunfist、年々人気が高まってて、お客さんもどんどん増えてて、見るたびに感動する。この勢いが続くなら、やがては気軽に見れなくなる日も来るのかな、と思ったら胸熱だった。初めて見た夜にガラガラのROXXで、風邪で出ない声を振り絞って歌ってた姿が忘れられない。いつか八食で見られなくなるとしても、それでもさらに人気が高まればいいな。

G-FREAK FACTORYのライブ中、曇り空から雨が落ちてきたのは最高だった。
私が知る限りでは、他のバンドの時は、「雨」というほどには降らなかったような。
そういうところも含めて好き。「日はまだ高く」と「EVEN」聞いてると、"八食"って感じが強まる。
ようやく泣かずに「EVEN」が聞けるようになったことを幸せに思っている。

そして先日から気にしていたSurvive Said the Prophetは、今年の八食で見たのが初。
痺れた。かっこいい。
またROXX来てくれたら絶対行こうと思っている。好みすぎる。

RADIOTSも楽しかった。
最近ROXXに来てくれるたびに見に行っているけど、いつ見てもくらくらするくらいかっこいい。
「一緒に見ましょう」と約束していた友達と、並んで見ることが出来たのも良かったな。真ん中あたりの(良い意味での)治安の悪さ、さすがに行けないけど、すごく好き。



IMG_0183

隙を見て食べた昼食。この3パックで1500円程度。安い。

しかしお昼御飯を食べた後、数日間の睡眠不足により猛烈な眠気に襲われてしまい、いきなり動けなくなってしまった。10分だけ寝よう、と思って、気付いたら40分くらい過ぎていた。目を覚ましたら、THE CHERRY COKE$演奏中…。最初から見るはずだったのに…。それが今年の心残りのひとつ。それでもなんとか3曲だけ見ることが出来た。

チェリコの次がINFOG。

去年八食初参加だったINFOGは、2年連続の参加。
それ以前にもライブを見たことはあったものの、久々に見たのが去年の八食だった。響き渡る綺麗な声が気持ちよかった。あの日INFOGを見たことも、あのあと、いろんな良い偶然が重なったことも、とても素晴らしいことだと思っている。かけがえのない出会いだった。すっかりINFOGが大好きになったし、まわりにもそれが広がっているのが良く分かる。ライブもかっこよくて好きだけど、3人の人柄も大好きなので、どんどん思い入れが強くなる。バンドなんだしライブがかっこよければそれが全てだと思うんだけど、人柄が良ければなおさら好きになるに決まっている。去年よりダイバーが増えて痛かったのも「良かったなー」って思うほど。
去年は後ろで見ているきくさんを見て、ほろりとした。
今年は後ろを見る余裕はなくて、ライブ自体を見て、もらい泣きした。
来年も八食が続くなら、ぜひ、また、あの場所にいるINFOGが見たい、と思っている。

今年のトリはNUBO。
初日の締めとして最高だった!
毎度思うけど、"Circle"の楽しさは異常。
普段ピットに入らないしサークルも好きじゃないけど、NUBOだけは入らずにいられない。
NUBOでサークル作っている人たちの顔を見るのが好き。終わった後ハイタッチしてる人たちのきらきらした目が最高。泣いてたり、笑ってたり、いろんな表情だけど、みんな活き活きしてる。
咲く花でサークル出来てたの衝撃だった、今まで記憶にない、初めてかも。

途中40分の休憩と、おすし食べた以外は、ほとんど立ち見エリアか物販エリアにいた。
普段なかなか会えない大好きな人たちが、いっせいに自分の地元に来てるって、強烈すぎる。

ライブの楽しみ方は、人それぞれで、一人で音楽を満喫するのも素敵だ。
無理にライブハウスやフェスで人間関係を構築する必要もない、と思っている。
私も最初は1人だった。
2013年に初めて八食サマーフリーライブを見たとき、誰も知り合いなんていなかった。
友達と仲良さそうにしている人たちを見て「いいなー楽しそう」って思っていた。
同じものを好きな友達と一緒に見たら楽しいんだろうな、って。

そう思った日から5回目の八食。
友達と並んでいても、ひとりでも、去年より、さらに楽しかった。
そういうふうに思える状況に自分がいることを、とてもありがたく思っているところ。
毎年同じようなことを書いている気がする。
でも毎年同じようなことを思っているから仕方ない。

あの独特のあたたかでゆったりした雰囲気も、
熱のこもったライブも、
八食前にそわそわしすぎる上に、
終わってからもいつまでも「八食」の文字が残るTwitterのタイムラインも、
全部ひっくるめて、とても好き。

ライブが終わって、一度帰宅して着替えて洗濯して飲みに出た。
それもまた、なかなか混沌とした宴で、とても楽しかった。
睡眠不足とか言いながら寝ないまま、2日目に続く。

(出順、違ってるかも)
rhyrhyrhythm
Dizzy Sunfist
Northern19 
39degrees
G-FREAK FACTORY
DRADNATS
THE LOCAL ART
Survive Said the Prophet
SABOTEN
RADIOTS
S.M.N
SHACHI
SHIMA
THE CHERRY COKE$
INFOG
GOOD4NOTHING
NUBO

【八食サマーフリーライブ】2002年~2017年参加バンドまとめ

じゃらんnet

2017/8/12 八戸ROXX Interloper/rhyrhyrhythm/Re:Turn

2017/8/12

Re:Turn
"Living"release tour 初日 3MAN SHOW
at八戸ROXX

Interloper
rhyrhyrhythm
Re:Turn 

8/12は、Re:Turnの「"Living"release tour 」初日。
地元バンドのみでの初日にも関わらずチケットはソールドアウト。
私が到着したころには既に大勢の人が来ていて、中に入るのも大変なほどだった。

1バンド目がrhyrhyrhythm。
いつものように楽しく見ていたのだけど、「次が最後の曲」って始まった瞬間、
『次に見るのは八食か』
と思った。そしたら、去年のMCを聞いて胸が熱くなったのを思い出して、涙が止まらなくなった。
あの日「八食出たい」と聞いて、「夢なら、叶うといいな、それを見たいな」と思った。それから1年も過ぎてない6/1、その日が来ることになったことを知って、本当に嬉しかった。比較的見る頻度が高いから、もっと時間が過ぎているような錯覚に陥ることがある。でも、実際は、初めて見てから、まだ1年と少ししか過ぎていないのだった。rhyrhyrhythmを知って、ライブ通うのがもっと楽しくなったし、八戸のバンドもたくさん知ったし、さらに、いろんな人と出会えた。とても感謝している。私にとっては、すごく良い出会いばかりだった。大好きな人がたくさん増えて、すごく嬉しい。このさきも楽しみだし、こんな日が続けばいいと思っている。八食本当に楽しみだし、それがまた次の夢に繋がることを願っている。
何かにリンク出来ればいいのだけど、と思って、埋め込みtweetを思い出したので貼ってみる。

DGI4lK3UwAI9ScQ

この日の、LIVEの詳細は下記。
Interloperも、いつもかっこいいし、この日もとても熱かった。
ソールドアウトだけあって、久々にぎゅうぎゅうのライブハウスで、途中、あまりの熱気に息が苦しくなってしまい外に出たほどだった。ライブ中に息が苦しくなったの、いつぶりだろうか。戻ってきたら扉の影しかいる場所なくてステージなんて見えなかったけどそれでも楽しかった。Interloperは八食で、日曜日のO.A。それもまた、とても楽しみ。
Interloperは、今回はO.A枠になっているけど、去年は違った。それ以外とO.A枠だと時間も違うし、発表になったときは正直なところ、驚いた。でも、私は、O.A枠があるのなら、それはやっぱり八戸のバンドがいいなーと前に思ったりしたのだった。というのもあったりで、八戸のバンドから朝を始められること自体については嬉しい気持ちもある(本編で見られるに越したことはないけど)。
でも、枠がどこだろうと、rhyrhyrhythmもInterloperも楽しみにしている、とても。

Re:Turnも、ここ何年かで、見る頻度が非常に高いバンドのひとつ。
見るたびに良さが増していく気がする。
以前は、ツアーバンドばかり見ていて地元のライブにはあまり行っていなかった。
それをがもったいなかったな、と最近よく思う。
"Living"はフラゲ日に購入して、いま車で聞いているのだけど、すごく良い。
そして地元以外の友達から、
「買ったよ」
とか、
「良かった」
と言われて、不思議なくらい嬉しく思っている自分に、正直驚いている。
ここ1~2年での、私の中での大きな変化の一つだと思う。
でも決して「地元=いい」って考えではない。
そういうのを取り払って考えて、「良い」って思っている。そういうバンドを、地元で見ることが出来るのは、素敵だと感じている。



これから始まるツアーで、曲が、さらに進化していくのを楽しみにしている。
どんどん変わっていくんだろうな。
素晴らしいツアーになりますように。
八戸以外の場所も、行けたらいいなと思っている。

そんなRe:Turnも八食に参加するバンドの1つ。
八戸の、自分が好きなバンドを3つ、八食で見ることが出来るのってすごい。
たくさんあるツアーバンドと名前が並ぶバンドが増えていったら、きっとさらに楽しい。
ツアーバンドめあてのお客さんが減るっていう考えもあるかもしれないけど、
八戸のバンドめあてのお客さんが増えたらすごく素敵だ。
私はただの観客だから基本的に細かいことは気にしないけど、それでも、そんな日が来たらおもしろいな、とは思っている。

さて。
次のライブは、ずっと夢だった、OVER ARM THROWの、八戸でのワンマン。
日が近付くごとに、どんどん夢みたいに現実味がなくなっていく。
とても楽しみ。


"Living" トレイラー


"believe" PV


"Living" special site


Living/Re:Turn【2500円以上送料無料】
Living/Re:Turn【2500円以上送料無料】


じゃらんnet