on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

UNLIMITS

2016/10/16 仙台MACANA UNLIMITS

UNLIMITS
”with「U」tour 2016”
2016/10/16 仙台MACANA
image


with「U」tour 3本目は仙台へ。
「アメジスト」ツアーと同様、今回も仙台でのワンマン。
open18:00、start18:30。

18:10くらいにMACANA着。
向かいの利久で牛タン食べていたのでOPEN過ぎてから行った。

フロアから聞こえてくる音が少ないので「あれ」と思ったら既に結構たくさん人がいた。
MCでもその話題になってて、
「ぼっち参戦のひと」
と言われて手を挙げていたのが7割くらいだった感じ。
「がやがやしてないから人がいないのかと不安になったら結構いた」
という話題になるくらい、ライブ前とか静かだった。
確かに言われてみたら、仙台は開始前のざわざわ感が少なかったかもしれない。
でも、ぼっち参戦って私もあるから分かるけど、確かに「ざわざわ」する要素ないからねー。

それはともかく、ワンマンは、やっぱり特別なものだな、と改めて感じた。
あたりまえだけど、ずっと最初から最後まで好きなバンド「だけ」だから。

ちょうど前の日、別件で何度も「あなたへの月」のオリジナルを聞いてた。
オリジナルもいいなと思うけど、やっぱり私はUNLIMITSが大好きだな、と「あなたへの月」を聞きながら思った。
演奏も声も雰囲気も。
あの独特の空気は、UNLIMITSにしか作り出せない。

ダブルアンコールまであって、なんとジマさんがYAH YAH YAHを歌った。
それは想定してなかった。
ぐんちゃんの尾崎でもなく、ジマさんのチャゲアス。
斬新すぎた。

終わってから、少しだけどMACANAでだらだらした。
ほかのお客さんが撤収早くてびっくりした。日曜だからかな。

渋谷のファイナルは、まだ行けるかどうか分からない。
旦那だけでも行けたらいいな、と思っている。

with「U」tour、3本行ってみて、
やっぱり私はUNLIMITSが好きだと思ったし、
なかでも八戸で見るUNLIMITSは格別だな、と改めて感じた。
地元だからっていうだけじゃなく、いろいろ。

また来年も、UNLIMITSのライブに何本も行けたらいいな、と
心から思ってる。

image


-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----




2016/4/20 熊谷HEAVEN'S ROCK/ snatch、at Anytime、OVER ARM THROW、UNLIMITS

image

4/20、熊谷HEAVEN'S ROCK、
at Anytime、snatchダブルレコ発、
ゲスト→OVER ARM THROW、UNLIMITS.

埼玉に住んでる親戚の家から、熊谷駅へ。初HEAVEN'S ROCK!
18時半スタートだったんだけど、移動の関係で16時半には駅に着いてた。とりあえず場所を確認しに、まっすぐHEAVEN'S ROCKへ。
すごく道が分かりやすくて、いい感じ。

看板の写真を撮ったあと、モルタルレコードでG-FREAK FACTORYの新譜を買い、近所のジョナサンで待機。
前の晩から歯茎が腫れて、痛くて昼飯も半分しか食べられなかったんだけど、やっぱりここでもあまり食べられず。グラスワインを頼み、だらだら飲んだ。店を出て、友達と合流し、またジョナサンに戻った。あ、バンド予約は会場の1時間前にチケット引き換えできるって書いていたから、換えに行った。
たぶんここで失敗した。
小銭入れの中身を落としてしまい、小銭が散り...その中には4/18のバッチもあったはずだった。気付いて探したけど、なかった。HEAVEN'S ROCKのひとには伝えたけど、帰りまでには見つからず。動揺してしまい、ロッカーにお金入れて荷物入れずに閉めてみたりと、散々な有様だった。
あんまり落とし物しないほうだから精神的にきつかった。しかもバッチ...。
さらに。
昨日は、ちょっと個人的に要注意な人物を発見してしまい、最初テンション激低だった。だから後ろを警戒した。下がればいいだけだけどそれは悔しくて。でも、やっぱり怖い。困ったもんだな。

image

で、ライブ。

image

UNLIMITS
→今年1回目のアンリミ。
新曲やってくれた!すごく嬉しい!
久々に一番前で見たんだけど、やっぱり大好きだなあと思った。
八食で最初に見たのがアンリミだから、ものすごく強烈だったし忘れられない。リリーいつ聞いても沁みる。
大月さんのMC相変わらず声張らなさすぎて、好き。ライブ中と違いすぎて面白い。
夏にアルバムが出るとMCで言ってた。
終了後に物販行ったとき、「レコ発八戸来てね」と言ったら、「だいじょうぶ」って。加入10周年と別ね、と念押ししたら、笑ってた。もちろん、そんないっつも八戸とはいかないかもだけど。でも、来てくれたらいいな。

OVER ARM THROW
→久々にSEなしのスタートに遭遇し珍しくて嬉しいけど、やっぱり聞きたいな...と思ったけど、1曲目のイントロ聞いたら全部ぶっとんだ。
そして、3曲目。
Lamplightだなんて。嬉しすぎて飛び上がった。曲数少ないだろうから確率低いだろうなって思ってたから。
この曲が好きすぎて、たまに周囲に呆れられたりする。その気持ちが分からないわけじゃないけど、そういう理性的な判断を凌駕するレベルで、わたしにとっては特別。だって、これに支えられて、あの日々を乗り越えたんだもの。もちろん他にも頑張れた要素はある。まわりのひとたちも必死で支えてくれてた。
たぶん、そういういろんなものの象徴なんだろうな、わたしには。
我慢したけど、ちょっと泣いた。あとライブが終わってから大泣きした。子供みたいに泣いた。
最近日常生活で起こった嫌なことやつらいこと、全部チャラでいいや、と思った。9曲、どれも楽しかった。とても、とても。この気持ちを持って来週から頑張ろう、と決めた。

at Anytime
→OVER ARM THROW終わりから大泣きしてしまい、なかなか落ち着かなかったから、廊下で聞いた。(泣いてる時にライブ見ちゃうと止まらなくなる傾向が強いから)でも、音が結構大きかったので廊下でも聞こえた。
友達から、「好きと思うよ」とオススメされていたのにしっかり見れなかったから、次回ちゃんと。
事前に音源聞かせてもらったんだけど、確かに好きな感じだった。だから、すぐはライブ見れなくても、また音源聴きたいなーと思う。

snatch
→今日は危ないから後ろで見る!って友達に言ったんだけど、結局気付いたら2列目で見てた。もうこればかりは無意識だった。あとから「全然後ろじゃないな」とひとりでおかしくなった。
sprit of our youthやってくれたー。千葉でも聞けたのに嬉しい。
レコ発だから新しい曲は心配しなくても大抵聞けるし、もちろんそれが聴きたくて行っている。
けど、やっぱり旧譜でも好きな曲は聞きたいわけで。
snatchは、激しくて、ちょっと日本ぽくない雰囲気があって、聞いてるとめろめろになる。
ライブ中ずっと笑顔になっちゃうし、体も動いちゃうし、ただただ楽しい。
アンコール、なにがいい?て話が出て、一番にBlameって言ってみたけど却下された。実際Blameならびっくりするし、ちょっと空気変わるから、やらなくて正解なんだろうけど。レコ発は無理でも、いつかまた聞けるといいなあ。

終演時間が遅いとは聞いていた。そして終わってみたら終電が近づいていた。でも、ちょっと事情があり、ぎりぎりまでライブハウスにいた。ちょっとわがままだったのを反省してる。
そして大慌てで駅に行ったら、人身事故の影響で遅延。はんぱなく遅延。1時間半で帰れるはずが、3時間...。だったらもう少しライブハウスにいればよかった、と思ったりもして。

電車って、こういうリスクもあるんだなあと思った。初めての経験だった。行きじゃなくて良かった。

最後の電車で疲れちゃったけど、それ以外は最高に良かった。

なかなか平日のライブには行けないから、すごく貴重な経験だった。泊めてくれた友達や親戚に感謝でいっぱいだ。ホテルも大好きだけど、こんなふうに友達とだらだら過ごすのも楽しい。修学旅行みたいだった。機会があったら、それを同じ形で返せたらいいな。あと、いつかまた平日に来れたらいいな。



6/6 八戸ROXX UNLIMITS/Interloper

さて今日は、UNLIMITSのライブでした。
DVDのリリースツアー。
まだ買ってなかった(今日旦那が買った)。

STARTにはROXX行くはずが、出かけちゃったら予定より時間が掛かっちゃって。
START時間は銭湯で髪を乾かしてた。

着いたらラブスト終わってた。

で。

Interloper
→2回目。
前回も思ったけど、やっぱ好きー。
日本語入ってるやつ普段そんなに聞かないから、なんか新鮮なのもある。
やー、よかったなー。
また見たいなー。

UNLIMITS
→もはや何回目か分からない。
数えてみようかな。
2013八食、ASAMIYA、ROXX、2014アメジストツアー八戸、盛岡、仙台、八食、ASAMIYA、ROXX、かな。
ってことは10回目かな。まだあるかな。
結構行ってるなー。

今日は熱かった。
聞いたことない曲もたくさんあったし。
なんとリグレットやってくれた。
いやー、好きなんだけどライブで聞いたことなかった。嬉しい。

ANLIMITSも出動した。
(ただしドラムはグンちゃん←これもまたすごいよねー)
盛り上がったねー。
ジマさんが飛んでたねー。

今回は後ろで大人見した。
が。
リグレットのイントロ聞いて、つっこんでいきそうになった。
前のほうは、なかなか激しい感じだった。

アンコールは二回。
アンプひっかかってドアが開かないとかで退出できず、終わってすぐに「やろっか」と。
二回目のアンコールで、グンちゃんが相川七瀬やってくれたー。

2時間前後だった感じ。
終わったの9時50分過ぎあたり。
ワンマンみたいな長さだったなー。

大満足。

なんかいろんなこと考えながら見てた。

終わってから哲麺行って、
帰宅して、
すでに眠い。

楽しかったなー。
次は八食か、アンリミ見れるのは。

楽しみ楽しみ。

14/9/28 五戸 ASAMIYA (UNLIMITS/UNCHAIN/i GO/タテタカコ/フォゲミ/creeps)

9/28はASAMIYAだった。
image


去年に続き参加したけど、すごく暖かいイベントだなあと思う。やさしさとか、おもいやりとか、愛情とか、そういうのを濃縮したような。いいものがいっぱいつまって、きらきらしてる。

まず会場がいい。ゴザしいてある。最近ゴザなかなか見なくなっちゃったけど、すごく和む。
物販の反対側では食べ物が売ってるんだけどこんにゃくとか、きゅうりの一本漬けとかある。これまた和む。
入ってすぐ玄関で、みんな靴を脱ぐんだけどね、いつ見ても綺麗に揃ってる。銭湯の玄関よりずっと綺麗に揃ってる。特に誰かが揃えていたわけではないみたいだから、それぞれが揃えたんだね。もちろん揃えろなんてアナウンスはない。それなのに綺麗とか、なんかそれだけで感動する。ごみも落ちてない。
みんな、にこにこしてる。柔らかい表情をしている。年齢も、下は乳幼児から、上は何才だかわからないお年寄りまで。

なんていうか...すごい光景。

creeps
→去年、creeps見ずに帰らなければならなかった。だから今年見れて嬉しかった。ベースのかたが、去年、五戸国際ミュージックフェスティバルでステージでっぱなしだった。っていうのを去年に続き今年もご本人と話して笑った。そして、マイケルが戻ってくると今日聞いた。嬉しい話だ。あんないいイベントを2回で終わらせるとか、もったいないもんね。creeps、良かったなあ。しみた。はやくまた聴きたいな。

FOUR GET ME A NOTS
→前日に続いてのフォゲミ。アコースティックに緊張していたけど、すごくよかった。
カバーもやってくれた。 let it goと、ユーミンと、あとミスチル。ミスチルよかったなー!!
アコースティックだと全然雰囲気違うなー。
もっともっと聞いてみたいと思った。

i GO
→MCありえないくらい面白い!が!歌もいい!告知をします、って普通にCDの話かと思いきや、郵便局の金利優遇キャンペーンの告知。笑った笑った。
明日は野田でライブだって聞いて、すごく暖かな気持ちになった。
被災地支援が、こーやって、それぞれの形で続いていることに胸が熱くなる。
子供の頃から、野田には良く行っていて、その場所が大きく変わったのは、わたしにとって衝撃だった。言葉も出なかったし、今もうまく表情できない。
ありがたいなー、て。すごいことだと思う。
またこっち来てくれるといいなー!

UNCHAIN
→前日に続き2回目。
いやー、すごかった。
座ったままでも自然と身体が動いてしまうような。アコースティックでも全然変わらない感じ。
ますますまた見たくなった。
こっちにもこういうバンドいないかなあ!
探さなくちゃ!!て思った。
ものすごく興味湧いた。
何もかもツボだった。
こんなバンドに出会えるなんて本当にラッキーな週末だった!!!
あとからyou tubeで探したら、virtual insanityのカバーやってて、鼻血出そうになった。
自分以外の日本人が歌ってるの聞いたことなかった、いままで。
(好きなのでカラオケで良く歌ってる)
すごく好きな曲だから、これカバーしてるとか本当に嬉しい。
自分の好きな曲を、好きな声が歌ってるとか素敵すぎる。
絶対また行かなきゃ、ライブ。

UNLIMITS

image


→空も飛べるはず、のカバーをやってくれた。スピッツの原曲も好きだけど、これもまた!!すごく雰囲気よかったー。
15の夜、を去年ぶりに聴けたのも嬉しかったなー。
ちょうど、ゆうがたで、いい具合に日が差し込んで、好きなアンリミを座ってのんびり聴けて、最高の時間だった。
二日間続けてアンリミ聴けたのも嬉しかった。次は仙台ファイナルだ。楽しみだなあ。OAT以外のワンマンて初めてで、わくわくしかない。

image


タテタカコ(さん)
→夕暮れから始まって、気が付くと三日月が出ていた。秋の日暮れにぴったりだった。
柔らかくて優しい声が会場内に響いて幸せな気持ちになった。
わたしの前にいた、まだ小学生にもならないくらいの小さな女の子が、タテさんと一緒に歌っていた。最初は、あわせて口を動かしてるのかなー、て思ってみていたけど、途中で明らかに歌詞を把握して歌ってるのに気付いて、すごいなーって思った。

18時過ぎて、終わって、会場をあとにしても余韻がすごかった。

個人的には、前からやってみたかったロリクレの兵隊くじが出来て最高だったなー。

何度も去年を思い出した。
OVER ARM THROWが聴きたくて、でも用事があって、最後のdear my songsしか聞けなかったこと。でも嬉しかったこと。初めて間近で見て、すごく緊張したこと。きくさんが向かいのお店のかわいいおばあちゃんの話をずーっと聴いてたこと。サインほしくてペンを買いにいったら売ってなくて、お店のひとが貸してくれたこと。初めてサインもらったこと。
全部嬉しくて、楽しかった。

すごく、やさしくて素敵なイベントだと思う。つづいてほしい、ずっとずっと。

14/9/27 八戸 ROXX UNLIMITS/UNCHAIN/フォゲミ/タテタカコ

7月、8月とRoxx行ってなかったけど、
結果的に9月は強化月間。

アンリミのレコ発!
アメジストツアーは、盛岡についで2回目。仙台ファイナルも行くー。

久々のROXXは...。
カウンター内にある時計の時間があっていてまずびっくりした。1年前のアンリミのときから20分くらいズレてて、それを目安に行動してたから、一瞬アレ?てなった。
そして、大月さんが、ずーーーっと物販に...ずーーっと同じ体勢でいたのを一瞬気にしたけど、考えてみたら八食も盛岡もそーだったかもしれない。

FOUR GET ME A NOTS
→八食に続き二回目。八食のときは、ちょっと遠くから見た(たしか物販に並んでた)。だから、ちゃんと見たのは初と言ってもいいかもしれない。いやー、かっこよかったな。
京都大作戦のスペシャのやつは見たけど、ROXXで見れるのを楽しみにしてたから、大満足だった。

タテタカコ(さん)
すんごい声だった。
努力や勉強もあるとは思う。
でも、ものすごいギフトを神様から貰ったひとなんだなー、て思った。
羨ましかった。
高く伸びやかで澄んだ優しい声。
ROXXで、歓声や手拍子なしでライブ見たのも初めてで新鮮だったな。

UNCHAIN
→初めて見た。が!めちゃくちゃ好みだった!!!声や、歌いかた、メロディライン、全部が好みすぎてヤバかった。
日頃から、あまりジャンル縛りはしてないから、嫌いなジャンルってあまりないけど、(ニューエイジ系の一部と、クラブサウンドの一部と、流行りのやつの一部は嫌い)それにしても好みすぎて!!
最近は、こういう雰囲気の音楽が特に好き。

UNLIMITS
→そしてアンリミ。
始まる前に外で一服しようと旦那を誘ったら「前に行くから」と断られた。旦那は前のほうに行き、私は壁側の後ろに。が!このとき周囲のチェックが足りてなかった。詳細は省くけどわりと大変な目にあった。ただ、いた場所が、すごく後ろだったにも関わらず、ヒトの間を縫ってうまいことジマさんが見えるという奇跡みたいな場所で、わたしも動きたくなかったから頑張ったけど。
ま、悪い話は忘れるとして、ライブ自体はめちゃくちゃ良かった。

「ROXXはライブハウスじゃなくて、家だからさ」て。

じーんとした。
アンコールにはANLIMITSが登場。
(ROXXのユキさんがvo.の、アンリミのコピーバンド)
そして、ぐんちゃんと清水さんがステージからダイブしていた。
コピーバンドがオリジナルのアンコールやるって、すごいよね。

ROXXでソールドアウトのときって、OATしか経験がない。そんときは最前だから、いままでソールドアウトのときに後方から見たことがなかった。なんか新鮮だった。後ろは結構余裕あるんだなーて。ダイバーはピットから発生するんだなあ、て。わりとそういうのも見てた。飛びにいくひとを支えにいくひと、飛んでるひとの笑顔、そーいうのを見てたら、にこにこになった。真下にいるだけでは見れないものもあるんだな、って。

アンリミが終わって、暑くて、外に出てそのまま帰った。
いい1日だった。
なんだろな、激しかったけど、愛情たっぷりな感じで、あたたかかった。

ASAMIYAのことを書きたいけど、
寝なくちゃだ!
明日書こうっと。
読者登録
LINE読者登録QRコード