on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

THROW

【追記】8/1、8/2 OVER ARM THROW

続きのあとがあるとは誰も思わないだろう!
あ、このひと痛い、て思ったでしょ!
正解。
いや、でも、本当に好きなものに対して語るときって長くなったりしちゃうよねえ。
これブログだから読みたくないひとは読まなければいいだけだけどね。旦那やリアルでの友人は大変だろうなと思っている。
話の流れもオチも同じだからねー。

そういえば、めちゃくちゃ右手首が痛くてiPhoneいじってる場合じゃないんだけど...。今日は痛める要素なかったから、昨日だろうか。記憶ない。

まあ別に今回は骨折してないから問題ない。
仙台以降、だいぶ気をつけてる。でも、あのときみたいにうしろからのは、やっぱり気を付けにくいからなー。

じゃなくて。
今回、one聞けて嬉しかったなー。
(8/2に聞いた。セトリ載せないとか言って一個ずつ載せてたら同じことか..いや、たぶんこの記事で最後だ、1と2は。たぶんね)

あれの歌詞いいよねえ、すごく。

OATに限らず、わたしは歌詞の内容をめちゃくちゃ重視する。歌詞が好きじゃなければ、すぐに聞かなくなる。逆に歌詞がすきなら、どんなマイナーでも古くても、すごく好きになる。

oneだけじゃないんだけどね。
いっぱい好きだけどね。
hand in handも、you are thereも、とか書いてたらキリがないからやめる。

one聞いたの久々だったんだけど、
やっぱりいい歌詞だなあ、て思った。
背中を押してくれる。

まあ、どの曲も、そうだけどね!

今日、Twitterでやりとりをして思いついたから、八食までカウントダウンすることにした。あと19日だ。

八食では何が聞けるのかな。
楽しみだなあ!
S.O.Gやったらダイブだなって話が出ていてダイエットすることになっている。あと19日しかないけど。

そう、で、何が一番書きたかったというと。
帰りの電車で出た話題で、
「その日、どの曲やるか予想する」
って話が出たんだ。
我が家だけじゃないんだなーって、嬉しくなった。うちも毎回予想している。

が!当たったことがない!

そういうのも楽しい。
あと、誰かとそういう話するのが楽しい。


次まで19日かー。
すぐだな、すぐ。

そのつぎは10月札幌だ。
まだ返信メールが届いてないから、ちょっといまのとこ未確定だけど。
札幌は第二土曜日で、久々に旦那もいける。
なぜか母親も、すんなりokだしたし、ちゃんと予約できてるといいなあ。

よし、明日から、またもりもり働く。
がんばる。寝る!

...OVER ARM THROW大好き。

【続き】8/2 横須賀 PUMPKIN OVER ARM THROW

朝起きて昨日の余韻も冷めないまま、神田駅→東京駅→晴海埠頭。

今日のベイクラは後から書くとして、昨日のOATの続き。
まあライブの話自体は8割終わっている。
長いから、最初に要約しときます。
「OVER ARM THROW大好き」
まあそういう話。
......

ほんとは8月の北海道に行くはずだった。
札幌ね。
ただ八食直前だから迷った。そしたら横浜の日程が出た。SMNWだ、ということで、横浜横須賀に予定を変えた。PUMPKINは絶対ソールドアウトだろうな、て思って、やっぱりそうだったんだけど...予約するときは複雑な気持ちだった。ソールドアウトてことは、わたしが予約することで行けなくなる地元のひとがいる、て思うからね。地元でやってる回数より東北の回数のが多いし...。
でも、我慢できるもんならしている..。

酒田あったけど、山形行くよりは関東のほうが慣れてるしなー。

でも、連泊で関東は、そんなにeasyなことでもないから、わたしには大冒険なんだ。八戸市内でも迷子になるレベルで方向音痴だし。(わたしも既にいいくらいの年齢だけど)親がハイパーうるさいし。
そんなこんなを乗り越えて行くのだから、OATのときは一秒も泣きたくない。まばたきすら惜しい。今まで好きになったアーティストはたくさんいるけど、ライブを見たいって思ったのも行ったのもOATが最初で、特別なんだ。

一番つらかった時期に光をくれたのがOATだ。

よくさ、「つらいことなんて誰にでもある」て言うでしょ。ほんとそうだと思うんだよ。へらへら笑ってるひとでも、誰でも。
ただ、わたしの場合、90%くらいが、つらかったり苦しかったりする記憶だ。ある日振り返って気付いた。

それでも、絶対的な知識をもとに働いていれば仕事だけはわたしを裏切らない、て思っていた。
けど、なんと、それすらも違っていて、わたしは天職と思っていた仕事から離れることになった。なんていうのか、自分の全てを否定された気がして、つらかったんだろうな。

いろいろなひとが慰めてくれたり励ましてくれたけど、なかなかわたしは立ち直れなかった。そういう日々のなかで初めてOVER ARM THROWを聞いた。
もともと音楽好きだからね、CD屋にいたくらいだし。(そのCD屋、大手だけど、バイトから社員になったんだけど...社員になったことにより若手リストラに引っかかる、ていう)
で、OVER ARM THROW聞いて、もっと聞きたくなって、CD集めて、Lamplightを知った。仕事に関して、退職するか、続けるか悩んで悩んで、とりあえず続けよう、て思ったころだった。でも、そう思ってはみたものの、やっぱりつらくて変わらず毎日泣いていて...そういうとき、あの歌詞が、わたしを支えてくれた。
大好きだった仕事(に関する知識)を緩やかに忘れて行くさみしさや、ひとと離れる悲しさや、いろんなものと戦わなくちゃいけなかったとき、あの曲が助けてくれた。

仕事くらい、て、思う人もいるだろうし、いても構わない。まあでも、いろんなことがあったうえで仕事も大変になったから、なかなか乗り越えられなかったんだよ。

たくさんつらいことがあっても笑って乗り越えてきたんだ、それまで、ずっと。
でも初めて、頑張る気力をなくしていた。
生きるのも面倒くせえな、て毎日思った。

そういう悪い時期に差した光だった。

最初はもちろん曲だけしか知らなかったけど、そのあと、人柄も三人とも素晴らしいなあ、と。
もちろんね、知らなくてもいつかは立ち直ったかもしれない。
でもOATの曲と、言葉と、三人の笑顔と、あとそれを介して知った存在とかがなかったら、もっと時間が必要だったかもしれないし、立ち直らなかったかも。

自分で書いててもわかるくらい、「ちょっと痛いひと」だなー。自覚はある...。いいんだ別に痛くても。これがわたしだもん。しかたない。

まあ、そんなこんなで、OVER ARM THROWもlamplightはスペシャルなんだ。
oneからのlamplightだなんて。来て良かった。
それにしても、PUMPKINは前が見えない。
でも、前回も思ったけど、PUMPKIN好き。岩手や仙台で行ったライブハウスは、綺麗でたばこの匂いがしない。わたしはRoxxばっかりだから、ちょっと雰囲気が似ているPUMPKINは、落ち着くんだろうな。

新幹線に乗ってすぐにライブ後初めてlamplightを聞いたけど、大泣きしてしまった。バスタオルで顔を隠して、声出さないようにして。(そして泣き疲れて寝た。小学生かよ)

昨日、わたしがよろけたとき、受け止めてくれたひとありがとう。MCに入ったタイミングで、あまりにもぜえぜえ言ってるわたしに水を飲ませてくれたひと、ありがとう。セトリを写真撮らせてくれたひと、ありがとう。一緒に行ってくれた友達も現地合流した友達も、いや、あの場所にいた全員に感謝だな。あまりにもいい時間過ぎて、終わって欲しくなかった。

初めてOVER ARM THROWのライブを見た八食から、もうすぐ一年か!
そう、まだ一年なんだよね。
濃い一年だったなー。
どんどん楽しくなる。

次は八食。
(チケットとれたら、その次は10月札幌)

そういやわたし、最近目標が出来た。
まあ簡単には叶わないんだけど。
いつか、自分の誕生日に、OVER ARM THROWのライブに行きたいなあと思うようになった。
1/5なんだけど、今年は確か渋谷でライブだったんだよね。結構本気で行こうとしたんだけど、まあ、正月は遠出するの難しいや。(ほんとに親がうるさい)

まあ難しいんだけど、そういう叶いづらい目標があるのもいいかなーて。うまいこと東北があれば最高だし、わたしががんばって関東でもいいし、いつかね。
来年じゃなくても、再来年でも、そのさきでも。
それまで体力キープ頑張らなくちゃだし、耳も聞こえててくれないとならないね。頑張ることだらけだな。

好きなら頑張れるはずだ。
だから大丈夫なんだ。

...読み返したけど、長いな!まあいいか!
安定の、セトリなし、詳細なし。
ま、同じMCや曲を聞いても、ひとによってかんじかたは違うからね。わたしの主観と詳細混ぜるのはしたくないかんじ。いつか激烈客観的に書いてみたいけどまだ無理かな。

OVER ARM THROW大好き。
次が楽しみ!



2014/8/2 横須賀 PUMPKIN OVER ARM THROW

横須賀、PUMPKIN。
去年のXmasに続き、二回目。

image


open直後に行って、今日のバッチgetした。
きくさんの様子を聞いたら、だいじょぶって言っていた。でも心配で、姿を見て、やっと安心した。

Bomb factoryからのスタート。
わたしは二回目だけど、前回の...あれは仙台だな...あんときも思ったけど、かっこいいよなー。わたしは一番後ろのすみっこにいた。昼間歩き過ぎて、足が痛くて。でもかっこいいから前に行きたくなった。しかし最後まで持たないと困るから我慢した...。

好きなバンドをうしろで見たの初めて。
うーん、でも、痛くないから悪くはない。

そしてGOOD4NOTHING。
初めて見た。というか初めて聞いた。
や、もちろん知ってはいたんだけど、わたしはOAT含め去年知ったために、まだまだ全然いろいろ聞いてないんだ。
こればっかりはしかたない。

なんかねえ、泣きながら見た。
曲もめちゃくちゃ好きな感じで、いや、かなり好きな感じ。だから嬉しくなっちゃって。あと、きくさん復活してくれたから、また新しく好きなバンド出来たなーって思ったら、なんか、すごく泣けた。ものすごく。
あと...悔しくなった。
こんな素敵なことがあるのを知らずにいた期間の自分が哀れになった。
たぶんライブでここまで泣いたのは、初めてOAT見たとき以来だ。
最初、足がやっぱり痛くてバーカウンターの椅子にいたんだけど、見に行っちゃったもん。あとでちゃんといっぱい聞く。

途中、たぶん転換中に、きくさんに会って、目が合って、つい大丈夫ですかと聞いてしまって、大丈夫て、まあ、それは言うよね。無理はしないでくださいね、て言っちゃった。無理するんだろうし、そこはきくさんが決めることだけど、言わずにはいられなかった。

で。
OVER ARM THROW。

なんかもう、たのしくて、うれしくて、ちょっとしか泣かなかった。泣いたけどさ。
ていうかライブ中に泣かず、いま泣いてる。
ライブ中に泣いたら前が見えなくなるから、泣かないように頑張ってる。
きくさんが復活してくれなかったら、見れない光景だった。だから一瞬も見逃したくなかった。でも号泣してるおとこのひとも、たくさんいて、その気持ちも伝わって、ダイバーたくさんいて、ふたりくらい頭上にいたり、潰されて中腰になったり、ふっとばされたり、ぐちゃぐちゃ。

ああ、そういえば、普段わたしはOVER ARM THROWと5exit以外は前に行かないこともあるし、OVER ARM THROWも地元で見るときは最前列行くからあまり知らなかったんだけど...どーん、てぶつかられた衝撃で、はじき飛ばされて、誰かにぶつかったとき、謝ろうと振り返るとね、相手がめっちゃ笑顔で、だいじょぶってしてくれるんだね。あの笑顔すごいね。痛かったかもなのに。

そして今日は、
今日は....Lamplight、やってくれた。
思い出すと胸が痛い。
しあわせすぎた。
友達が、イントロ聞いてテンパるわたしを、前に押してくれた。押し出されたおかげで、lamplightは、すごく前で聴けた。
イントロ聴くだけで、頭の中が、まっしろになる。スペシャルすぎて、なにも考えられなくなる。どうしよう、て。
しあわせだった。

全曲終えて、アンコールもしてくれて...。

ほんとうに、来てよかった。
たくさんの笑顔を見れて、よかった。
終わってもしばらく放心状態で。
some missing night warの文字を見ながら立ちつくした。

ちょっと書ききれない。
だめだ、明日続きを書こう。
もし読んでくれるひとがいるならば、
これ明日続きを書きます。

でもオチは毎度のことながら、
OVER ARM THROW大好き、なんだけど。

明日は晴海だ。
寝る。

OVER ARM THROW大好き。

2014/8/1 横浜F.A.D OVER ARM THROW

image


横浜、F.A.D。初めて行った。
普段は縦長のライブハウスだそうだけど、行ったら横長でした。ステージは、手作りだった。

SABOTENからのスタート。
わたしは初サボテンだった。
かっこよかった。MCも熱かった。「サークルコースター」からのスタート。
そりゃ一気に盛り上がるってものです。
二曲目から大量にダイバーが発生していて、二列目のわたしは相変わらず要領が悪く、かかとおとしをくらいまくりでした。

手紙の話で泣いた。
SABOTENすごく良かったー!!やばかった!!

そしてOAT...が出てきて、きくさんのギター違う。つか、洋平さんのベースが赤い。え?て、思ったら.....OATではなくシークレットのブービートラップでした!

三曲やってくれました。熱かった。
かっこよかったー!!

...そしてOVER ARM THROW。
照明が落ちて、starbucksが掛かると、すんごくドキドキする。わくわくして、落ちつかなくなる。

All right〜はじまりでした。
あがるー。いつもあの曲聞くと、ああ終わっちゃう、て少し寂しかったけど、今日からはさみしくないわー。

closingやin bloom聞けました。
え?
Lamplight?
やってないけど幸せ。
聞けなくても幸せ。

うん。
幸せ。

書くか迷ったけど、きくさんからのTweet出たし、ある程度書く。ちょっとTweetもしたけど、書く。

たぶん用意されていた曲の、半分くらいまで、いったとこだと思う。Zinniaのあと、MC始まって、洋平さんが話していて、きくさんは座っていた。苦しそうだった。

酸素ボンベ?みたいなの吸ったり、半田さんが背中さすったり、首筋を冷やしたりしていた。でも、苦しそうだった。洋平さんは、きくさんを見ずに話し続けた。無視じゃなくて気遣っている感じで。

きくさんは、何度も立ち上がろうとしていた。何度も。

えいじさんもMCをしてくれた。洋平さんも話し続けた。でも、きくさん、立ち上がろうとして、立てなくて、運び出された。

それからMrs.WiENERのひとが、ストンピンのトムさんと一緒に1曲やってくれた。

そのあと、きくさんが、病院行ったと聞いた。洋平さんと、えいじさんは、それでもなにかやろうとしてくれた。

コピーバンドをしているひとが、「ギターひけます!」て。

すごくない?
あの状況で、引けます、て言って、ちゃんと弾く勇気、すごすぎる。
めっちゃ感動した。

thanksとMusicをやってくれた。
みんな盛り上がった。

そこでライブは終了した。

終わってから、お友達を探しに行って、えいじさんと洋平さんにも会えた。ギターのヘルプしたひとがちょうど来たから少しだけだけど。

別のお友達にも、久々に会えた。

ライブは途中で終わったんだ。
うん、だけど、なんか、
すごく思いやりや優しさに触れたせいか、
全く物足りなさはない。

むしろ満たされた。

さみしくない。

きくさんが心配で、体調整えるためなら、明日のライブがなくても仕方ないと思った。
(明日を楽しみに頑張ってるひとがいるとは思うけど、そうじゃなくわたし個人の気持ちとして、の話)
OATのライブが見たくて八戸から来たけど、そんなのどうでもよくて、ひたすらきくさんがだいじょぶであることを信じたし祈った。

大月さんが、きくさんの写真をupしてくれて安心した。

明日は、あるみたい。
でも自分が見れるのが嬉しい以上に、きくさんが大丈夫らしいのがうれしい。

やっぱりOAT大好きだし、
OATのまわりのひとも好き。
OATが好きなひとも。

半券は、とっておいて、だって。
遠いから、ライブがあったとしてもタイミングが合わなければ来れないかもなー。

でも、いいのだ。
きくさんが大丈夫であれば、それでいい。

今日も最高だった。
OAT大好き。
読者登録
LINE読者登録QRコード