on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

THECHERRYCOKE$

2018/09/24 八戸ROXX THE CHERRY COKE$/The Chorizo Vibes/KOJI(DYINGDAY)

2018/09/24(Sun) THE CHERRY COKE$ - "THE ANSWER" Tour
八戸ROXX

THE CHERRY COKE$
The Chorizo Vibes
KOJI(DYINGDAY)

S__79978503

2018年59本目。
4か月ぶりのROXX。
この日もTHE CHERRY COKE$の"THE ANSWER" Tour、ただしアコースティック。
DnrpYmJV4AA0bHd

なのだけど、チェリコの段階では、アコースティックって、なんだっけ...?というような感じだった。
最初のうちは椅子があったんだけど、チェリコの時点で椅子は撤去。
前日のFOR_MEでのライブより動いたかもしれない。

いしがきと同日だったのもあってか開始直後はそれほど混雑してなかったんだけど、気が付いたら後ろのほうまでずっと人がいた。あ、でも、この日は、中に物販があった。前例はあるらしいけど私は初めて見たので新鮮だったなー。

Our Song、をROXXで聞けたのが、とても良かった。

前日の記事にも書いたけど、生きていれば、想像もできないようなかなしいことやつらいことがある。それをどう乗り越えるかは自分次第だなと改めて思ってる。
こうして音楽として残す方法もある。
胸の中に押さえ込む方法も。
どれも正解だと思っている。
私も、かなしみや苦しみを乗り越えて行く方法を、もっと学ばなくてはならないなって思ってる。
...ただ、少なくとも、ライブや音楽は、そういうものを乗り越える手助けをしてくれているのはよくわかる。そういう助けをうまく使って、もっと、うまく生きられたらいいな。

それにしてもチェリコは楽しくて、またすぐ見たくなるから困る...早くまた見られますように。


2018/09/23 八戸FOR_ME THE CHERRY COKE$/MINAMI NiNE/rhyrhyrhythm

2018/09/23(Sun) THE CHERRY COKE$ - "THE ANSWER" Tour

THE CHERRY COKE$
MINAMI NiNE
rhyrhyrhythm

S__79978502

2018年58本目。rhyrhyrhythm27本目。
どう考えても去年と同じくらいの総本数(77本)に着地しそうなので、もう調整して狙って行こうかとも思い始めている今日このごろ。あまり意味はないけど。

さて、2018/09/23は、THE CHERRY COKE$の"THE ANSWER" Tourへ。
どう考えても私得なスリーマンだったので発表されたときのうれしさは最高だった。
チェリコと南九とリリリ。そんなの嬉しいに決まっている。チェリコ本当にありがとう。
しかも八戸は2日間。嬉しいに決まっている。

この少し前から憂鬱な気分が続いていて、大好きなライブすら行くのが億劫に感じたりした。
行けばすごくすごく楽しいって、自分でもすごく分かっているのに。
で、この日どうだったかというと、やはりライブに行くと嬉しくて楽しくて、最高に幸せな気持ちになったのだった。本当に不思議で仕方ない。

大好きなrhyrhyrhythmは、この日もかっこよかった。
セトリが普段と違ったので、少し雰囲気が違ってて、それも良かったなー。(しつこいようですが)この日もHUMANは良かったし最近はheadlightがとにかくお気に入り。
この日のMINAMI NiNEは普段以上にしみた。最後の曲、ちょっと涙が出た。最近すごく聞く機会が増えたけど、見るたびに好きになっていく気がする。あとMCがすごく好き。癒される。あのはなしかた。

そしてチェリコは安定のかっこよさだった。とにかく楽しい。楽しすぎて久々に酔うくらい飲んだ。お酒を飲みたかったので、フロアに下りずに後ろのほうで見てたんだけど、ちょっと後悔した。そして、途中、友達がバンジョー持って弾いてて、それが大変良かった。あれはすごいねー。大好きなバンドでああいう機会に恵まれるって本当に楽しそう。後ろで見ていて、とても幸せな気持ちになった。

音楽聞いて、たくさんお酒を飲んで、そのときはすごく幸せな気持ちなのだから、それを(※酔いじゃなく。ハッピーな気持ちを)ずっと継続できたらいいんだけど、そこは少し難しい。日々いろいろなことがあるからね。でも、だからこそ、新しく幸せな気持ちを得るためにライブに行きたくなるのかもしれないね。

遠いところ、こうやって頻繁に帰って来てくれるバンドのことをとても大好きだし、とても大事に思っている。とにかくハッピーな夜だった。

2018/8/26 八食サマーフリーライブ2018 2日目OWEAK/S.M.N/SPACE BOYS/Mrs.WiENER/DRADNATS/rhyrhyrhythm/STANCE PUNKS/RADIOTS/SABANNAMAN/THE CHERRY COKE$/Dizzy Sunfist/SHIMA/Survive Said The Prophet/dustbox/GOOD4NOTHING/OVER ARM THROW/HEY-SMITH

2018/8/25 八食サマーフリーライブ2日目

2018年53本目。rhyrhyrhythm24本目。
いうまでもなく長いから最後まで読む必要ないです。写真だけお楽しみください。

S__78856223

OPENING ACT: OWEAK 
S.M.N
SPACE BOYS
Mrs.WiENER
DRADNATS
rhyrhyrhythm
STANCE PUNKS
RADIOTS
SABANNAMAN
THE CHERRY COKE$
Dizzy Sunfist
SHIMA
Survive Said The Prophet
dustbox
GOOD4NOTHING
OVER ARM THROW
HEY-SMITH

朝は曇天。何度か小雨には見舞われたものの酷い雨にはならず。
でも、どのタイミングか忘れたけど、気付いたら青空が広がっていた。

O.AはOWEAK。前日のSTUNNER同様に最近見る頻度が高くなってて、好きなバンドの1つ。
出演バンドが発表になった日、OWEAKの名前を見つけて、仕事を抜け出して友達に電話した。
二人とも言葉にならない数分間だったね。
すごく良い思い出だ。
当日は、そんな彼女が活き活きと遊んでるし、ライブも良いしで、泣けた。
「誰かが幸せそうにしている姿」って見ていると心が暖かくなる。

Mrs.WiENERは初。今年絶対出るんじゃないかと予想した。あたっていてうれしかった。見るたびにライブ面白くなってるので期待しかなかったけど、やっぱり八食も良いライブだったな。横浜のバンドは本当に良いバンドが多いなーと改めて思った。SPACE BOYSからのMrs.WiENERって流れも良き。というか今まであまり「流れ」に注目してこなかったけど、わりと印象に残る流れが多かった。rhyrhyrhythmのあとも、STANCE PUNKS、RADIOTSだし。

---
rhyrhyrhythmについては、もうTwitterで数え切れないくらい書いた感があるけど、本編初なので、ここでも少し書く。
私が初めてrhyrhyrhythmを見たのは2016/4/24、SnatchのAttractionレコ発だった。
曲は1つも知らなかったけど、初見で気に入って数回ライブへ。
そのあと、2016/8/7、セキュリティライブで、「いつかは八食に出たい」とMCで聞いた。
それまで私が行ったライブでは、地元のバンドがMCで「八食に出たい」と言ったのを聞いたことがなかったので、強く印象に残った。その気持ちの強さは知らないけれど、「出たい」と思うバンドが出られる日が来るとしたら夢があるなーと思った。そしてライブ自体すごく好きだったので、「その日まで何があっても絶対に推そう」と勝手に決めた。確実なことなんか世の中に1つもないから「絶対」なんて言葉は安易には使わないようにしてるのにな。なぜか、そのときは、そう思った。

本当は、未だに「推す」って良く分からない。
だから結果的に、行ける範囲でライブ行ったり、ライブやTwitterで騒ぐ程度のことしかできない。結論からいえば何の役に立てるわけではないんだけど、とりあえず勝手に応援してるの本当にたのしかった。最高に良い2年間だった。
去年OAとして、一度は夢が叶った。八食、「出たい」と言ったバンド全てが出られるわけじゃないし、すごいことだ。しかし当然ながら、OAの15分だけでは物足りない。本編で見たくなった。

だから、今年の6/1、出演バンドが発表になったときのうれしさ、今でも忘れられない。こういうのは人によって捉えかたが様々だと思うし「大袈裟」って感じる人もいるかもしれない。でも、そういうのもどうでもいいくらいに、うれしかったな。っていうかこういうのは全力で楽しんだひとの勝ちだよねなんだかんだ言って。

当日、ライブ前に「涙が出るなー」と思って横を見たら、いつも一緒にいるふたりも同じに泣いてた。ほかの人も。そういうとき何かを言う必要もない人たちと一緒にいられるのは幸せだな。みんなで見るから楽しさ倍増している気がしてならない。

まだ始まってないでしょ、と終身名誉セキュリティに笑顔で言われたくらい、始まる前に涙出た。
ライブ中は、見えなくなると困るのですごく我慢したけど、しきれなかったな。
柵に上って後ろを見たら、たくさんの人がステージを見てて、とても良い眺めだった。

気持ちが昂ぶりすぎて大はしゃぎしてたら、終わってから、いろんな人に「あんなに荒ぶってるの初めて見た」とか言われたりツイート出たりした。まわりの言葉がすごくあたたかく感じられたし、たのしかったしで、良い時間だった。
直後に書いたら長くなりそうだから日を置いたのだけど結局意味なかったな。
わたし楽しそうに見えたでしょう。でも目に見える1000倍くらいたのしかったよ。
あんまり楽しかったので書きながら思い出して泣いてるくらいだ。
八食終わったら静かにしましょうって前から思ってるけど、どうなることだろう。
来年も本編で見たいな。
---

終わってから涙がたくさん出たので(おとなげないなあ本当に)、そのあと、なんと、Survive Said The Prophetまで動けなかった...けど、スタンディングエリアに入れなかっただけで、ライブ自体は聞いていた。RADIOTSやチェリコ、スタンディングエリア行きたかった...。どちらも座って聞いてても壮絶にかっこよかったんだけど、やっぱり大好きだからもっと近くで見ればよかった。そのぶんRADIOTSを次に見るときは近く行こうと思うし、チェリコ2DAYSますますたのしみになった。

Survive Said The Prophetは、全部じゃないけど喫煙所のところで、メンバーの同級生(笑)と一緒に見た。いつ見てもかっこいいし、見るたびすごくなってる感じがするな。
dustboxは、OATレコ発仙台ぶりかな。すみっこにいたので、荒ぶる中央付近を楽しく見ながら、平和に楽しんだ。GOOD4NOTHING本当にひさびさ。記憶ないくらい久々。たぶん2016年八食ぶりかも。好きな曲だと自然と身体が動くの不思議で仕方ない。

---
OVER ARM THROW、セトリ、なんだかわたしには予想外だったのだけど、すごく良かった。
夕暮れのなかで聞くBLUEは、身動きもできないくらい沁みた。

OVER ARM THROWも前日「TRIANGLE '18」に出演してからの移動組。
「TRIANGLE '18」のほうが発表がさきだったから、めんつを見た瞬間に八食はないかな、と思っていた。だから6/1は、これも言葉にならないくらいうれしかったのだった。
わたしなら、そんな移動する勇気ないな。
OATに限らず、あの有り得ない距離を移動する情熱って、どこから来るのだろうね。
本当にすごいし、感謝している。
少なくとも八食がすごく愛されているフェスであるのは、よく分かる。
そういうフェスが地元にあることって、とても素敵だ。

最後のほうはダイバーのほうを向いていたのでステージあまり見れてない気もするけど、今年は例年よりは平和なポイントをゲットできたので、なかなかよかった。
1曲まるごと記憶が飛んでるような年もあることを考えたら今年は良い場所だったなー。

ひさびさに八食で泣かずに見たような気もする。
八食については宇都宮に行った時にお礼も言えたし良かったな。

初めて見たのも八食の2日目。
あれから6回目のHSFLになるけど、今もなお、まだまだ全然大好きだ。
このひとたちのおかげでわたしは地元が好きになったのだよなというのを夏になると思い出す。
来年も八食が開催されて、そこでOVER ARM THROWを見ることができますように。
---

大トリのHEY-SMITHは、物販エリアに下がって、みんなでわいわいしながら見た。
今年は比較的多くヘイを見る機会に恵まれている気がする。
3回目かな。
石巻と八戸×2.
もう動けない、と思いつつも、気が付くと身体が動くのは本当すごいことだ。
しかし来年はもう少し体力をつけなくては。疲れのせいか2日目は朝から喘息っぽい咳が止まらなくなって苦しかったので、もう少し注意しないと。

S__78856222

ほぼ寝てない状態で「疲れた」といいながら帰宅してシャワーあびて着替えて飲みに行く、を2~3日繰り返すので、毎年すごく疲れるのに、全然やめられない。

今年も良い二日間だった。

ひどい雨の中、設営に携わってくださったみなさま、遠くから来てくれたバンドマンのみなさま、守ってくれたセキュリティのみなさま、一緒に過ごしてくれたり言葉をかわしてくれたみなさま、ありがとうございました。
来年も互いに元気で、あの場所で一緒に遊べますように。
お疲れ様でした。

....長っ。

2017/8/19 八食サマーフリーライブ1日目 rhyrhyrhythm/DizzySunfist/INFOG...

2017/8/19 八食サマーフリーライブ1日目

2017/8/19
OPENING ACT : rhyrhyrhythm
---
39degrees
THE CHERRY COKE$
Dizzy Sunfist
DRADNATS
G-FREAK FACTORY
GOOD4NOTHING
INFOG
THE LOCAL ART
Northern19
NUBO
RADIOTS
SABOTEN
SHACHI
SHIMA
S.M.N.
Survive Said The Prophet

ブログに手を付けるまで思ったより時間が掛かってしまったけど、やっぱり書き残しておきたいから、日は過ぎたけど、書いてみる。

O.Aがrhyrhyrhythm、トップバッターはDizzy Sunfist。
前日OATが終わって帰宅し就寝したのが2時過ぎ、起きたのは5時30分。
O.Aのrhyrhyrhythmが楽しみで仕方なかったので朝からわくわくしていた。

空は曇天、凍えるほどではなかったけれど、暑くはなかった。今にも雨が降りそうな空だった。
八戸は、8月に入ってからは、最後に青空を見たのがいつだったか思い出せないくらい、毎日雨が続いていて、ずっと天気が悪かった。そんな中で、曇天くらいで済んでいるのが奇跡のようだった。
IMG_0208

ちょうど開場のタイミングで入場曲みたいにHUMANが流れていた。
そのあとすぐに物販でrhyrhyrhythmの新しいT(黒×ピンク)を購入。
O.Aが始まるまでのあいだに、rhyrhyrhythmのTシャツ着たみんなで写真を撮った。
1年で1番楽しみにしている2日間の「一番最初」に音を鳴らすのが好きなバンドであることが、とても嬉しかった。

O.Aは時間が短いので、4曲のみ。一瞬だった。3曲目の歌詞で泣いた。いつもどおりかっこよかったけど、普段よりすごく楽しそうに見えたから、それを見ているだけで幸せな気持ちになった。初めて見た時に「すごくいい」って思ったけど、見るたびにそう思うって、すごいなーと感じている。
以前からrhyrhyrhythmのライブをおすすめしていた友達にも大好評だった。いつか一緒に見たいっていう夢が八食で叶うなんて素晴らしい。最高のはじまりだった。今年の八食はきっと最高なんだろうな、と、その瞬間に思った。

そのままDizzy Sunfistのライブを見た。Dizzy Sunfist、年々人気が高まってて、お客さんもどんどん増えてて、見るたびに感動する。この勢いが続くなら、やがては気軽に見れなくなる日も来るのかな、と思ったら胸熱だった。初めて見た夜にガラガラのROXXで、風邪で出ない声を振り絞って歌ってた姿が忘れられない。いつか八食で見られなくなるとしても、それでもさらに人気が高まればいいな。

G-FREAK FACTORYのライブ中、曇り空から雨が落ちてきたのは最高だった。
私が知る限りでは、他のバンドの時は、「雨」というほどには降らなかったような。
そういうところも含めて好き。「日はまだ高く」と「EVEN」聞いてると、"八食"って感じが強まる。
ようやく泣かずに「EVEN」が聞けるようになったことを幸せに思っている。

そして先日から気にしていたSurvive Said the Prophetは、今年の八食で見たのが初。
痺れた。かっこいい。
またROXX来てくれたら絶対行こうと思っている。好みすぎる。

RADIOTSも楽しかった。
最近ROXXに来てくれるたびに見に行っているけど、いつ見てもくらくらするくらいかっこいい。
「一緒に見ましょう」と約束していた友達と、並んで見ることが出来たのも良かったな。真ん中あたりの(良い意味での)治安の悪さ、さすがに行けないけど、すごく好き。



IMG_0183

隙を見て食べた昼食。この3パックで1500円程度。安い。

しかしお昼御飯を食べた後、数日間の睡眠不足により猛烈な眠気に襲われてしまい、いきなり動けなくなってしまった。10分だけ寝よう、と思って、気付いたら40分くらい過ぎていた。目を覚ましたら、THE CHERRY COKE$演奏中…。最初から見るはずだったのに…。それが今年の心残りのひとつ。それでもなんとか3曲だけ見ることが出来た。

チェリコの次がINFOG。

去年八食初参加だったINFOGは、2年連続の参加。
それ以前にもライブを見たことはあったものの、久々に見たのが去年の八食だった。響き渡る綺麗な声が気持ちよかった。あの日INFOGを見たことも、あのあと、いろんな良い偶然が重なったことも、とても素晴らしいことだと思っている。かけがえのない出会いだった。すっかりINFOGが大好きになったし、まわりにもそれが広がっているのが良く分かる。ライブもかっこよくて好きだけど、3人の人柄も大好きなので、どんどん思い入れが強くなる。バンドなんだしライブがかっこよければそれが全てだと思うんだけど、人柄が良ければなおさら好きになるに決まっている。去年よりダイバーが増えて痛かったのも「良かったなー」って思うほど。
去年は後ろで見ているきくさんを見て、ほろりとした。
今年は後ろを見る余裕はなくて、ライブ自体を見て、もらい泣きした。
来年も八食が続くなら、ぜひ、また、あの場所にいるINFOGが見たい、と思っている。

今年のトリはNUBO。
初日の締めとして最高だった!
毎度思うけど、"Circle"の楽しさは異常。
普段ピットに入らないしサークルも好きじゃないけど、NUBOだけは入らずにいられない。
NUBOでサークル作っている人たちの顔を見るのが好き。終わった後ハイタッチしてる人たちのきらきらした目が最高。泣いてたり、笑ってたり、いろんな表情だけど、みんな活き活きしてる。
咲く花でサークル出来てたの衝撃だった、今まで記憶にない、初めてかも。

途中40分の休憩と、おすし食べた以外は、ほとんど立ち見エリアか物販エリアにいた。
普段なかなか会えない大好きな人たちが、いっせいに自分の地元に来てるって、強烈すぎる。

ライブの楽しみ方は、人それぞれで、一人で音楽を満喫するのも素敵だ。
無理にライブハウスやフェスで人間関係を構築する必要もない、と思っている。
私も最初は1人だった。
2013年に初めて八食サマーフリーライブを見たとき、誰も知り合いなんていなかった。
友達と仲良さそうにしている人たちを見て「いいなー楽しそう」って思っていた。
同じものを好きな友達と一緒に見たら楽しいんだろうな、って。

そう思った日から5回目の八食。
友達と並んでいても、ひとりでも、去年より、さらに楽しかった。
そういうふうに思える状況に自分がいることを、とてもありがたく思っているところ。
毎年同じようなことを書いている気がする。
でも毎年同じようなことを思っているから仕方ない。

あの独特のあたたかでゆったりした雰囲気も、
熱のこもったライブも、
八食前にそわそわしすぎる上に、
終わってからもいつまでも「八食」の文字が残るTwitterのタイムラインも、
全部ひっくるめて、とても好き。

ライブが終わって、一度帰宅して着替えて洗濯して飲みに出た。
それもまた、なかなか混沌とした宴で、とても楽しかった。
睡眠不足とか言いながら寝ないまま、2日目に続く。

(出順、違ってるかも)
rhyrhyrhythm
Dizzy Sunfist
Northern19 
39degrees
G-FREAK FACTORY
DRADNATS
THE LOCAL ART
Survive Said the Prophet
SABOTEN
RADIOTS
S.M.N
SHACHI
SHIMA
THE CHERRY COKE$
INFOG
GOOD4NOTHING
NUBO

【八食サマーフリーライブ】2002年~2017年参加バンドまとめ

じゃらんnet

2016/11/11 八戸 RADIOTS/THE CHERRY COKE$/BOMB FACTORY/rhyrhyrhythm

2016/11/11 八戸ROXX
RADIOTS
JUNK HEROES STORY TOUR 2016
18:00/18:30

RADIOTS
THE CHERRY COKE$
BOMB FACTORY
rhyrhyrhythm


RADIOTSは初めてで、ずっと友達から話だけ聞いていて興味があった存在。そして、THE CHERRY COKE$、BOMB FACTORY、rhyrhyrhythmは私が大好きなバンド。
最高の夜だった。

10月はROXXでのライブに行かなかったので、
9/10(UNLIMITSのレコ発)以来のrhyrhyrhythmだった。
二か月ぶりに見たrhyrhyrhythmは、
やっぱり良かった。
昨日は新曲もあったし、
一緒に行った「昨日がrhyrhyrhythm初めて」っていう友達も、
なんで私がrhyrhyrhythm推すのか分かるって言ってもらえた。
すごく嬉しく思った。
かっこよさが増していると思っている。
これからも勝手に推していくつもり。

BOMB FACTORYは昨晩で3回目。
前回は、2014年8月2日、OVER ARM THROWの「Some Missing Night War vol.28」、
その前が2014年4月13日、「RAGE AND HOPE」のツアーで仙台 enn 2ndに行ったとき。
初めて見た時は衝撃的だった。かっこよくて唖然とした。
そのときと変わらず、昨晩も良かった。
25年目だとMCで言ってた。
25年ずっとかっこいいんだろうな絶対。
それってすごい。

THE CHERRY COKE$は今年3回目。
前回は高円寺The Cluracanの、BEER JAMBOREE pint.4で、その前は今年の八食。
ROXXで見たのは今回が初めてだったので格別だった。
2列目あたりで待機していたんだけど、始まったと思ったら弾き飛ばされて最前へ。
考えてみたら、今まで、八食でも仙台でも、後ろのほうでしか見たことがなかった。
チェリコ最前は、すごく良い眺めだった。
ROXXのステージはすごく狭いけど、
そういうことを感じないくらい動きがあって、
それはもう贅沢な光景だった。
後ろのほうで動きながら見るのも楽しいけど、前もイイな、と。

そしてRADIOTS。
私のタイミングが悪くて八食では一瞬しか見れなかったけど、ずっと見てみたかったバンドなので感無量。
あんなにかっこいいなんて。
ピットが荒々しくて見てて楽しかった。
どう説明したらいいかわからないんだけど、すごく「愛」のあるライブだった。
フロアに手を伸ばしたり、後ろのほうまで来てくれたり。動作の全部に、わくわくした。
過去に動画を何度か見てて、「かっこいいな」とは思っていた。
でも、やっぱり動画よりライブだな、と当たり前のことを思った。
強烈だった。

RADIOTSを見て改めて、生で見るということの凄さに感動した。
全部の人が思うようにライブに行けるわけではないので、動画の存在は大きい。
でもやっぱりライブって面白いし、熱量や、元気や、いろんなものがあって、だからこうやって中毒みたいに通うことになっちゃうんだろうな、と。

最初のrhyrhyrhythmから最後のRADIOTSまで、みっちりと濃くて、良い夜だった。
楽しみにしていた何倍以上もの凄い夜だった。
どのバンドも、来年また見る機会が多ければいいな、と思う。
最高の夜だった。

image





-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----




読者登録
LINE読者登録QRコード