on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

Re:Turn

2017/8/20 八食サマーフリーライブ2日目 OVER ARM THROW/Interloper/SWANKY DANK...

2017/8/19 八食サマーフリーライブ2日目

2017/8/20
OPENING ACT: Interloper
-----
COUNTRY YARD
THE FOREVER YOUNG
HER NAME IN BLOOD
HOTSQUALL
MINAMI NiNE
MOROHA
OVER ARM THROW
PAN
Re:Turn
SABANNAMAN
SECRET 7 LINE
SHANK
snatch
SWANKY DANK
TOYBEATS
waterweed


O.AがInterloper、トップバッターはSECRET 7 LINE。
前日に引き続き2~3時間睡眠で参戦。
寝ないでフェスに行くのは危ないのでやめましょう。

もちろんO.AのInterloperから。
普段他のバンドと比較すれば圧倒的に見る回数の多いInterloper。
見るたびに、えろかっこいい、と思わずにいられない。(もちろん非常に良い意味で)
普段見る機会が多いにも関わらず、そういうふうに毎回感心するってすごいことだ。
今年も良い眺めだった。朝から眼福。

先日ROXXに来てくれたにも関わらず、snatch見れなかったのが未だに悔しい。
遠征なかなか行けてないので、せめてROXXに来る時は行きたいのにな。
でも八食に来てくれて良かった。
朝、着いてすぐに、あまりの眠さに寝ていたら、BLAMEが聞こえてきて飛び起きた。
まさかのリハでBLAME。
さすがに本編ではBLAMEはなかったんだけど、リハで聞けたのがものすごく!!嬉しかった。

そして先日ROXXで初めて見て、いいなーと思ったwaterweedが、八食でもかっこよかった。
最前列で見ていたのだけど、目の前(セキュリティがいるところ)にスタッフと思われる女性がいて動画の撮影をしていた。何気なく彼女の顔を見たら、ずっと頬を涙が伝っていた。それが非常に印象的だった。思いが溢れ出てて、すごく感動的だった。愛されているバンドなんだなーって感じた。ちょっともらいなきしそうになった。

次がSWANKY DANK。
今年の感謝祭で初めて聞いて以来、どはまりしている。車やジムで現状一番聞いているのがSWANKY DANKかも。DESTRUCTION聞けなかったけど、misery聞けて良かった。8/31にライブ行く予定なので、そこでDESTRUCTION聞けるといいなー。

この日も、空は曇天だった。
前日のように雨が降ることはなかったけど、曇っていて…それなのに、Re:Turnが「letter」を始めたとたん、雲が切れた。すごく驚いた。本当に、それまで、厚い雲が空を覆っていたのに、いきなりだった。雲が切れた途端に気温が上がった。久々の青空だった。

IMG_0295

Re:Turn終わってすぐの空。

IMG_0296

そのまま気温が下がることなく、なんとなく「雲が多めだけど暑い」という状態に。
そういえば、先日、OVER ARM THROW甲府ワンマンの時、甲府が39度、八戸が18度だった。そのとき、ようへいさんが「八戸に気温持って行く」と言ってくれてたんだけど…実際に金曜日の午後から、それ以前と比べて気温が高くなっていて…そして、日曜日Re:Turnで晴れる、っていうの、なんとなくすごいなあと思った。
偶然といえばそれまでの話だけど、ちょっと奇跡的だな、と私は感じている。

久々に見たCOUNTRY YARDは、そちら側のステージがものすごいことになっていたので反対側のステージから歌いながら見てた。好きな曲ばっかりだったので楽しくて浮かれた。大好きだけど未だに最前やピットに行く勇気なし。みんなすごいなー、強いなーって思いながら、いつも見てる。

そして3回目のTOYBEATS。
直前のカントリーまで休憩もなしで立ち見エリアにいたので限界で、ちょっとトイレに行ってからになってしまったけど…。TOYBEATS、その時点での総ライブ数が7本なのに、そのうち3本見てるっていう。偶然良いタイミングで続けて見ているとは言え、かなりの割合を褒められたのも良い思いで。

HER NAME IN BLOODは初!
先日少しだけPVを見て気になっていたので楽しみにしていた。
ライブ自体も良かったんだけど、地元のバンドマンがそれはもう楽しそうに楽しそうなに暴れているのを、セキュリティエリアにいる先輩たちがにこにこしながら見ているのに気付いた。とても和んだ。彼らがそんなふうに暴れているのを初めて見たので、すごく印象に残ったし、いいもの見たなあって感じ。

右側のステージでHOTSQUALLが始まった時、ちょうど中央あたりにいた。
赤間さんのベースが、弦が切れたか何かで、ようへいさんがベースを持って上がってきてた。
その赤間さんが、途中で声が詰まったかと思うと、ぽたり、と涙を落としたのが肉眼で見えて震えた。
強い愛を込めて歌ってくれているんだろうな。

ようへいさんがベース持ってそこにいる、ということは、OATが近いということだろう、と、そのままの場所でSABANNAMANを見た。前日のROXXに行った身内も言ってたけど、やっぱりすごかった。

そして、OVER ARM THROW。
去年は泣き過ぎてメンバーどころか知らない女性にまで怒られ(でも仕方なくない?2015年を考えたら)、友達は「うつるので」と去っていき一緒に見れない、という有様になったので、今年こそは絶対泣かないで見るつもりだった。ワンマンで泣いたし。
…無理だった。
だってUNLIMITSのタオル持って入って来たから。
しかも、バスタオルとタオルで4本。
2本ずつ持ってきてたらしい。それを全部持って入ってきたと。
2015年を思い出したし、今年UNLIMITSがいないのを残念に思ったし、当時の気持ちや、いろいろ全部蘇った。

あのときのようにOATがタオル持って来てくれたらいいな、とは思っていた。
そしたらお返しになるよね、と。
でも、どうなるか分からないから、せめてと思って、私と夫はUNLIMITSのTシャツを着てた。UNLIMITSを通して知り合った友達も、同じだった。
だから、あのステージ中に置かれたタオルは胸に刺さった。

みんなそれぞれ思うことだろうけど、ライブ中は一番楽しもうと思っているし、一番笑顔でいようとも思っている。もちろん、あんまり笑顔になってないときもあるけど。でも場所が良かったのもあって、久々にずっとぴょんぴょんしてたような気がする。とにかく楽しかった。
初めて見たのが八食だったので、やっぱり、私にとっては、あの場所で見るのが原点だし、ワンマンを除けば一番好きかもしれない。

体力的には少し余裕があったものの、ちょっと感傷的な気持ちになったのもあって、そのあとはずっと物販エリアから音だけ聞いてた。

金曜日の夕方から始まって、疲れも睡眠不足もほとんど感じないくらい、ただひたすら楽しく過ごしてた。終わってほしくなかった。でも例年よりは少しのんびり過ごした感じもある。そのぶん食事やトイレの時間を削っていたので、おなかは空くし、足はむくむし、大変だったけど。
例年途中で疲れて動けなくなるので、八食前に少しだけ運動してたのが功を奏して、例年よりは元気だったし、終わってから風邪も引かずに済んだので、やっぱり運動は大事、と痛感している。

良くないものも幾つかは見たけど書く気はない。
そんなものがあっても私にとっては完璧な3日間だった。
今までで一番、ライブも、それ以外も満喫した。
2日目の夜は、みろくに行った。
そこでの出来事も、それはもう楽しかった。

1年で一番楽しみにしている2日間だけど、
1年で一番時間が早く過ぎる2日間でもある。

何が一番良かったかな、と考えてみたんだけど、
一番なんて決められない。
そのくらい濃かった。

rhyrhyrhythm嬉しかったしかっこよかったし、INFOGライブ良かったしsnatchライブもだけどリハのBLAME最高だったしOAT楽しいだけじゃなくてタオル最高だったし、みたいになってしまう。
カメラロールも延々と見てられる。
1週間が過ぎても、まだTLに八食に関するものが出てくる。
そういうものが、地元で開催されてるっていうことをすごいと改めて感じている。

来年も開催されますように。
そして来年も、「今年が一番楽しい」と言える2日間になりますように。



IMG_0150

(出順、違っていたらすみません)
1.SECRET 7 LINE
2.snatch
3.waterweed
4.SWANKY DANK
5.Re:Turn
6.COUNTRY YARD
7.MINAMI NiNE
8.TOYBEATS
9.HER NAME IN BLOOD
10.HOTSQUALL
11.SABANNAMAN
12.OVER ARM THROW
13.THE FOREVER YOUNG
14.PAN
15.MOROHA
16.SHANK

【八食サマーフリーライブ】2002年~2017年参加バンドまとめ

じゃらんnet

2017/8/12 八戸ROXX Interloper/rhyrhyrhythm/Re:Turn

2017/8/12

Re:Turn
"Living"release tour 初日 3MAN SHOW
at八戸ROXX

Interloper
rhyrhyrhythm
Re:Turn 

8/12は、Re:Turnの「"Living"release tour 」初日。
地元バンドのみでの初日にも関わらずチケットはソールドアウト。
私が到着したころには既に大勢の人が来ていて、中に入るのも大変なほどだった。

1バンド目がrhyrhyrhythm。
いつものように楽しく見ていたのだけど、「次が最後の曲」って始まった瞬間、
『次に見るのは八食か』
と思った。そしたら、去年のMCを聞いて胸が熱くなったのを思い出して、涙が止まらなくなった。
あの日「八食出たい」と聞いて、「夢なら、叶うといいな、それを見たいな」と思った。それから1年も過ぎてない6/1、その日が来ることになったことを知って、本当に嬉しかった。比較的見る頻度が高いから、もっと時間が過ぎているような錯覚に陥ることがある。でも、実際は、初めて見てから、まだ1年と少ししか過ぎていないのだった。rhyrhyrhythmを知って、ライブ通うのがもっと楽しくなったし、八戸のバンドもたくさん知ったし、さらに、いろんな人と出会えた。とても感謝している。私にとっては、すごく良い出会いばかりだった。大好きな人がたくさん増えて、すごく嬉しい。このさきも楽しみだし、こんな日が続けばいいと思っている。八食本当に楽しみだし、それがまた次の夢に繋がることを願っている。
何かにリンク出来ればいいのだけど、と思って、埋め込みtweetを思い出したので貼ってみる。

DGI4lK3UwAI9ScQ

この日の、LIVEの詳細は下記。
Interloperも、いつもかっこいいし、この日もとても熱かった。
ソールドアウトだけあって、久々にぎゅうぎゅうのライブハウスで、途中、あまりの熱気に息が苦しくなってしまい外に出たほどだった。ライブ中に息が苦しくなったの、いつぶりだろうか。戻ってきたら扉の影しかいる場所なくてステージなんて見えなかったけどそれでも楽しかった。Interloperは八食で、日曜日のO.A。それもまた、とても楽しみ。
Interloperは、今回はO.A枠になっているけど、去年は違った。それ以外とO.A枠だと時間も違うし、発表になったときは正直なところ、驚いた。でも、私は、O.A枠があるのなら、それはやっぱり八戸のバンドがいいなーと前に思ったりしたのだった。というのもあったりで、八戸のバンドから朝を始められること自体については嬉しい気持ちもある(本編で見られるに越したことはないけど)。
でも、枠がどこだろうと、rhyrhyrhythmもInterloperも楽しみにしている、とても。

Re:Turnも、ここ何年かで、見る頻度が非常に高いバンドのひとつ。
見るたびに良さが増していく気がする。
以前は、ツアーバンドばかり見ていて地元のライブにはあまり行っていなかった。
それをがもったいなかったな、と最近よく思う。
"Living"はフラゲ日に購入して、いま車で聞いているのだけど、すごく良い。
そして地元以外の友達から、
「買ったよ」
とか、
「良かった」
と言われて、不思議なくらい嬉しく思っている自分に、正直驚いている。
ここ1~2年での、私の中での大きな変化の一つだと思う。
でも決して「地元=いい」って考えではない。
そういうのを取り払って考えて、「良い」って思っている。そういうバンドを、地元で見ることが出来るのは、素敵だと感じている。



これから始まるツアーで、曲が、さらに進化していくのを楽しみにしている。
どんどん変わっていくんだろうな。
素晴らしいツアーになりますように。
八戸以外の場所も、行けたらいいなと思っている。

そんなRe:Turnも八食に参加するバンドの1つ。
八戸の、自分が好きなバンドを3つ、八食で見ることが出来るのってすごい。
たくさんあるツアーバンドと名前が並ぶバンドが増えていったら、きっとさらに楽しい。
ツアーバンドめあてのお客さんが減るっていう考えもあるかもしれないけど、
八戸のバンドめあてのお客さんが増えたらすごく素敵だ。
私はただの観客だから基本的に細かいことは気にしないけど、それでも、そんな日が来たらおもしろいな、とは思っている。

さて。
次のライブは、ずっと夢だった、OVER ARM THROWの、八戸でのワンマン。
日が近付くごとに、どんどん夢みたいに現実味がなくなっていく。
とても楽しみ。


"Living" トレイラー


"believe" PV


"Living" special site


Living/Re:Turn【2500円以上送料無料】
Living/Re:Turn【2500円以上送料無料】


じゃらんnet

2017/7/23 弘前Mag-Net Re:Turn/rhyrhyrhythm/waruagaki/REB CUT/KWHF

2017/7/23  弘前Mag-Net
「we, our, us」

KWHF
waruagaki
rhyrhyrhythm
Re:Turn
REB CUT


IMG_9640

7/22、ライブが終わってすぐに、いわきを出発。
すぐに私は寝てしまったのだけど、目が覚めたら知らないSAだった。そこで2時間くらい仮眠して北上、さらに途中で仮眠、と寝たり起きたりしながらの移動。ちょうど明けがたにかけての移動だったので、前回みたいに朝焼けが見られるかと楽しみだったけど、天候が悪くて、ずっと曇り空。

仮眠やお風呂やごはんどうする、という話が曖昧なままに移動してて、私が目を覚ましたら青森の健康ランドにいた。名前は知っているけど、初めて行った!4時間以上の利用だと1000円だったかな。仮眠してお風呂入るにはちょうどよかった。

弘前についたあたりで、甲府に行っている友達から「飯難民になってる」というLINEが来た。それを笑っていたら自分も飯難民になってしまい、時間もなくなったので昼食がコンビニのパン…ということがありつつも、無事にMag-Net到着。
8/22にも行く予定なのだけど、駅からライブハウスが遠いので、タクシー移動しなくちゃいけないかもしれない…。

映画館の跡地であるMag-Netに来たのは今回が初めて。
Mag-Netは、懐かしい雰囲気のある場所だった。
天井が高くて、入り口から下がった場所にあるフロアには数列置きに柵があって、昔よく通っていた「テアトル」を思い出した。
左側にはバーカンがあって、椅子も置かれていて、高い位置からステージを見られるようだった。

KWHFは、ドラムの人がずっと笑顔だったのが印象的だった。
SEがTM NETWORKだった!衝撃的だった!

waruagakiは前回見た時に「世界はときどき美しい」が聞けなくて残念だったのがすごく印象に残っている。そもそもwaruagaki自体久々に見たけど、やっぱり綺麗でイイなーと思った。


rhyrhyrhythmは7/23も楽しかった!
普段から大好きだけど、この日のHUMANは特に良かった!
天井が高いせいか音が響いて、後ろのほうやステージは分からないけど、私がいた場所で聞くぶんにはすごく良かった。
ようやく新しいTシャツも買えたので嬉しかった。
次は8/12、その次は八食…。今からどちらも楽しみ。

全国流通がまもなくのRe:Turnも、良いライブだった。
このライブのあとに「believe」のPVが発表になっていたけど、すごくかっこいい。
こちらも、レコ発も、八食も、CDも楽しみだな、と思っている。
タイミング的に合う場所があればレコ発は他の地域も行けたらいいな。

believe


トレイラー


REB CUTの時は、(Mag-Netは撮影自由なのかというと、そういうわけではないかとは思うけど)結構な数のお客さんが動画やら写真を撮り倒していたのがすごく印象に残っている。曲の雰囲気としては、うちの旦那が好きそうな感じだな、と思ったので終わってから聞いてみたら正解だった。


車をMag-Netまで徒歩数分のところに停めた結果、駐車料金が300円で衝撃的だった。
八戸も安いとは思うけど弘前には負けた…。

そんなこんなで、7月のライブは終了。
2週連続2日続けてライブ(しかも遠征)っていう、ちょっとだけハードな月だったけど楽しかったせいかそれほど疲れた感じはない…んだけど、いろいろあって、この記事も書きかけのままだった。早くいろいろ落ち着かせたいな、と思っている。

8月は第三週~第四週にかけてライブだらけなので、今からすごく楽しみにしている。

※スティック全部折れた話がありましたが、
いわきでの話でした。削除しました。

デオシーク

じゃらんnet

2017/6/25 WAVE  Re:Turn/rhyrhyrhythm/Wishy-washy/bib/Jr.alcohol/Hungry13/チェスト

2017/6/25  盛岡change WAVE

「One day of a bridge」

チェスト
Hungry13
Jr.alcohol
bib
Wishy-washy
rhyrhyrhythm 
Re:Turn


Re:Turn企画で6/25は盛岡へ。

IMG_9003

初めて行ったWAVEは、横長で、思ったよりずっと広くて、綺麗だった。
ドリンクが比較的充実しているのが嬉しいところ。
+100円でジャックダニエル出してくれたので、ずっと飲んでた。
お酒がおいしいライブハウスは、絶対また行きたくなる。

IMG_9001

rhyrhyrhythm、約1ヶ月ぶり。
やっぱりかっこよくて大好きだ!!!!!と改めて思った。

前回見たのは5/27。そのあと6/1に八食の参加バンドが発表になった。
そこにrhyrhyrhythmの名前があったのが、自分でも驚くくらい、すごく嬉しかった!
rhyrhyrhythm、O.Aおめでとうございます。

rhyrhyrhythmを初めて見たのが、去年4月のsnatchレコ発だった。一番後ろにいたのに「なんてかっこいいんだろう」って前に移動した。当時は曲名を知らなかったけど、たぶん100%「human」で前に行ったんだと思う。それからライブに行くようになった。

そのあと、8/7、HSFL SECURITY 2016 day2のとき、「いつか八食」って話をMCで聞いた。
データあるかな、と日記を読み返してみたら、こんなことを書いてた。
---
MCで「いつか八食」って話をしていて、わくわくした。
わたしも「いつか八食で見たい」って思ってる。そうなる日を楽しみにしている。

バンドや、人によって、スタンスは様々だろうから、必ずしも明確な目標なんてなくてもいいし、楽しかったらそれが答えなんじゃないかと感じている。そして、そういう様々な部分に共感して好きになったり、相容れなくなって離れたりするものだろうし、それでいいんだと思う。
でも、見ている側も含めて、進みたい場所があるほうが熱くなれるし楽しさも増すと思うから、
本当に、いつかそうなればいいなあと昨日思った。
---
そう思った日から1年も経ってない。
すごく良いタイミングでめぐりあって、こうやってわくわくさせてもらえて、私はすごくラッキーだったな、と思っている。rhyrhyrhythmを通して知り合った子もたくさんいて、ライブ行くのがさらに楽しくなったし、とても感謝している。


このライブを企画したRe:turnは、その直前、6/22に、CDの全国発売が決まったばかり。
すごく素敵なお知らせだった!
おめでとうございます。
6/22のtweetは下記のとおり。
(埋め込み始めてやるんだけど、うまく見えるだろうか)
そのRe:turnも、八食出演。
重ね重ね、めでたい。
CDもツアーも楽しみにしている。



この日は、Re:turnのライブ、ぞくぞくするくらい良かった。
rhyrhyrhythmも、いつにもまして良かった。
それだけじゃなくて、盛岡のバンドも、かっこいいバンドばかりで、濃くて楽しかった。
飲みすぎた私はバーカン前の椅子で聞いてた時間も長かったけど、本当に本当に、行って大正解のライブだった。

私はここ数年しか知らないけど、確かに、盛岡のバンドを八戸で見る機会は少ない。
そして、私も盛岡には滅多に行かない。なぜなら知っているバンドが少ないからだ。
「八戸に来てほしい」
っていう言葉が、少しずつでも実現したら、もっといろいろなバンドを知ることが出来て更に楽しくなりそうだなと思ったりした。

またいつか、こういう機会がありますように!

5/27 ROXX OWEAK/Re:Turn/STRIKE AGAIN/rhyrhyrhythm

5/27(土)
八戸ROXX  OWEAK  At Nightfall Tour

OWEAK
Re:Turn
STRIKE AGAIN
rhyrhyrhythm

IMG_8468


OWEAKは、rhyrhyrhythmレコ発以降、初。
STRIKE AGAINは初めて。

「見逃し厳禁の事件があるので最初から来て」って言葉通り、
start後にちょっとだけ弾き語りがあった。
「青雲」のCMソングをROXXで聞く日が来るとは。
本編もだったけど弾き語りも良かった。

1バンドめ、STRIKE AGAINが、MCで、
「売れないほうのメロコアやってます」
と。
それを聞いて、売れるものと、売れないものの違いを考えたりした。
メジャーの音楽を聴くことも多いし、
販売店にいたこともあるから、
売れるものに関しては分かる気はする。
ただ、
売れている音楽が、必ずしも自分にも響く音楽だとは限らない。

星の数ほど世の中には様々な曲があるけど、
自分に影響を及ぼすほど強烈に響く曲は、
数えるほどしかない。
って考えると、
なんだか自分が好きな曲、っていうのが、
ますます特別なものなのだと思ったりした。
聞いているうちにじわじわと沁みてくる曲もあるけど、
「影響を及ぼす曲」
って、もう最初のインパクトが違うように感じる。

そしてSTRIKE AGAINは結構好きな感じだったので、
あとで音源聞いてみよう、と思った。

rhyrhyrhythmは今回新曲があった!かっこよかった。
記憶力悪いから断言しないけど前に音あわせでやっていた知らない曲はこれだったのかなー。
「あれ」と思ったんだけど最前にいるせいでまわりの反応も分からないし、
「私が知らないだけで前からあった曲なのかなー」とか思っていたのだった。
次に聞くのも楽しみ。
タイトル早く決まらないかなー。

さっきの話に戻るけど、
rhyrhyrhythmも、私にとっては、すごい影響のある存在なのだった。
初めて聞いた時から、わりと、ぶれずに。
あのとき聞くことが出来て良かったなー、と、いつも思っている。



その流れで行くと、Re:Turnもまた印象深い気もする。
15年以上ぶりにROXXに来た時に、Re:Turnも出ていたはず。
(データが残っていないので断言はしないけど、確か)
その日は久々すぎて、おろおろしていたし、
正直「全バンドあまり覚えてない」。
何がなんだか分からないうちに、その日は終わったし。
でも結構な頻度で聞いてて、
どんどんすごくなってる気がしてる。

…っていういろいろな出会いを得られたのって、ここ数年のこと。
素晴らしいことだな、と思っている。

そして12月にrhyrhyrhythmのレコ発で見たときも感じたけれど、
OWEAKも楽しくてかっこよかった。
名曲、といっていた"Falling Down"、すごく良いなーと。
確かに名曲だった!

今回OATのTシャツを着ていったところ、OWEAKのかたから、1月のサーキットの件で声をかけてもらったりしたのも楽しかったな。
そして前日がINFOGのツアー初日だったのだけど、
「いかにINFOGが良くて可愛いか」
についてをOWEAKの人が話してたのがすごく印象的だった。
INFOGめちゃくちゃ可愛がられてるなーと思ったし、理由は、よく分かる気がする。
すごく気さくに話をしてくれたのも楽しかったし、ライブも良くて、楽しい夜だった。
また八戸で見ることができますように。

 

過去最高ペースでライブに行っている今年、
あと何本行くかは分からないけど、
また強烈な出会いがあるといいな、と願っている。