on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

NUBO

2017/6/17 NUBO presents"PLAYGROUND"/LIVE BAR ROXX&NUBO

2017/6/17 NUBO presents

"PLAYGROUND"
w)Re:Turn/interloper  
OPEN 15:30 / START 16:00

1937_0


仙台、盛岡、青森、福島などに行っていたせいか私は気付いていなかったのだけど、NUBOがROXXでライブをするのは2年ぶりとのこと。調べてみたら、前回は、2015/5/23だった。(→前回の記事)…前回の記事がクオリティ低すぎるので、だいぶ反省している。

さて、今回はNUBOの企画。

今回は、ROXXに来ていない間にリリースした曲を含めて、たくさん聞かせてくれた。
残念ながらBlisters on my footを聞くことは出来なかったけれど、それは別の機会の楽しみに。
しかし、実際のところ楽しすぎて、ライブ中はそれを思い出す余裕はなかった。

Bonfire


Such one


Circle


素敵な再会も出来て、ライブも楽しくて、いうことなしだった。
いつもいつも、NUBOのライブは、夢みたいに楽しい。BonfireやSuch oneはかっこいいし、Circleは気持ちが高揚する。
サークルは苦手だけど、NUBOのサークルだけは入りたくなる。
まわりの人々の笑顔が素敵で、見ているだけで幸せな気持ちになってしまう。

そして、遠征も良いけれど、やはり地元で見るのは格別だな、と思った。



LIVE BAR ROXX&NUBO
20:00予定だったけれど、実際OPENしたのは20:30ごろ。
汗だくだったので近所の銭湯に行ってからROXXに戻った。
一部とは違い、テーブルやフードがあり、飲み物のメニューも違っていた。
これがまた、のんびりした雰囲気で、すごく楽しかった。
ちょっと飲みすぎた。

弾き語りがあったり、謎のカラオケがあったり…
いつもこういうのは難しいかもしれないけど、またこんな楽しみ方が出来たらいいな、と思っている。

当日を迎えるまでの様々なTweetも含めて、とても楽しかった。

(一成さんが携帯ないって言ったり、散歩に行ったり、財布を放り投げて寝たりしたのもあって)
帰るタイミングを失ってしまい、めずらしく終わってからも長い時間だらだらした。
ものすごく良い夜だった。

次は八食でNUBO。
とても待ち遠しく思っている。

Blisters on my foot

2017/3/25 郡山#9 PAN/OVER ARM THROW/NUBO

2017/3/25 郡山#9
NUBO "インソムニア" TOUR

PAN/OVER ARM THROW/NUBO

IMG_7782

初めての郡山#9は、駅から近くて分かりやすく、綺麗で、とても良い場所だった。
ドリンクやトイレが2Fで、フロアは1F。見た感じキャパは250くらい。
私の住んでいる場所からだと、同じ東北であっても交通の便は悪くて、新幹線乗り継ぎで片道12000円。
それでも来たかった。

PANからのスタート。
久々だな、と思って調べてみたんだけど、
前回→2016/3/11 仙台 MASTER PEACE'16
前々回→2015/8/20 【20祭やDAY!8発目!】
だった。
ホスコと2マンで19時半~23時だったのにも関わらず8曲ずつくらいしか演奏なくて、90分くらい座りっぱなしでゲーム見ていた【20祭やDAY!】は今でも印象深い。
…そんな話をしていると、時間より少し遅れてスタート。
「ギョウザ食べチャイナ」以外は全部知っている曲だったので、それはもう楽しかった。
そういえばPANのとき頭から落ちてきたひといて、なんとかぎりぎりで頭をキャッチしたんだけど、すごくどきどきした…。見てて良かった…。
PAN投げは、まんなかあたりにいたお嬢さんが集中攻撃を食らっていた。
そのかたがキャッチして「いえーい」って言ったら全員ジャンプ、って。
久々に見るけど、相変わらず見ごたえあるし、楽しくて面白かった。


昨日は整理番号順に入ったので、私は2列目。
すると、最前にいたかたが、「OVER ARM THROWのとき、良かったらどうぞ」と最前を代わってくれた…。
整理番号順となった時点で諦めていたので、ものすごく嬉しかった…。
偶然、お友達とつながりのある人だったのだけど、それにしても、なんて素敵な。
しかも、そのかたのお友達の方々も、「お友達もいるならどうぞ」と。
やさしい人のお友達は、やさしい人なのだな、きっと。

OVER ARM THROWは、「MC少なめにして曲を多め」ということで、計10曲。
一瞬だった。
けど、ステージの高さがちょうど良くて見やすかった。
S.O.G~You are there~TONIGHTっていうスタート、すごく幸せな気持ちになった。
ちょうど、最近You are thereの話をしていたところだったから、それを思い出して胸が熱くなった。
さらに、TONIGHTを、ここで聞くことが出来て、すごく良かった。

NUBO、 "インソムニア" TOURは2本目。
前回は2月の青森。→2017/2/26  青森Quarter  NUBO/10-FEET
青森のときに比べて、"インソムニア" が深みを増してて熱かった。
これが味わいたくて、ついレコ発があると、何本か行ける方向で考えてしまう。
久々に全力で動いて絞れるくらい汗が出た。
最近は滅多に動くことがなくて、タオル忘れ率が9割を越えても支障がないくらいなんだけど、NUBOだけは動かずにいられない…。
NUBOのお客さん、本当に好き。見ていて笑顔になる。

3/25でOVER ARM THROWは今月3本目。
3本とも、ぜんぜん違って、どれも良かったな。
見るたびに満たされた気持ちになるのに、終わるなり、もう見たくなる。
すごく不思議な感覚だと思う。2015年の8月も1か月で3本だったけど、そのときも同じ感覚だった。

ジャイアントループには行く予定でチケットは申し込んであるけど入手前なので何とも言えないし、このあとの予定がしばらくないのをすごく寂しく思っている。…だから、3月の予定が終わってしまって、何を楽しみにしたらいいのか、という気持ちになったりもしていた。でも、昨日話をしてて、確かに、そういうことじゃ良くないな、と反省した。
今まで私にとってライブって「頑張った御褒美」だった。いろんな我慢を乗り越えて手にするものだった。
だから終わると寂しくて哀しい気持ちになるんだと思う。だけど、これからは、「御褒美」なだけじゃなくて、前に進むエネルギーにもしていけたらいいな、と思っている。

それにしても、私も、ずいぶん変わった。
ライブに行き始めるまでは、仕事以外は全部諦めてた。わりと全てがどうでもよかった。その日が穏やかに過ごせれば、それで良かった。それなのに仕事がうまくいかなさすぎて、感情のやりばがなかった。救おうとしてくれる人の声すら届かないくらいに、どうしようもなくなっていた。
でも、そこを抜け出して、いま前を向こうとしている。泣きごとをいわずに暮らすための方法や、生きかたを考え始めている。そのきっかけのひとつが、間違いなく、音楽だったりOVER ARM THROWだったりなのだと思う。
まだスタートラインの手前だけど、これからも、たくさん良い方向に変わっていけたらいいな、と思っている。

早い時間の新幹線が満席で取れなかったので、今日は郡山でゆうがたまで仕事をして帰る。
きちんとこういう習慣をつけて、このさきに備えて、うまくバランスを取れるようにしていこうと思う。

次は4/8、札幌。また良いライブが見れますように。
IMG_7781

2017/2/26 青森Quarter NUBO/10-FEET

2017/2/26  青森Quarter 
NUBO インソムニアTOUR
10-FEET ヒトリセカイ×ヒトリズムTOUR

IMG_7412

初めての青森Quarter…そもそも、青森県内でROXX以外のライブハウスに行ったのが初だった。
友達と一緒だったので遠征みたいで楽しくて、ずっと喋り続けてた。
雪が絶え間なく降り続いていて、八戸とは降りかたが違うんだな、と思った。

私たちが着いたころにはすでに大勢の人が並んでいた。
今回は紙チケ→リストバンドに交換(本人確認できる免許証等必要)→整理番号順に入場→入場時もチケット必要、という今までに経験がない入場方法だった。ライブハウスで免許証を出したのは初めて。そもそも整理番号順に入るのも久々。

NUBOは、1月のSound Go Roundで見られなかったので、10月ぶり。
入場したときは入口近くにいたんだけど、詰めたり押されたりで、結局はまんなかあたりへ。
1曲目がbonfireだった。
始まる前は冷房が寒かったのにbonfireが終わる頃には汗をかいていて、 3曲目には喉が渇いてるくらいの熱気だった。

いつも1回目失敗するんだけど、今回はcircleで最初からきちんとサークル入れて嬉しかった。 

普段は全然ピットにもサークルにも入らない。
でも、NUBOだけは別で、絶対に入りたくなる。
まわってる人たちの楽しそうな顔や、終わった後のハイタッチしてるキラキラした顔が見たくて、入らずにはいられない。 
もちろん今回も楽しかった。
あれだけぎゅうぎゅうなのに、あんなに大きいサークル出来るのが本当に不思議…。

あっというまに終わっちゃって、寂しく感じるほどだった。

10-FEETをライブハウスで見たのは今回が初めて。
前回見たのは2015年のサマキャン。屋外だった。そのときは物販エリアの前あたりで見ていたんだけど、地面が揺れて、照明が綺麗で、ステージの上の10-FEETがエネルギーの塊みたいに感じた。
今回は入口の前で見たんだけど、それでも圧倒された。
目が離せなかった。
友達の協力を得て、珍しく予習していったのだけど、聞きたかった曲が全部聞けた。
レア曲多めだったので知らない曲もたくさんあったけれど、それでも楽しくて濃厚な時間だった。

楽しいよ、すごくいいよ、っておすすめしてくれた人たちの言っている意味が(全部じゃないにせよ)分かった気がした。

帰り道も楽しくて、ずっと喋ってた。
またこんなふうに「大人の遠足」が出来たらいいな、と心から思う。

10-FEETは次に行く予定が今のところないけど、
NUBOは3月に見る予定。それを、すごく待ち遠しく感じている。 

2016/9/22 宮古KLUB COUNTER ACTION HEY-SMITH/NUBO

2016/9/22
宮古KLUB COUNTER ACTION

HEY-SMITH
STOP THE WAR TOUR
w/, NUBO

image


友達が誘ってくれて、初めて宮古カウンターアクションに行ってきた。お彼岸だったので、墓参り行ってからライブへ。
盛岡方面と比較すると交通量が少なめ。そのせいか、実際に掛かる時間より短く感じた。

いつか行ってみたいと思っていた場所。

宮古市内に入るのは2011年の3月以来。
震災から一週間後に田老地区に行ったときのことを思い出した。
言葉に出来ないくらい衝撃を受けたあの日から、5年以上が過ぎた。
たくさんの空き地や、水のあとや、壊れたままの場所があって、名残は残っている。
でもすごく綺麗にもなっていたし、あの人は全く違っていた。ここまでに修復した努力を思うと言葉が出なかった。

5時前くらいについて、おいしいラーメン食べて、ライブハウスへ。

先日の台風による「水没Tシャツ」を販売していた。OVER ARM THROWのがあったので買った。

ライブハウスのなかは、壁面にずらりと木札が並んでいた。そこに込められた思いを、ずっと眺めていた。

NUBOは、やっぱり見ている人を、すごくすごく幸せな気持ちにしてくれる。普段ライブに行ってもあまり動かないほうだけど、NUBOのときだけは全力で動きたくなるし、あのサークルに入りたくなる。NUBOのサークルは笑顔で溢れていて、いつも気持ちを満たしてくれる。
全身汗だくになって、それが気持ちよくて、ステージを見ればそこにも笑顔があって、嬉しくなる。
これから出る新譜は、かなり!いいらしい。物販で言われた。全力で楽しみにしてる。レコ発八戸ないけど!レコ発じゃなくても来るって解釈でいいんだよね?(もちろんレコ発行くつもりだけど)
リリース楽しみにしている。

HEY-SMITHをライブハウスで見るのは2回目。(前回は盛岡、NUBOレコ発)
なかなかチケット取れなかったりで、フェス以外では見る機会が少ないのだった。今回後ろのほうで見たけど、久々にライブハウスで見たら格別だった。
アンコールは3回、計5曲。
見応えあった。
終わる頃には床が水浸しになっていた。

(八戸も良くはないけど)宮古って、比較的交通の便としては良くない場所だと思っている。岩手広いし。
それでも、そこをレコ発の場所として選んでくれるのって、すごいなと思っている。

image


21時過ぎに終わったと思う。物販少し寄って帰宅したら23時半前だった。日付が変わるあたりまでに帰れるっていうのは大きい。今後は宮古も視野に入れてライブ選べるなあと思った。

open前に並んでる最中のやりとりも、なかなか愛に溢れていた。すごく好きな感じだった。

行って良かったし、
また行きたい。
誘ってくれた友達に感謝している。

次の機会を楽しみにしている。


-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----


11/29 change 盛岡 NUBO/HEY-SMITH/Re:turn

無事帰宅!
23時ごろ出て、1時前に着。
高速がスムーズだったから、予定より早い帰宅になった。話をしていたら、あっというまに着いた感じ。

朝は久々にホテルで朝食。
それから盛岡へ移動。
昨日は3人だったけど、今日から4人になって、さらに楽しくなった!!
朝ごはん食べてから動いてないのに、いきなり冷麺を食べに焼肉のヤマトに行った。
だって冷麺まつりだったし。

image

ヤマトの冷麺は、からいの入れなくてもほんとにおいしい。でも、もちろん大量に入れた。焼肉まで食べた。

時間があいてるので、駅ビルで時間を潰した。
ついつい買い物してしまったよ...。
ふだんあまりぶらぶら買い物ってしないから、つい楽しくなっちゃうんだよねえ。
探していたパーツを偶然見つけたから買った。これは良い買い物だった!

からの...ライブハウス行ったけど写真撮り忘れるという痛恨の一撃。

ソールドアウトしていただけあって、すごい人だった。開始前から熱気がすごかった。
ヘイスミのTシャツ率が半端なかったな。タイダイTがほんと可愛い。

Re:turn
→仙台も良かった。
けど、それ以上に今日は良かった。
「Re:turnです」って例のアレ、2日続けて聞く日が来るとは。
それ、めっちゃイジられていて、NUBOのコール&レスポンスが「Re:turnです」だったからね。
愛に溢れたイジリだったなー。MCで、ヘイスミ2011年9月のときのことを言っていた。ちょっと泣きたくなるようなMCだった。
ライブ終わってから、椅子のとこで八戸から来たひとびとが集まっていて、なんだか地元にいるような気持ちになった。

そーいえばMCで笑ったのが...
「ヘイスミ、お披露目ライブ、八戸、ありませんでした」
「NUBO、レコ発、八戸、ありませんでした」
...そうなんだよねえ。
まあでも八食来てくれてるし、
違うときも来てくれてるし、
そんな八戸ばっかりには出来ないだろうし、
仕方ないけどさ。
まあ改めて言われると、ふふってなるよね、っていう。

HEY-SMITH
→八食ぶり。
そして、初めてライブハウスでヘイスミを見た。
圧倒された。
八食では、ちょっと離れたとこで大人見だったし、今回も後ろの隅で見ていた。
が。
何度か中に行きたくなったー。
知ってる曲にうきうきしたー。
でも...でも...行けなかった。
知らない曲あるし、スカダンス出来ないし、とか思っているうちは行けないだろうな。
分かってる、あとは勇気だけなんだ。
知らない曲だって楽しいんだし。
あれ絶対中で見たら楽しいだろなー。
小さい子が、曲に合わせて手を挙げていて可愛らしかった。
次は中のほうで見れたらいいなー。

NUBO
→前の日は泣かなかったのに、なぜか日曜日は泣けて泣けて、泣きながら笑っていた。
拭う暇もなく涙が流れてきた。
かなり前半から泣いてた。

最初、2列目あたりにいた。
が、1曲目で踵落としを食らい、そのまま長時間そのひとがわたしの上でばたばたしていたので、あっさり諦めてダイバーいなくなってから脇の少し後ろに下がった。別にタイブはいいんだけど、来たあとの足ばたばたがつらかったんだよねー。こりゃ何回もあるな、と。しばらくはNUBO見れないから、もう少し静かに見ようかな、と思って。
で、横にずれてからすぐに涙腺が崩壊した。
「on the way」で、さらに泣いた。
ちょうど横には、確定でわたしより年上と思われる女性がいた。ああ、いいなあと思った。楽しみ方は変わっても、年を重ねても楽しんでいけたらいいなあと思った。そしたらせつなくなった。

歌詞の、
「サヨナラは いつかきっと迎えに来るとしても
サヨナラがまだ怖いと思えるような日々を」
ってところ、すごく好きだ。

ライブ行くようになってよかったなあと思ってる。
すごく楽しみが増えた。
反面、いつか行けなくなったら寂しいなあと思ってる。自分の意思で行かなくなるなら、それはそれで構わない。それはたぶん、満足したり嫌になった結果として自分で決めることだから。
けど、「行けなくなる」のは怖いなあ、って。
いま幸せだと感じるからこその怖さなんだろうな。

この怖さが、ずーっと漠然と自分のなかにあった。
それをはっきり認識したのが、いつか忘れたけど、この曲を聴いているときだった。

ライブ行き始めたのが最近だから、
余計に未練があるんだろうな。
もっと早く知っていればとは思う。
けど、その年数分、他にいろんなことをしていたわけなんだけどね。

やっぱNUBOいいなあ、沁みるなあ、と改めて思った。この二日間楽しかったし、いい日々だなあ、って。

ライブが終わって、ちょっとだらだらして、着替えして向かいの焼き鳥屋さんでごはん食べて帰ってきた。
さすがに今日(ライブ翌日)は眠いけど、気力はNUBOに補ってもらってる。

またいつか、って言って帰ってきた。
それがちゃんと叶いますように、って思っている。