on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

NUBO

2018/11/17 ROXX MINAMI NiNE/Interloper/kiseki/3SET-BOB

2018/11/17

MINAMI NiNE "LINKS TOUR"

MINAMI NiNE
Interloper
NUBO
kiseki
3SET-BOB

2018年66本目。もはや本数が合っている自信はない。

久々のROXXだった。ROXXは看板がない。基本ここで使えるような写真が残ってない。残念。
丸1ヶ月以上経過しているため当時のツイートを引用。

"MINAMI NiNEしみるー。そしてNUBO楽しかったー、大好きなNUBOでけんちゃんが弾いてるの見れて嬉しかったなー。そして久々最前で見たInterloperが、エロかっこよくて素敵。
さらに、にべさんが「ヤーマン」て言ってたのはレア。kisekiもサンボブも楽しかったー!"

ああ、ヤーマンっていってたの、この日だったか。
NUBOはライブで聴いたことない曲があったので嬉しかったのを覚えてる。
けんちゃんの緊張がこっちまで伝わってきた。
めずらしいことだしと前でNUBO見てたくせに、Circle始まった瞬間気が付いたら中に入ってたよね。

MINAMI NiNE良かったなー。

2018/8/25 八食サマーフリーライブ2018 1日目 STUNNER/MINAMI NiNE/HOTSQUALL/THE SKIPPERS/NUBO/39degrees/SECRET7LINE/TOYBEATS/SABOTEN/waterweed/SWANKY DANK/Re:Turn/PAN/HER NAME IN BLOOD/UNLIMITS/MOROHA/COUNTRY YARD

2018/8/25 八食サマーフリーライブ1日目

6FE03964-2C6A-4DAD-86E8-E044ED72D2D2

2018年52本目。

ほぼ同時に発生した台風19号と20号の影響が懸念された、HSFL2018.
しかし無事に台風は逸れ、予定通りの開催。
土曜日は朝から晴天で、30度越え。
2016年も2017年も雨だった。久々に晴れのHSFLで、とても気持ちがよかった。

OPENING ACT : STUNNER

MINAMI NiNE
HOTSQUALL
THE SKIPPERS
NUBO
39degrees
SECRET7LINE
TOYBEATS
SABOTEN
waterweed
SWANKY DANK
Re:Turn
PAN
HER NAME IN BLOOD
UNLIMITS
MOROHA
COUNTRY YARD

年々見たいバンドが増えていく。
STUNNERから今年のHSFLを始めた。良く見に行くバンドがOAや初出場ってうれしい。
応援っぽい歌詞苦手なのにSTUNNERは好きだな。回数を重ねるごとに沁みる感じがする。

写真のとおり、とてもよい天気だったのに、HOTSQUALLのとき、雨が降ってきた。
そのときの空がこちら。

AE4C0714-8B19-4E63-877D-666388D23470

こんなに晴れているのに、雨。さすがホスコ!!!
去年みたいな土砂降りじゃなくて良かった!

仙台ワンマンぶりのNUBO、楽しかった!今年もサークル大きかったな。NUBOのサークルで遊んでいると絶対誰かに会える。その笑顔を見てうれしくなる。そんな誰かが、荷物をいきなり預けて走っていくのも大好き。NUBOのライブは、いつでも私をハッピーな気持ちにしてくれる。最近はライブに行ってもほとんど動くことがないけれどNUBOだけは別。動いて遊ぶのが未だに楽しい。

TOYBEATS、いつぶりだろう。
去年のHSFLあたりがライブ4本目だったのだけど、そのうち3本行ってたっていうのをすごく覚えている。いろいろタイミングが良かったのだろう。

疲れ果てたので休んだり、お昼ごはん食べたりしていたので、SWANKY DANKは途中から。
私が戻ってきたときはmiseryの途中だったので、たくさん聞き逃したかと思いきや、miseryは2曲目だったということがさきほど分かり、よろこんでいる。今年も大変かっこよかった。

Re:Turn、今年は例年以上に、特別な気持ちで見た。
みんなが去年や、それ以前と同じように過ごせたら良かったのに、どうして世の中ってこうなんだろうね。特に親しいかたを思うと私には何も言えないけれど、本当に残念だよ、今も。
ちょっとずつ話したりする機会が増えたばかりだったのにな。
歌声や、その場にいる人々の気持ちが届いていればいいな、と思う。
それと同時に、誰とでも、一緒にいられる時間を大切にしていきたいと感じている。
あたりまえかもしれないけれど、忘れがちなことだから。

UNLIMITSおかえり。「ハロー」以外は泣かずに聞くことができたような気がする。
戻ってくるって思っていたけれど、未だに夢みたいな気持ち。
お休みするまえの最後のライブ行ってたんだけど、あの日の私たちに「また八食で見られるから大丈夫だよ」って教えてあげたい。相変わらず綺麗な声が高い空に響いて、気持ちが良かった。頻度は減っても、ライブ続けてくれるといいな。

1日目のトリは、COUNTRY YARD。
たくさん泣いたし疲れたから物販エリアから見るーと話しながら歩いていたんだけど、リハ終わって1曲目がI'll be with youだって気付いた瞬間、缶チューハイ預けて最前に走ってた。アンコールはStarry Night、最高に好みの曲順だった。

終日暑かったけれど、なるべく全部聞きたくて、八食センターの中にはあまり入らず過ごした。
ライブが終わった後は居酒屋に行って、みろく横丁を経過して帰宅。
ほぼ寝てなかったし疲れたけれど、やっぱり楽しい1日だった。
(翌日に続く)


2018/4/30 仙台 enn2nd NUBO"WILLIVE"

2018/4/30 仙台 enn2nd  NUBO"WILLIVE"

2018年28本目。
仙台のAGENTでチケット店頭販売している、というのを見て祝日だと気付き急遽行くことに。
お昼過ぎに仙台へ到着し、友達と食事をして、AGENTで買い物をしてからenn 2ndへ。

NUBOのライブは、いつも、強烈に楽しい。
ステージを見ているのも良いけれどフロアを見るのも良い。
みんなすごく楽しそうで、幸せな気持ちになる。

この前日は喋るのも苦しいような有様だったし、当日もイマイチ不調だった。
だから最初はフロアの隅にいた。
でも「咲く花」が始まった瞬間にフロアの真ん中まで飛び出してた。我慢できなかった。

しかも、その次が、「Blisters on my foot」だった。

初めて聞いたときからこれが好きで好きで、こればかり聞いていた時期がある。
そのときは本当に毎日が大変で今にも心が折れそうだった。
そういう私を奮い立たせてくれた曲だったんだけどライブでは聞く機会に1度しか恵まれなかった。
だから、ずっと「聞きたい」と言い続けていた。
八戸で本編前に少しやってくれたことがある。それですら大興奮した。
そのくらいなので、本編で聞けて感無量だった。

毎日、本当にいろんなことが起こる。
つらいことや大変なことも少なくない。
でもこういう出来事によって、私の場合は、随分と救われる。

たった1曲や数文字に心が救われる。
そのとき初めて自分が追い詰められてることに気付くことがある。

きっと、この感覚を分かってくれる人は、たくさんいるはず。
だからって他人にすっかり寄りかかって生きるわけにはいかない。
だから基本的には自力で頑張らなくちゃいけない。
でもNUBOのライブって頑張っていることも認めてくれるし、頑張ってないときの自分までも認めてくれるような気がしたりするんだ。気のせいかもしれないけど、赦しみたいなものの存在を感じる。
でかいサークル作って回っている子達の笑顔や、横にいる見知らぬ誰かの涙を見てるだけで癒される。
ワンマンには、そういうものがたくさん詰まってた。
濃厚で、本当に、良い時間だった。

S__73842783


約2週間が過ぎた昨日、ベースのK-zooさんが脱退という発表があった。
「あのとき行けば良かった」にならなかったのは良かったけど、やはり寂しい。
脱退や活休の知らせは多く、その都度衝撃を受ける。

年齢を重ねるごとにいろんなこと大変だろうなと感じる。それはライブを見る側も同じ。
家庭や体調、いろいろな理由で大変なことがある。
我が家はたまたま夫婦そろってライブに行くこともあり自由にさせてもらっているけれど、それでも、いろんなことがある。簡単ではない。

演者なり客なり、本人が何か別な道に進むなら応援するしかないとは考えている。
それでも、一瞬でも楽しい時間を共有したのなら、寂しくなるのは仕方ないよね。
それが好きなバンドならば強烈な寂しさを感じるのも、仕方ないよね。

OATのツアー初日に八戸のライブが発表になって、直後に「予約した楽しみにしてる!」って言ったら「自分のほうが楽しみにしてる」って言ってくれて嬉しかった。
クラムチャウダーおいしかった。
夏、ROXXでのライブのとき、泥酔したいっせいさんが財布放り投げて廊下で寝ちゃって帰りそびれて外にいたらけーぞーさんも来て、そこでお話したのも楽しかったな。
でも何よりも、けーぞーさんがベース弾いている姿を見るのが大好きだったな。
たくさん幸せな時間をくれたことに感謝しつつ、これからもNUBOを見続けて行きたいと思ってる。


2018/3/4 八戸FOR_ME TOYBEATS/the SHUWA/FRIDAYZ/NUBO/SHIMA/INFOG/THE LOCAL ART/Re:Turn

2018.3.4.日 at八戸FOR ME
Re:Turn「"Living"release tour -FINAL-」 TOYBEATS the SHUWA FRIDAYZ NUBO SHIMA INFOG THE LOCAL ART Re:Turn

2018年15本目。
Re:Turnレコ発のファイナル。

Re:Turn、長期間に渡るツアーの最終日。
私は、初日・秋田・ファイナルの3本に行った。
どれも楽しいライブだった。
特に初日は2017年度の楽しかったライブベスト3に入るくらい、良い夜だった。
そんなツアーが終わるのが、少し寂しくなったりもした。

トップバッターはINFOG。
ドラムの洋平くんは、この日が最後のステージ。

本当は、こうへいくんを送ったINFOGのツアーファイナル同様泣かずに見送るつもりでいたのに、もう
はじまりから涙が止まらなかった。そこは、もう、どうしようもない気もする。悲しかったけどライブは良かった。Interloperのふみやさんのベースがかっこよすぎるので、正式メンバー早く決まって欲しいと思う半面で、またふみやさんサポートが見たいなと思ったりもしている。


S__70828090

NUBOは…NUBO、本編もすごく良かったのだけど、始まる前の雑談で、
「Blisterson my footが聞きたい、何年も聞いてないけど、つらいときいつもそれを聞いて頑張ってきたすごく大事な曲なんだ、いつか聞きたい」って話をしていた。
そしたら本編前に聞かせてくれた。
思わず跳ね上がるくらい嬉しかった。
そのままピットで遊び倒したので酔いが回りすぎて大変だった。
本当に本当に本当にありがとう。
いつかワンマンにも行って本編で聞ける様にしよう。絶対そうしよう。

S__70828089

Re:Turnのときは、後ろで見ていたんだけど、一番好きな曲のとき、気が付いたら前にいってた。そのままそこで見ていたんだけど、最後のほうは、フロアだけ見てた。みんな、泣き顔だったり、すごく笑顔だったり、人によって表情は違っていたけど、楽しそうで嬉しくなった。幸せそうな表情を見ているだけで幸せな気持ちになった。
前日は仙台に泊まりだったんだけど、FOR_MEついたのはライブ開始10分くらい前だった。でも最初から最後まで見ることができて本当に良かった。
Re:Turn無事にツアー完走おめでとう。
そして、INFOG洋平くん、お疲れ様でした。

2017/12/24 八戸FOR ME NUBO/MINAMI NiNE/waterweed/Re:Turn

12/24(日)八戸FOR ME
”NUBO Christmas party for me”
w)MINAMI NiNE/waterweed/Re:Turn

DOwJl-aVAAA7Xht

ちょうど入った瞬間にミニスカサンタ姿のいっせいさんが登場したので、わりと混乱した。
とはいえ、忘れものして遅刻したことを、とても悔んだ夜だった。
アコースティックあり、フードありの楽しい夜だった。すごい人だった。

そういえば途中でプレゼントコーナーがあった。
それを後ろのほうでぼんやり見ていたら、呼ばれたのが私のチケット番号だった。
複数人に当たるのかと思ったら、そうではなく、1人だけ。
出演バンドからのクリスマスプレゼントつめあわせが入ってた。
ニットキャップやTシャツ、タオル、キーホルダーなどが入っていたんだけど、Re:Turnからは、ドリンクチケットが10枚だった。
そのドリンクチケットは、普段遊んでくれるみんなや、遠征で遠くから来てたかたがたと分けて、有意義かつ綺麗に使いきらせていただきました。Re:Turnありがとう。
他のバンドのプレゼントも大事にする。ありがとうございます。

クリスマスイブ。
家族や恋人がいたら一緒に過ごしたいだろう日。
そんな日に、遠くまで来てくれるのって、すごいことだ。

NUBOは2017年に八戸で2回企画をしてる。
どちらも、偶然その直前にライブを見に行ってて、ライブ前後に企画の話題が出たんだけど、
「すごく楽しみにしてる」
っていうのが伝わってきて、すごく嬉しく感じた。
客が楽しいだけじゃなく、演者も楽しいライブが、一番楽しい。
片側通行じゃない感じがするバンドって、本当に好き。

個人としては片側通行でいいと思っている。
「私はこのバンドが好き、でも別にそのバンドが自分のこと知ってるわけじゃない」
っていう状態が普通だし、それでいい。
ただ、フロアにいるお客さんがみんなそのバンドを好きで、そのバンドがフロアにいる人たちを好きで、みたいなのが好き、っていう意味合いで。
なんだろう、改めて説明しようと思うと表現が難しいな。
「個」の話じゃないんだよね。
フロア対ステージ、みたいなこと。
伝わるかな。
まあ伝わらなくていいか。

とにかく、そういうバンドを知ることができて良かったな、と思うのだ。

2017年のライブは、これで終了。
全部で77本。
2018年はどうなるか分からないけど、1年間、とても楽しかった。
遊んでくれた人たちや、良いライブ、良い場所への感謝を忘れずに2018年も楽しく過ごせたらいいな。

あ、NUBO、そろそろ、

Blisterson my foot

聞きたいです。いつか聞けますように。


読者登録
LINE読者登録QRコード