on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

INFOG

2017/5/11 ROXX THE CHERRY COKE$/HenLee/PRAISE

2017/5/11  ROXX  THE CHERRY COKE$

『THE LIVE』tour
open18:30/start19:00
w/HenLee/PRAISE

前回THE CHERRY COKE$のライブに言ったのは11月。
(コレ→http://onthewayto.blog.jp/archives/67240983.html
その前が10月の高円寺
The Cluracanはおしゃれだしフードはおいしいし、本当に良かったので、また行きたい。
http://hitosara.com/0005016407/


PRAISEは青森県に来たのが初めてとのこと。
これが本当に良かった。
連れてきてくれたTHE CHERRY COKE$に感謝しかない。
ミクスチャーロック好きなひとはたまらないと思う。
最初は一番後ろで見ていたけど、あまりに楽しかったし、最前がらあき状態だったので移動。
大阪のバンドだから滅多に機会はないだろうけど、また来てくれたらいいなあ。

HenLeeは2回目。
前回は2015.10.3、仙台Rippleでの「N.A.M」だ。
そう、フロアにゾンビだか囚人がいて、なんだろうって思ったのが初めてだった。
音源聞いてくれば良かったな、と当時後悔したのをライブ見ながら思い出した。
連れが非常に気に入ったらしくて、かなりハイテンションになっていた。わかる。
いろいろあって最後のほう5分程度抜けたけど、久々に聞いたら、やっぱり良かった。

そして、今回はカウンター側の最前で、THE CHERRY COKE$を見た。
あの場所、すごい。
ほぼ痛みなしで最前が楽しめ、さらに時々目の前で演奏も見れてしまう。
小さい子供さんや、骨粗しょう症で骨がすぐ折れそうなかたや、華奢な子にオススメ。
特に小さい子供には絶対オススメ。
さて、半年振りのTHE CHERRY COKE$は、ますます素敵になっていた。
新曲も良かった!
新曲はこれからもどんどん進化して行くということらしいので、最終的にどうなるのかをとても楽しみにしている。
最初から最後まで、夢のようにきらきらして楽しい時間だった。
ツアー、ほかの場所にも行きたくなってしまうほど。
24本の中に八戸を入れてくれてありがとう。

次は夏に、あの場所で見ることが出来たら最高だと思っている。
願いが叶いますように。


IMG_8361

2017/5/5 宮古KCA Interloper/this is/THE シャボン玉/Dragers/INFOG/LOOKLIKE

2017/5/5 宮古 クラブカウンターアクション 

今年のGWは、後半にライブ予定をぎゅうぎゅうに入れてみた。

LOOKLIKEレコ発にInterloperとINFOGが出るとのことで、1本目の5/5は宮古へ。
お昼ごろに出発し、「福」というラーメン屋さんで、ワンタン麺を食べてからライブハウスに行った。
宮古のクラブカウンターアクションは2回目。
前回はHEY-SMITHとNUBOだった。
そのときすごく感動して、木札をずっと眺めていたのを覚えている。

IMG_8200
ちょっと早めに着いてライブハウス前にいた結果、整理番号が001。
行ったら驚いてくれるかなーと思っていた人に「あれ?」と言ってもらえたので非常に嬉しかった。

トップバッターはInterloper、安定のかっこよさ。八戸以外で見たのは初めてだったんだけど、やっぱりInterloperのライブってかっこいいなーと改めて思った。KCAは光線みたいなのが出るんだけど、それはそれは似合っていた…。やっぱり地元のバンドを地元以外の場所で見るのって、すごくいい。楽しい。

順番は、
Interloper
this is
THE シャボン玉
Dragers
INFOG
LOOKLIKE
だった。

THE シャボン玉は地元バンドということ(軽音部といっていたような)。緊張が声から伝わってきて、つられて緊張した。毎週KCAでライブしているそうなんだけど、あの場所で毎週ってすごいなーって思った。最高の環境だなあ、と。

IMG_8213

MCでも「八戸」て話題が出たほど、INFOGの最前は八戸で会うお客さんがたくさん並んでた。もちろん私もその中のひとり。愛されてるなーINFOG、と改めて思った。
見るたびに、自分の中で、良さが増していく。
どんどん楽しくなっているのに気付く。
見れば見るほど、また見たくなる。面白いくらいハマっていく。すごいことだと感じている。
新曲どちらも良かった。
特に好きなのは、「DON'T BLAME ME」。PVも好き。
あまりにライブが良すぎて、次の日にある仙台でのライブ見れなくて残念だった。


新譜もレコ発も、とても楽しみにしている。
そう、レコ発八戸、すっごく楽しみなんだけど、パワスト宮古の当日なのだ。
しかも前日がジャイアントループ…。
無謀な日程だけど、どうにか頑張って全部楽しむつもりでいる。体力つけなくては。



今回レコ発だったLOOKLIKEは初めてだったけど、ライブも、終わってから少し話したのも楽しかった。また見る機会がありますように。

行きは寄り道しながらだったので約4時間ほど掛かったけど、帰りは三陸道がすいていたおかげで半分ほどの時間で帰宅した。
綺麗で、音も良くて、ひとも暖かくて、素敵なライブハウスだなーと思う。
また行く機会がありますように。

IMG_8213


2017/3/20 下北沢SHELTER INFOG/OVER ARM THROW

2017/3/20 下北沢SHELTER
INFOG presents "SOUND COMMUNICATION vol.1"

INFOG
OVER ARM THROW

IMG_7718

「SOUND COMMUNICATION」、告知があって「行きたい」と思った。
でも、その時点で、
3/11 master peace
3/26 福島
4/8 札幌

という予定を立てていたので、「さすがに毎週遠征は」と、一度は諦めた。
でも、八食や、八食感謝祭でのINFOGが良すぎたので、どうしても諦めきれなかった。
INFOGはOVER ARM THROW大好きだし、これはすごいものが見れるんじゃないかと思った。
そんなわけで急遽チケットや移動を手配して、下北沢へ。

しかし前日はROXXでのライブも予約していた。移動を考えると途中抜けになってしまう。
遅刻はともかく途中抜けはなるべく避けたいと凄く思っているから、今度は3/19のライブをどうするかを考えなくちゃならなくて、今度はそちらをキャンセルしかけて、思い出した。
誰が企画したのだとしても、メール予約は「約束」なのだ。
そんなわけで、ROXXに行ってから夜行バスで移動、という初の試みをしてみた。さすがに全バンドは見られなかったので、ちょっと反省中。

ライブを見るために下北沢に行くのは初めてだった。
前に買い物で行ったときにも思ったけど、すごく雰囲気の良い土地だと思う。
インドカレーを食べて、チケット引き換えをして、串揚げ屋さんに行ったら全然出てこなかったりしたら、もうOpenの時間になってた。

OVER ARM THROWのセトリは、全体に明るめ。
個人的にはFixed star~hand in handの流れが、すごく好きな感じだった。
持ち時間長め…ではあるんだけど、やっぱり大好きなので50分でも足りない…まだまだ見たい…。
いつ見ても楽しくてかっこいいけど、昨日も格別だった。

その後ろで、INFOGのメンバーが、すごく幸せそうな顔をしてた。
好きだというのは良く聞いていたけど、本当に大好きなんだなっていうのが、ものすごく伝わってきて、私も幸せな気持ちが倍増した。

そしてINFOGのライブは、やはり最高に良かった。
見るたびに「今までの中で一番良かった」って思う、ということはベストがどんどん更新されてる、ということになる。でも、本当に、何度か見ている中でも一番に胸が熱くなったし、間違いなく良いライブだった。
言葉に詰まりながらのMCを聞いているうちに、私も泣いた。
初めて見たときのこととかいろいろ思い出した。

憧れの存在があって、そこに近付くために努力して、ステップアップする。
それって、努力、才能、人柄、運、タイミング、周囲の助力…など、いろんな要素が必要な気がする。
言葉にすると簡単だし、理想的なことだけど、誰もが成し得るものではないと思う。
努力や、強い情熱が、きっといろんな良いものを引き寄せて、良い方向に作用しているんだろう。
いつ見ても「清々しい」と思えるのは、そういう部分なのかもしれない。

OVER ARM THROWとINFOGのライブは、どちらも強烈に楽しいし、幸せな気持ちになる。そういうところが少し似ている気がする。その強烈な楽しさや、幸せな気持ちが忘れられなくて、すぐに見たくなるところとかも似ている。

あとから、SNSで、きくさんのギターがよしゆきくんに引き継がれたと聞いて、胸が熱くなった。
Instagramに「憧れの果てに得るもの」と書かれていたけど、本当に、そういう感じだったな。
すごくすごく、良いものを見た。

時間ないからアンコールは見られない…という予定だったけど、結局最後まで。
本当に本当に、行ってよかった。
ライブ終わりに池袋のバス乗り場まで連れて行ってくれた友達には感謝しかない。おかげで最後まで見れた。

来週の福島も楽しみ。
INFOG、次は、どこで見れるかな。早くその日が来ますように。

2017/2/12 八食センター 「八食感謝祭2017」Interloper/yoshiyuki suzuki(INFOG)/笠原健太郎(Northern19)/THE LOCAL ART/SWANKY DANK/MINAMI NINE/HOTSQUALL

2017/2/12 八食センター

「八食感謝祭2017」
Interloper/yoshiyuki suzuki(INFOG)/笠原健太郎(Northern19)/THE LOCAL ART/SWANKY DANK/MINAMI NINE/HOTSQUALL

IMG_7272


写真は八食の酒屋さんで売っていた、手のひらサイズのハーブ入りのお酒。170円くらい。
ものすごい強烈な草の香りなのだけど「翌朝すっきり」の食後酒らしく胃薬味。
八食センターライブ会場に敷かれていたゴザの上で撮影。

「ゴザの上でライブって慣れないかもしれないけど」というMCがあったけど、八食感謝祭at八食センターは毎年ゴザだし、ASAMIYAもゴザスタイルなので地元民には馴染みのスタイルなのだった。あのゴザの使い込んだ感じがたまらない。子供のころに親戚の家や公民館なんかに行った時の感じがして、なんだか落ち着く。

同時期に開催されている写真展を見てから、2Fへ。
今回の写真展は、今までより、バンドマンひとりひとりが映っているものが多くて、どれも表情がすごく素敵だと思ったけど、なかでもInterloperは、地元のバンドとかそういうの抜きに見ても、すごく目を引いた。ステージ中央からお客さんまで映った1枚があって、それがすごく印象的だった。
日曜のトップバッターは、そのInterloperだった。
アコースティックでも、やっぱり雰囲気良くって、聞きごたえある。

INFOGのよしゆきくんが一番最初の曲に選んだのは、「八食で最初にやった曲」だった。
日記書いてない頃だから半券くらいしか残っていないけど最初に見た時のこととか、やっぱり去年の八食とか。すごく響いて綺麗な声だから、室内も良いけど、やっぱりまた外で聞いてみたいしROXXでも見たいので、八戸に来てくれるのを楽しみにしている。先日アコースティック直前になって行けなくなってがっくりしていたんだけど今回聞くことが出来て良かった。聞きごたえあった。
とりあえずマスピでINFOG見れる、はず!マスピのタイムテーブル早く出ますように…。

健太郎さんは前回同様、リクエストをいろいろ受けてくれてた。あれは本当に凄い、毎回凄い。
今回は、oasis、COUNRY YARD、SECRET 7 LINE、星野源、エバヤン、ジュンスカだったかな。
ジュンスカをリクエストしたのはうちの旦那だったんだけど非常に喜んでいた。

そしてTHE LOCAL ARTは今日も熱かった。いろんなものが小道具に使われていたけど、なかでも脚立が大活躍していた。たぶんこんな書きかたじゃ何も伝わらないだろうけど…。脚立が印象に残るのは仕方ない…。熱量が凄くて圧倒された。

SWANKY DANKが、「DESTRUCTION」という曲をやったんだけど、あまりに良かったので、演奏してる最中に旦那と「これはもうCDを買いましょう」という話になった。ライブ中にそういう話をしたのは初めてかも。曲名が分からなかったので、次に演奏した曲のタイトルをメモして、物販に聞きに行ったら快く教えてくれたので既にCD手配済み。楽しみ。

MINAMI NINEは、八食のとき、ちょうど中に入ってしまって見れなかったので今回が初めてだった!
MCめちゃくちゃ楽しかった。なんだろう、ゆったりした感じがして、暖かかった。何年か前から気になっていてROXXにもたくさん来てたのにタイミングが合わず見れていなかった。個人的に「ついに」という感じだったので余計楽しかった。

日曜日のトリはHOTSQUALLだった。
いろいろ考えたり思ったりしながら見てた。MCや歌が熱くて、聞いてて涙が出そうになった。最後に、あのゴザの上でみんなでサークル作って、靴や服や缶を避けながらぐるぐる回って、夏みたいで楽しかった。まさかゴザエリア全部でやるとは思わなかった…。

今の段階では、まだ、今年の八食サマーフリーライブが開催されるかは発表になっていない。
もちろん絶対に開催してほしいと思っている。
今年の夏もライブがあって、それでまた冬に感謝祭があって、そうやってずっと続いていきますように。もしかしたら自分がいつか行けなくなる日が来たとしても、いろんな人にとってたからものみたいなあのフェスが、長く長く続いていきますように。いろんな人にとって夢の駐車場でありますように。

余韻がすごくて、もう土曜日の最初からやり直したいくらい楽しくて、
サマーフリーライブみたいな二日間だった。


2017/2/11 八戸ROXX 「ROXX八食感謝祭2017」 rhyrhyrhythm/INFOG/HOTSQUALL/Re:Turn/SWANKY DANK/THE LOCAL ART/Northern19

2017/2/11   八戸ROXX

「ROXX八食感謝祭2017」
rhyrhyrhythm/INFOG/HOTSQUALL/Re:Turn/SWANKY DANK/THE LOCAL ART/Northern19

IMG_7279


今年も八食感謝祭の時期が来た。土曜日はROXXで13時30分からのスタート。
トップバッターはrhyrhyrhythmだった。哀歌からのPRIDEという流れが、普段ない感じで凄く良かった。そして、もちろんhumanは最高なのだった。いつかrhyrhyrhythmが八食サマーフリーライブに出たらいいな、と私はずっと思っている。今年じゃなくて来年でも、いつでも。

最初の1~2年は余りバンドも良く知らなくて「八食で見たバンド=好きなバンド」だった。それが少しずつ好きなバンドが増えていって、好きなバンドが八食に出たらいいな、と思うようになってきた。だから前以上に「八食サマーフリーライブが続いてほしい理由」が増えてきた。

INFOGも、また八食サマーフリーライブで見たいバンドの1つ。初出場だった去年のライブも印象的だった。9/13にINFOGを見てから約5か月経つけど、見るたび凄くなっている。演奏もだし、声も、すごく耳に残って余韻が強い。八食の時のことを思い出して少し泣いた。どんどん進化していく人たちを見るのって、ものすごく刺激になる。

HOTSQUALLを見ている時も、やっぱり去年の夏を思い出した。
台風が来ていたとはいえ、「HOTSQUALLのときだけ」なかなか見ないレベルの土砂降りだった。あれは凄い。夫は土砂降りの中、HOTSQUALLを見に行ったんだけど私は八食の入口にいて聞いてた。
それがものすごく鮮明に蘇った。

そういえば最近Re:Turn見てない、と思ったら、この日がRe:Turnの2017年初ライブだった。
新曲の2曲目が凄く良かった。南国っぽい、と思いきや気が付いたらRe:Turnっぽかった。新曲増えたら新譜出るだろうし楽しみにしている。SiMのMAHさんが、「冬の感謝祭見ずにトリはやれない」と言っていたという話があって胸が熱くなった。2015年の感謝祭MAHさんが2日とも見に来ていて、ずっとにこにこしていたのが印象に残っていたからだ。そういう流れでの2015年トリ、2016年トップバッターなのか、と。知らないところでドラマだらけだ。

SWANKY DANKは音源を聞いたことはあったけどライブは初めてだった。
「これは好みだ」と気付いて音出しの段階で、ぞくぞくした。音源も、とても大事だけど、やっぱりライブで直接見るのは大事だな、と改めて思った。あと、その見た時の気持ちや状況などでも、いろいろ違うんだなと。
それはTHE LOCAL ARTも同じ。前に見た時よりも、すごく沁みた。たぶん受け止める私の側での変化なのだろう。熱かったし、かっこ良かった。

Northern19のSTAY YOUTH FOREVERが好きで、聞くたび嬉しい。…最後のころには足腰が痛くて痛くて立っていられなくて樽に座っていて全然STAY YOUTHじゃない私だけど、それでも。

今回は土日とも八戸はすごく暖かったけど、それ以外の地域に雪が降ったりしていて、来るのも大変だろう。真冬の八戸は、住んでる側からしたら、来るのをオススメしたいとは思わないレベルで寒いし、道路も悪い。それでも来てくれる人達って本当にすごい。

演者、客、スタッフ、関係者、それぞれ抱いている思いは違うところもあるかもしれない。
でも多くの人が、続いてほしくて、続けたくて、って願っているだろうし、私もそのひとり。
私に出来ることはとても限られている。
それでも、続いていくために出来ることがあったらいいな、と思っている。