on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

FULLCOUNT

2017/7/1 八戸ROXX The Students/Bright ling/kamigakari/FULL COUNT/the anagram

2017/7/1  八戸ROXX

the anagram presents
【愛を込めて花束を】

The Students
Bright ling
kamigakari
FULL COUNT
the anagram

IMG_9213

the anagramの企画ということで、ROXXへ。
FULL COUNT以外は初めて見るバンドだったのだけど、途中飲みすぎにより外で涼むはめになってしまうくらい、楽しい夜だった。

IMG_9175


FULL COUNTの勢いには、いつも圧倒される。
(様々な意味で)何が起こるか分からなくて、楽しくて、激しくて、「ライブ」って感じ。
言い回しは少し違うかもしれないけど、ずっと前に何かの打ち上げのとき、
「演奏しに来てるわけじゃなくて、ライブをしに来てる」
というようなことを言われた記憶がある。
メンバー以外が演奏してたりするものね…っていう意味ではなくて、本当に、見ている私も、
「ライブ」
を見てる感じがたまらない、と思っている。

the anagram、vo.の声が、とてもかっこよかった!
最後の2曲が、Superflyの、
・愛を込めて花束を
・タマシイレボリューション
だった。
これがもう最高だった。
もともとSuperfly好きなので、それはもうテンションがあがってしまい、わくわくした。



この日は、入り口にお花があったり、こういうお花を、メンバーがつけていたり。
IMG_9208

お別れの日が、少しずつ近付いていることを、とても寂しく思う。

でも、実は知り合ってから1年くらいしか過ぎていないのだった。
(Twitterでは、もう少し前から繋がっていたはずだけど、それでも実質1年半くらいでは)
それなのに寂しく思えるというのは、私にとって、二人と出会えたことが、「とても良い出会い」だったということ。そういう出会いに恵まれたことを幸せに思う。

お別れ近くに会ったら寂しくなるから本当は行かない気だった、この日。
でも結局行っちゃったし、9日も行くことにしちゃった。

本当はもう少し書こうと思ってたけど9日も行くから、また改めて。

和やかで、楽しくて、とても良い夜だった。

2017/1/21 八戸ROXX FreakyStyles/ダイナミック四畳半/Sandline/OCHIMUSYA/FULLCOUNT

2017/1/21 八戸ROXX

FULLCOUNT 企画 ライブやるえー!vol.2

FreakyStyles
ダイナミック四畳半
Sandline
OCHIMUSYA
FULLCOUNT

IMG_7104


この日はONE OK ROCKのチケットが一般発売開始。
2分くらいで売り切れて買えずに二度寝して起きたら14時。
妹が来て遊んで行って帰ったのが16時。
16時から17時まで、1000文字の仕事を1本やって、風呂洗って犬の散歩に行って風呂に入ったら遅刻した。

FreakyStylesは最後の数分しか見ることが出来なかったけど、
ベースが私好みの音だったので、遅刻を後悔した。

ダイナミック四畳半、名前は知っていたけど初めて見た。
ガールズバンドだったので衝撃を受けた。
女の子だけのバンドって初めて見たような気がする。
ジェットにんじん衝撃的すぎた。面白い。

Sandline、今回は少し流れが違ってて、私は良かったと思う。
前回のSeptaluckとのライブ、移動日だったので行けなかったのが悔やまれる。
見たかった…。

OCHIMUSYA、楽しくて安定のかっこよさだった。
また新曲が出来たら、という話があったので、曲作りしているのかな。
聞けるのを楽しみにしている。

そしてFULLCOUNTは面白かった。やっぱり面白かった。
ステージから降りてくるだろうからって前のほうガラガラなのが、もういきなり面白かった。
数曲終わり、MCかな、と思いきや、じゃんけん大会が始まり、あっさり負けた。
ライブで「りんごジュース」とか「米」とか「トレーニングウェア」をプレゼントするバンドって、他にいない気がする。
最後の曲はメンバー以外が乱入して演奏するという豪華仕様。
新年早々たくさん笑った。

ライブが終わってから、めずらしく「ライブについて」の話になった。
曲とか演奏の流れとかについて、みたいな内容。とても楽しかった。

普段私は、あまりそういうのには言及しないけど、それには理由がある。

客は基本的に、「Don't think. Feel」でいいと思っているからだ。
私の場合は、良いと思えば何度でも見るし、好みでなければビッグネームでも見ない。
気持ちがいい音楽を感じるのが楽しいし、それをしたくて通っている。

こういうふうにしたら良いかも、みたいなことを思うことはある。
でも、駄目出しを含めて、そこを言うのは客の私がやることではないと基本的には思う。
だからブログでもTwitterでも良い話しか書かないし、「楽しい嬉しい面白い」以外は書かないことにしている。
書こうとしたら書けるかもしれないけど、評論家じゃないし。
音楽に関する記事を別なところで書くならその限りじゃないけど、好きで見に行っているものに関しては、そういうのはしない。

話は少し変わるけど、
よく他のバンドや音楽と比較して褒めたり貶めたりする人がいるけど、それは苦手。

それぞれ別なバンドなんだから、比べる必要はないと思う。
お互い刺激を与えあうのはいいけど、それぞれが良くなったらそれでいい話だから。

好きなら見るし褒め倒すし、また行く。
何とも比べない(ようにはしている)。

…そんなスタンスだけど、やっぱり昨日みたいな話をするのも大好きなのだった。
良いと思ってるバンドが、さらに良くなろうとしているのだから、それは楽しいに決まっている。

そういう楽しい日だったので、飲んで、ラーメン食べて、また飲んで帰宅したら4時だった。
来月はライブが続くので、お酒飲みすぎないようにしようと思う。


 

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』
たびらい旅行・ツアー予約
★LOLIPOP★
ネットショップの開業ならカラーミーショップ

-------------------------------------------------------------------
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-------------------------------------------------------------------

2016/12/17 ROXX rhyrhyrhythm/Interloper/OWEAK/waruagaki/ROYAL HARMONIX/FULLCOUNT/Sandline

2016/12/17 八戸ROXX

rhyrhyrhythm レコ発
“HC PRIDE vol.1 rhyrhyrhythm 1st DEMO-PRIDE-発売記念LIVE”

Sandline
FULLCOUNT
ROYAL HARMONIX
waruagaki
OWEAK
Interloper
rhyrhyrhythm

Cz1zODvUQAAsMl9


17時30分、OPENの直後にSandlineからスタート。
今回Sandlineはオープニングアクトということで時間は短め。
先日のレコ発も良かったけど、今回もすごく良かった。
もっと見たいと思った。

FULLCOUNTは今回も凄かった。
よくWODの前にやる仕草をしていたから、てっきりWODかと思いきや…そのままフロアに降りてきて歌ってた。なぜ私もFULLCOUNTでWODと思ってしまったのか…しかしあの仕草を見たのは過去3回のみ。
SiMで2回とワンオクでのWOD前だけ。
それにしてもFULLCOUNTのライブは強烈だと思う。
「曲をやりにきたんじゃない。ライブをしにきた」
という話を聞いた。まさに「ライブ」だった。
とはいえ、笑ってしまってちゃんと聞けてないことも多いけど、私は曲も結構好きなのだった。
デモのうち1枚は私がGET。ありがとうございます。

ROYAL HARMONIX、相変わらず透明感のある歌声。
今回、ROYAL HARMONIXでは物価で、【CBHプロジェクト】ということで、缶バッジとラバーバンドのセットを販売していた。
趣旨に賛同したので勝手に紹介させてもらうけれど、【CBHプロジェクト】とは、ROYAL HARMONIXのライブに足を運んでいたかたのためのもので、急性白血病と闘う彼のために何かしたい、という気持ちから作られたプロジェクトだとのこと。
私と夫も、それぞれ購入。

病と闘う彼のことを、私は直接は知らない。
でも、もしかしたら同じ時間をROXXで過ごしていたかもしれない。
そう考えたら、なんだか他人ごとには思えなかった。
あと、なじみのお客さんのために動こうとする、ROYAL HARMONIXの気持ちを素敵だとも思った。
なので、少しだけど協力させてもらった。
全快して、またROYAL HARMONIXのライブを楽しむことができる日が来るのを心から祈っています。

waruagakiの「世界はときどき美しい」がすごく好き。聞くたびに深みが増してく気がしている。
なんだかんだで青森県内のライブハウスってROXXしか行ったことがないので、来年は弘前にも行けたらいいなと思っている。

OWEAK…初かと思いこんでいたけど実は2回目。
旦那が言うには5exitのツアーで見ていたらしい。
その日のことを、うちの旦那が、まるで昨日見たかのように詳細に話していて、びっくりした。
当時はブログもやっていなかったので記録はしていなくて、記憶力の悪い私は全く覚えていないのだった。
もともと記憶力が悪いのでブログを始めたのだから仕方ない。
そして結構好きな感じだったので、また見れる日を楽しみにしている。

Interloper、始まるとき、きゃーって歓声が上がっていた!
わかるー。
昨日もセクシーだった。私の前にいたかたが下がったので、たまたま最前で見れたけど、このぶんじゃいつか最前は取れなくなりそうだし、いつかそうなったらすごく熱いな、と思ったのだった。

そしてrhyrhyrhythmのライブは、やはり良かった。
今年の4月に初めて見た時のことを少し思い出した。
普段私は後ろのほうでライブを見ることが多いのだけど、思わず前に出たくらいに衝撃があったのだった。

昨日は、すごくたくさんお客さんが入ってた。
一番前で見ていたけど、途中何度か後ろを見たら、ものすごくたくさん人がいて、楽しそうにしてた。
愛されてるなーと胸が熱くなった。
レコ発おめでとうございます。
デモが出て、レコ発があって、というタイミングに居合わせることが出来て良かった。
レコ発直前の、みんなのtwitterでの「待ち遠しい感」も凄く楽しかった。

2016年のライブ納めが、rhyrhyrhythmのレコ発で良かった。


2013年の八食フリーライブから、ライブハウスに足を運ぶようになった。
でもツアーバンドを中心に見ていたから、今年になるまでは、ROXXでのライブは意外と少なかった。
けれどrhyrhyrhythmを知ってから、少し変化したように思う。
rhyrhyrhythmのライブに行くようになって新しい出会いもたくさんあったし、地元のバンドを見る機会も増えた。
そう考えると、今年は良い出会いだらけだった。
ONE OK ROXXでも新しい出会いが多かったな。刺激的な1年だった。
まだまだ私の知らない素敵なバンドがどこかにいるかと思うと、わくわくする。

すごく価値のある1年だった。

来年が、今年以上に素敵な出会いだらけの1年になるように願っている。
-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----




2016/11/13 ROXX sandline/Interloper/サカサマハリネズミ/FULLCOUNT/rhyrhyrhythm

2016/11/13 八戸ROXX

sandline レコ発

Interloper
サカサマハリネズミ
FULLCOUNT
rhyrhyrhythm

CxJEJZ8UAAA6Gio



10月にも3日連続でライブに行き、
非常に疲れたうえに風邪を引いてつらかったことから、
「もうしばらく3日連続は行かない」
と言っていたのに、舌の根も乾かないうちに3日連続。

直前まで「行くかどうか」悩んでいたけど、
結果的には、行ってよかったと思っている。

13日のライブは、すべて地元バンド。
すごく楽しかった。

Interloperはライブ久々だと聞いたけど、
そんなこと感じないような熱量だった。
最前で見るつもりだったのに、
隙間なしで入れず。
行った時間が少し遅かったうえに、
外でだらだら遊んでいたから、仕方ない。
次見れるの楽しみ。次は前で見る。

今回初めて見たのが、サカサマハリネズミ。
「内側からあっためるようなライブをします」
という言葉の通り、ほんわかしたライブだった。
MCのとき、
「MCが下手なので」
という話をしていた。
確かに、すごい上手!という感じではなかったけど、
私が大好きな某バンドもMC迷子になったりするので、
そんなことは気にならないのだった。
すごくきれいな声だと思った。

FULLCOUNTは…FULLCOUNTは、やっぱり「持ってる」。
普通ライブの1曲目で、差し歯が取れるなんてことがあるだろうか。
未だ見たことない気がする。
いきなりもごもごってなったかと思ったら、
そんな事件が起こっていて、
開始早々面白かった。
面白い曲をやっているわけじゃないのに、面白すぎる…。
次も早く見たい。超期待。

そして、この日のrhyrhyrhythmも熱かった。
油断していたら、後ろが大変なことになっていた。
モッシュあるしダイバーあるし、
わあわあ遊んでめちゃくちゃ楽しかった。
前回に続き新曲をライブでやってて、
すごく良いなーと思った。
そして終わった後に、後ろから「かっこいー」と聞こえてきて、
そうだよねそうだよね、と勝手にニヤニヤした。
来月のレコ発楽しみ。

ラストは当然、レコ発のsandline。
初めて聞いたとき、「好きな感じ」と思ったので今回行ってみた。
行って正解だった。
曲も演奏も声も好きな感じだった。
前回見たときよりも良かった。
本人たちの調子とかは私の関与するところではないので分からない。
でも、前回よりも楽しそうに見えた気がした。
今回CDもらってきたので、
たくさん聞いて、またライブに行きたいな、と思っているところ。

地元の企画に行くようになったのは、
今年になってから。

行くたびに新たな発見があって、楽しいと思う。
来年も、こういう機会があったら、
どんどん行ってみたいなって思っている。

先輩後輩っていうの、わたしは、あまり関係なく生きてきた。
だから余計に、見ていて和むのかもしれない。

野次りながらも、お互い大事にしている感じがした。
いいなあと思った。

そんなわけで、
行ってよかったな、と改めて思ってる。







-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----




2016/8/7 八戸ROXX/HSFL SECURITY 2016 day2/ROYAL HARMONIX/rhyrhyrhythm/FULLCOUNT/LOVESTRUCK/sandline

image
















※写真は2013年のhsflです。

HSFL SECURITY 2016 day2

・ROYAL HARMONIX
・rhyrhyrhythm
・FULLCOUNT
・LOVESTRUCK
・sandline

普段なら、どんなに昼間暑くても夜には気温が下がる。
それなのに8/7は、朝からの強烈な暑さが夜になっても続いていた。外よりROXXの中にいるほうが涼しい、というのは、滅多にないように思う。

startに間に合わず、ROYAL HERMONIXが終わる直前に入った。
入ってすぐに、最前列にセキュリティが4人整列して、飛んだ子を受け止めたりしてて、そういう企画なのかと少し焦ったんだけど、その曲のときだけだった。面白かった。

2番目のsandline、思わずふらふら前に行ってしまうくらいに、良かった。歌も曲も好きな感じだったし、なにより、演奏してるときの笑顔が印象に残った。音源聞いてみたいなーって思って翌日になって探しちゃったくらいだ。
終わってから周囲に「すごく良かった」って話したら、「好きそうな感じだもんね」と言われた。
でも、少し違うんだよ。
「こういうジャンルだから」「こういう声だから」というのは、好きになる要素の、ごくごく微細な部分でしかない。
作り出す雰囲気や、見ているときの気分も何もかも全部ひっくるめて良かったら、また見たくなるんじゃないかなーと思っているし、sandlineを見て、また見たいと思ったのは、そういう全部が良い感じだった気がする。

LOVESTRUCKが休む、というのは初耳だった。
「年を取るほど、続ける理由も、続けられない理由も出来る」という(確か大月さんの)言葉を思い出した。
ラブストは若いけど、たぶん年だけじゃなく、そういうものなんだろう。
ROXXに通うようになってからは頻繁に見ていたので、とても寂しく思う。
ただ、さきちゃんが、解散も出来るけど休止、と言っていた。
とても前向きと思う。
いろいろ事情はあるだろうし、続けるのが難しい時期もあるだろうけど、
いつかまた戻ってきてくれるときを楽しみにしたいな、と思っている。

そしてrhyrhyrhythmは昨日も熱かった。
見ててテンション上がる。rhyrhyrhythmのライブは熱感があって好き。
MCで「いつか八食」って話をしていて、わくわくした。
わたしも「いつか八食で見たい」って思ってる。そうなる日を楽しみにしている。

バンドや、人によって、スタンスは様々だろうから、必ずしも明確な目標なんてなくてもいいし、楽しかったらそれが答えなんじゃないかと感じている。そして、そういう様々な部分に共感して好きになったり、相容れなくなって離れたりするものだろうし、それでいいんだと思う。
でも、見ている側も含めて、進みたい場所があるほうが熱くなれるし楽しさも増すと思うから、
本当に、いつかそうなればいいなあと昨日思った。

ああ、それで思い出したけど、F.A.DでUNLIMITSの大月さんに出くわしたので、
「UNLIMITSのレコ発で、対バンがrhyrhyrhythmなのが、すごく嬉しい、ありがとう」
と言ってきた。言わなくてもいいかもしれないけど、言わなくちゃ伝わらないしな。
今から、すごく楽しみにしている。

FULLCOUNTが始まるとき、「農業系バンド」って話が出て、「なぜだ」と思ったんだけど、あとから思い出した。
去年チケットに米が付いていた!(細かいニュアンスは違うかもだけど)
物販で米って斬新だった。
(でも八戸はチケットに寿司が付いたりもするから、
もはや何が普通で何が特殊なのかもわからなくなりつつある)
そして昨日は、物販にプチトマトが出ていた。
image
我が家は大量に収穫中なので貰っては帰らなかったけど、その場でいただいた。
甘くて、色が濃くて綺麗で、おいしかった。
ライブは、勢いが凄くて楽しかった。
最後のあたり、何人か同時に飛んで同じ場所に落ちる、っていうあたり頬が痛くなるくらい笑った。
FULLCOUNTのとき、ヤジが結構飛んでいた。
「愛情こもったヤジとか意味わかんねえし、うるせえよ」って、いつもは思う。
でも、どういうわけだか昨日は不快に感じなかった。いいライブだった。

今年に入るまで、地元バンドだけのライブを見に行ったことがなかった。
ライブを好きになったきっかけを考えたら特に不自然なことじゃないし、それはそれで楽しかった。
でも、そのおかげで、いま新鮮な気持ちで、こういう企画が楽しめるのかもしれない。

ライブ終わってすぐに流れたBGMが、G-FREAK FACTORYの「日はまだ高く」だった。
そのとき、口ずさんでいるひともいたし、跳ねているひと(=わたし、旦那)もいたけど、
みんな、ほとんど、普通にしてて。
で、「魔法のように」のとこだけ、結構な人数が、きれいに揃って歌ってた。
胸が熱くなった。
ちょっとしたことかもしれないけど、きゅんとした。
あれが「日はまだ高く」であることに、すごく意味があった気がしている。

せっかく誘ってもらったのに、最後までいられなくて残念だった。
もっといろんな話を聞いてみたかったなー。
すごく充実した時間だった。
バンドっていいよねえ、夢があるよねえ、という話をしまくってた。
「いまからでもやってみては」って話があったけど、さすがに無謀だから生まれ変わってから頑張ることにする。
でも人の追う夢を見ているだけでも、結構幸せな気がしている。