on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

仙台

2017/3/11 仙台 MASTER PEACE'17

2017/3/11 MASTER PEACE'17

昨年同様、今年も3/11はMASTER PEACEへ。
「ただただ楽しんでください」と主催者からのコメントにあったように、ただただ楽しむために行ったけど、やはり何度も何度も当時の記憶が蘇った。自分自身のことだけではなく、見知らぬ人のことも。

震災から4年後。岩手県内に住む人々の体験談を、文字に起こす仕事をしていた。淡々と語る人、話せなくなる人、大きな津波に人生で3度遭遇したことがある人、家族を目の前で失った人、特に被害がなく冗談交じりに話す人、震災を機に移住した人…それぞれの3.11について、たくさん聞き、自分の脳と手を通して文字にした。直後も、物資や手紙といった活動には参加していたけど、あとから思えば、それが「私の出来ること」だったんだろう。
この日は私にとっては結婚(式をした)記念日でもある。お花をもらう。それ以外にはお祝いはしなくなってしまった。でも復興という観点から考えたら、被害があった地域での消費活動をする、というのはすごく意味があることだと思っている。

securedownload

今回は所用があり14時過ぎの到着。
JUNKBOXでリストバンド交換をしてMACANAへ移動。15:00~のDizzy Sunfist、到着した頃にはすごい人だった。ほとんど動いていない私ですら熱気で汗ばむくらい、フロアが熱かった。疾走感って、こういうことを言うのだろう、と思った。
ちょっとライブとは話が逸れるけど、翌3月12日に、神奈川県横浜市で、Dizzy Sunfistの機材車の窓ガラスが割られ、機材が一式盗まれてしまったと聞いて、とても憤りを感じている。あんなまっすぐ頑張っている人たちが、こういう目に遭うなんて、やりきれない。→詳細
なんとか見つかってほしいし、犯人は逮捕されてほしい。
こういう目に遭っても、翌日のマスコロで良いライブをしたと聞いて、凄いと思うし尊敬する。絶対に解決してほしいと願っている。

ディジーのライブを見たあと、OVER ARM THROW待機のために、すぐJUNKBOXに行った。ちょうどバックドロップシンデレラのライブが始まった直後に中に入ったのだけれど、これが、とても楽しくて早めに移動して大正解だった。
ステージとフロアの一体感がすごかった。みんな気持ちいいくらいの掛け合いしてたし動きも楽しそうで、見ていてうきうきした。曲自体も好み。また絶対見たい。こういうのがサーキットの面白さだな、と思った。方向音痴だからサーキットは苦手だけど、それでも行ってしまうのは、こういうのがあるからなんだろう。

OVER ARM THROWは、去年は曲数少なかったけれど、今年はなんと9曲もやってくれた。
行きの車中で、聞きたい曲として、Chime、Music、Stardust、TONIGHTあたりが挙がっていたので、大喜びした。久々にChime聞けたのが、もう最高だった…。しかし実際には、そう思う曲だらけなので、どれを聞いてもスペシャルなのだけど。
でも、やっぱり、八戸に限らず東北で聞けるのは、とても、とても嬉しいことだと思っている。
言葉に尽くせないほど。
幸せな気持ちでいっぱいだった。

そこからHOOKへ移動してINFOGを見た。HOOKに行ったのは今回が初めて。
最近INFOGを見る機会に恵まれていて、続けてみているのだけど、やはり清々しくて、うきうきする。聞いてて気持ちがいい。もっと良い表現がきっとあるのだろうけど、とりあえず私の中で今のところ一番ぴったりだと思う言葉が「清々しい」なのだった。
そして3/20の下北沢にも行くことにしていて全部手配済みなのだった。
自分でも面白いくらいにハマってきたので、しばらく勢いに任せて可能な範囲でライブに行くつもり。

そこからMACANAに戻ったら、ちょうどMOTHBALLがライブをしているところだった。
好みだったので中に入りたかったのだけど、ぎゅうぎゅうだったので少しだけモニターで楽しんだ。
次に機会があったら見てみたい。

そして待ち時間が「10~15分くらい」とのことだったので、MACANA隣にある串鳥で買い食いをしよとしたら、なかなか出てこなくて。…それはそれで非常に楽しかったし、焼き鳥はびっくりするくらいおいしかったので何にも問題はないんだけど、遊んでいる間にG-FREAK FACTORYが入場規制になっていた…。私はほとんど全部見たと思う(たぶん)。ごみを捨てに行っていた旦那は「EVEN」以外はモニター視聴だった模様。
茂木さんがフロアに来て、みんなでそれを支えて、MCを聞いているうちに、泣けて仕方なくなった。号泣している人がたくさんいた。
住んでいた地域によっては、震災と直接関係がない人もいると思う。でも、あの日、あの場所で、茂木さんのMCを聞いたときに感じたことを忘れたくないなあと思った。

ライブが終わった後は、MACANAあたりで、お酒を飲みながら、ずっとだらだら喋ってた。
久々にあんなにゆっくりお話したかもしれない。
そのあとまわりが関係者だらけになったので、瞬間的に「そろそろ撤収したほうがいいかな」とは思ったりもしたけど結局離れがたくて、ずっとだらだらした。楽しくて良い時間だった。

サーキットだし、もっといろいろ見れたら良かったのだけど、体力とタイムテーブルの兼ね合いでこんな感じで2017年の私の3/11は終了。

書きたいことも、書きたくても書かないことも、まだまだたくさんあるっていうくらい、ものすごく濃くて嬉しくて楽しくて素晴らしくて忘れられない一日になった。
災害があったこと自体は、つらくて悲しいことだ。二度と起こってほしくない。けど、まだ終わってない、何も。それを意識して繋げて忘れないために、こういうイベントがずっと続いてくれたらいいなと願っている。

2015/5/16 仙台 ONE OK ROCK

5/16(土)仙台、セキスイハイムスーパーアリーナ。ワンオクのライブでした。

(セトリは載せてません。あと詳細なMCとか内容も記載がなく、ただの個人的な感想ですので、ご注意ください)

会場ついたのが、16時50分くらい。
あまり早く行く予定でもなかったし、
だいたい予定どおり。

ワンオクのライブ行くのは今回が初めて。だから、どんな様子か分からなかったんだけど、まず車の多さにびっくり。そして果てしない物販の列に焦る。

image

このさきも、まだまだ続く。
売り切れてるものに×ついた看板を持ったひとが歩いていたけど、その看板では「パーカー全サイズ売り切れ」「Tシャツは残り1種Sサイズのみ、あとは売り切れ」みたいな感じだった。

が、実際物販行ってみたら、XLと、一部商品はなかったけど、まだ買えるTシャツもあった。
物販に友達がいると聞いていて、探して、見つけた瞬間さらに楽しさup!嬉しかったな。
...今回Tシャツ買う予定じゃなかったんだけど、やっぱり実物見ちゃうと欲しくなるんだよな...

18時スタートだけど、17時50分の段階で、まだ外にいて、会場入りはギリギリだった。今回はA-1、ステージ前のブロックだった。整理番号も早かったから時間で入っていたら、もっと前だったかもしれない。けど、ブロック内に入ってみたら、わりと余裕があり、かなり中のほうに行けた。

すぐに暗くなって、サポートアクト始まった。藤原さくらちゃん。19歳だって..。若いのに落ち着いていた。ジャンルだって少し違うからアウェー感あるだろうにな。落ち着いていて、すごかったなー。

終わって再度暗くなった。

ライブが始まる直前の緊張感が、やっぱり大好きだなあと思った。いまから大好きなものが見れるっていう期待と、少しの恐怖と。たまらない。

ライブは、音と光が凄かった。
TAKAの声はCDよりも更に更に綺麗だった。あの喉は凄い。まるで奇跡みたい。
ご両親からのギフトでもあるかもだけど努力すごいんだろうな。
発音綺麗だったなー。

ツアー始まったばかりだから、演出やMCや曲に関しては書かない。

あ、でも、壊れたベースをもらった男の子がいた!いいなー!
あのコが将来バンドとかやって、「昔ワンオクのライブでベースをもらったのがきっかけ」ってなったら素敵だな。

スタンディングなのは聞いていた。
で、2曲目には体がうずうずして、気が付いたらピット探していた。右側に見つけたときは、「素敵だ」と....。で、入ってた。バラード以外は全部跳ねてるかピット入ってた。
巨大なサークルモッシュだったなあ。で、激しいんだけど、痛すぎなかった。肘当てにくるひといなかったし、みんなニコニコで、とにかく入ってて楽しかった。

いつからこんなカラダになったのか、と自分で笑えた。いやわりと本当に。

ダイブなかったから、後ろ気にしなくて良かったしね。
(でもダイバー嫌いじゃない、実は。「うまく飛ぶなら全然ok」と思う。普段行くライブでも、踵落としとかは痛がりはするけど、ダイブ自体は楽しそうくらいにしか思わない)

わたしがいたブロック以外は分からないけど、いくつかピットあって、ごちゃごちゃ入ったり出たりしたけど、どこもイイ感じだった。

一回後ろにひっくり返った。
たぶんちょうどぐっちゃぐちゃになるタイミングで、「あーやばいな」て思ったら、一気に3人くらいが引きずりあげてくれて怪我ナシ。

で、アンコール1曲目で弾けすぎたら、終わってから過呼吸の手前並みにゼエゼエした。そしたら、横にいたひとが、かなり長くタオルで仰いでくれた。

いい感じだらけのライブだったなー。
なんだかたくさんハイタッチしたなー。

あっというまだった。

汗まみれになって外に出たら、すごく涼しくて気持ちが良かった。
...3分後には寒かった。

そこまで汗をかいたのは、PANのとき以来かな。酸欠で倒れかけたなー、あのとき。

みんなにこにこしていて、幸せそうで、わたしも幸せで、いい空間だった。頭の中が、その瞬間そのことしかない感じが気持ち良かった。

まあ普段のライブでも、そうなる。
ただ、このくらいの長い時間ぶっちぎりで1つのバンド見たのは1年ぶりだったから、やっぱりそういうのもいいよなーって思った。

誘ってもらえてよかった。
一緒に行った友達とも、久々に、ゆっくり長く話せて良かった。いや、ときどきゆっくり話してるか。でも旅はまた、何か違うよね、絶対に。

終わってから、ラーメン食べに行って、温泉入って爆睡。
ゆっくり起きて朝食とって、買い物して帰ってきた。
運転出来なかったり、寝言いびきあるから申し訳ないなあとか思いつつ、同室でだらだら余韻に浸るのはやっぱり幸せだった。

いまはもう、自分の家の、布団の中。
1秒ごとに筋肉痛が増していく。
でも、それすら余韻。

また仙台に来たら行きたい、絶対に。

わたしより年上のかたがたもいて、それにも勇気もらった。まだまだいけるかもな、って思った。

いい週末だった。幸せ。

2014/04/13 仙台enn2nd OVER ARM THROW(追記あり)

ずっと前から楽しみにしていた仙台、enn 2ndでのOAT。日帰り予定だったのを直前で変更。

やー、最高だった。
大好きな曲が、聞けた。
今までライブでは一回しか聞いたことないやつ。
イントロ聞いて飛び上がって喜んだ。
いや、嫌いな曲ないから、なんでも嬉しいけどさ。特に好きな曲だったし、聞けないと思っていたから、格別だった。

OPEN少し前に行ったら、面白いツアーに参加できた。店員さんビックリしただろーな。
すっごくいいタイミングだった。

わたしは、ライブハウスに通うようになってから日が浅いから、こーゆーのが普通なのか珍しいのか、よくわからない。
けど、タイミング良くてラッキーだったな。
つーか、実際は場所確認するのに、OPENよりだいぶ早く行ったね。んで近所のサブウェイで腹ごしらえしてから再度行ったのでした。

そーいや、横須賀のときもライブ前にキクさんに会えたのだった。

ライブは、OATだけじゃなく最初からめちゃくちゃ面白くてカッコよかった。
OATは、やっぱりやっぱり最高だったけど。
めちゃくちゃ飛び跳ねたから、足が今でも痛い。

痛い、と言えば、今回、ちょっと痛かった。いや痣は毎回だし、いいんだけど。
(今回は右膝と右手二箇所に巨大な内出血)
モッシュで弾かれたひとが飛んできて、柵前だったわたしは柵にあばらを強打。
ピシッと音がした。
ライブ中も痛んだけど上がってたから気にせず。終わってから、激痛。
寝るころには笑えない痛さだった。
でも次の日にはピーク過ぎてる感じだったから、たぶん酷い怪我ではないけど、まだ痛いから明日病院に行く。
今回、不可抗力だった。
不意だったから防げなかった。
けどさ、大丈夫だからいいけど、程度が違えば、大怪我になる可能性もあるよね。
他人も守らなくちゃならないけど、自分も守らなくちゃいけないよね。

毎回怪我のことMCで話してるのに、誰にも怪我しないでほしいって言ってるのにさ、最前列にいるなら余計に気をつけなくちゃ、だめなんだ。
怪我は、本人も大変だけど、それだけじゃないんだから、もっと気をつけなくちゃだめなんだ。
最前列にいたら隠しようがないし。

わたし、ステージから、客席って、見えてないって思っていた。いや、「見えてるのかも」て思うこともあったけど、照明もあるし実際そんなに見えないんじゃないかなって思い込んでた。
でも今回、思ってるより見えてることが判明した。

だから絶対怪我は駄目だ。
わたしたちが楽しんで帰るように、出演する側も楽しくなくちゃいけない。だから誰も怪我しちゃダメなんだ。
痛感したから次からも絶対気をつける。

でも今回は、こないだのお礼も言えて、良かったー。ほんとにほんとにタイミングが良かったなー。

いっぱい話が聞けて、伝えたいことが伝わって、嬉しかったなー。
すごく良かったなあ。
タイミングもあるけど、そんなふうなやりとりをしてくれるのが、素敵だ。

ほんとにほんとにほんとに大好きだ。

いろんなひとが、いろんなバンドを好きで、いろんな理由や思い出を持ってて....とか思うと、胸熱。

わたしもOAT以外に好きなアーティストあったけど、あまりにも遠くて、今まで、こーゆー感覚はなかったなあ。

ライブが終わっても、またすぐに次行きたくなるけど、でもOATは何日も何日も幸せな気分が残る。
楽しさやかっこよさだけじゃなくて、なんか幸せになる。楽しいし、かっこいいけど。

つぎは八戸だー。
怪我なく楽しむ!

※8月に追記※
このとき聞けた大好きな曲=The dancing rainのこと。初めて聞いたのは横須賀。

Bomb factoryがすっごくかっこよかった。
フロアにいる姿もかっこよかった。ライブまた見たかったから8月に行けて嬉しかった。

最初に出たバンド、上裸だったモヒカンなボーカルさんが、わたしと、右隣にいた子の間に身を乗り出して歌うもんだから、どーしよーかと戸惑い...横を見たら隣の子も同じ状態に。終わってから、ふたりで笑ったり話したりした。記念すべき日だった!5exitのときも出会いはあったけど、自分が話しかけたわけじゃなかったからね。この日をきっかけに少しずつ、いろんなひととつながりはじめた。新しい出会いは素敵だな。

あとから旦那の話と照合した結果、モッシュで弾かれたひと、ではなく、ものすごく暴れていたひとがぶつかった、が正解だった。
数日後に病院行ったら、あばらにヒビ入っていた。
このとき知ったんだけど、
「あばらにヒビ=肋骨亀裂骨折」
なんだってー。
全治2週間の診断だったけど、結局1か月ちょい痛かったかな。
まあカラダ大きいひとがぶつかったのだし、しかたないねー。
気をつけても怪我はする、て教訓になった。

この日は、ライブ中も、ライブあとも、なんだか時間がゆっくり流れていた気がする。
ずーっとがやがやしていて、ずーっとみんな笑っていて、長い時間、すごく幸せだった。

ホテル戻ってからも、痛かったけど、幸せな気持ちすぎて喋り倒してたな。
いい一日だった。
読者登録
LINE読者登録QRコード