on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

音楽

2018/1/9 仙台MACANA OVER ARM THROW/dustbox

2018/1/9  仙台MACANA 
"Pressure TOUR 2018"
w/z dustbox

IMG_3832

2018年3本目。
Pressure TOUR では5本目。
このあと、ツアーは行ける予定がしばらくないため、いったん見納め(というつもりでいったけど、13日に神奈川編のチケット買って2月も行くことにはなっている。ライブ見た時点では、のお話)。

dustboxが対バンってことで、
idle noodles本物聞けて大変良かった。
あと、スガさんが「こいよー」って言ったのにフロアに飛び込んでいったのびっくりしたし面白かった。

MACANAはステージと柵の高さから、腕にめっちゃ痣ができるんだけど今回もで、ホテル戻ってから鏡見て爆笑したくらい酷かった。でも、それ、最中には全く気にならないくらい、熱くて楽しかった。

八戸で見るのも大好きだけど仙台でも見るのも大好きだ。
やっぱりそこに大好きなひとがたくさんいるからだと思う。
ライブはひとりで見ても楽しい。
でも好きな人たちと見ると、もっと楽しい。
たとえ並んでなくても、そこにいるってだけで。

仙台ではThe dancing rain至近距離で見れたのが
特に良かったな。
まあ一番前で見たらだいたいなんでも近いんだけど、そーじゃなく、これのとき前に出てくれたので。
八戸はUpside downが良すぎて言葉にならなかったなー。
旧譜だと、LamplightやFixed star聞けなかったの残念だったけど、別なターンで聞くことができますように。

4日間でライブ3本、って楽しい。
お金かかるし体は疲れるけど満足度は高い。
終わったら気が抜けたのか風邪を引いてしまったけど、いつもよりは元気。
すごく満たされた感じがするからだろうな、東北のターンだし。

そろそろ牛たんも満喫しすぎた感じがあるから、新しい店を開拓しよう。
ライブ行くようになるまでは、まさか、人生でこんなに仙台へ頻繁に来ることになるとは思わなかった。
好きな友達ができるとも思わなかった。
幸せなことだよねえ。

ライブで聴けても、聴けなくても、そういうことを考えるたびにyou are thereの歌詞を思う。
いろんなひとにめぐりあわせてもらったなーって。
それがずっと続くものなのか、はかないものなのかは分からないけど、
自分の中では大切に思っているので、
とても感謝している。

ツアー、次は神奈川編に行く予定。
ライブ予定は、1月20日と21日のFOR_ME。
年初のライブ3本がとてもよかったので、きっと今年も、いいライブがたくさん見れそうな気がする。

2018/1/8 八戸FOR_ME OVER ARM THROW/dustbox

2018/1/6  八戸FOR_ME
OVER ARM THROW
"Pressure TOUR 2018"
w/z dustbox

2018年2本目。
IMG_3779

Pressureツアーとしては私は4本目、2018年2本目のライブは、FOR_MEだった。
「まだライブ前なのに、デレすぎ」
と、えいじさんから指摘を受けてるくらい、ずっとでれでれしてた、そのくらい嬉しかった。
厳密にいえば私は八戸市民ではないけど、地元のライブハウス、となると、ROXXまたは
FOR_MEになるので、当然どこで見るよりも嬉しいのだから仕方ない。

前の日から友達泊まりに来たしで、ずっと遊び倒した。
(けど疲れてたので寝るのは子供並みに速かった)

缶の酒2本と、FOR_MEで飲んだ1本で、すっかり酔ってしまうくらいにご機嫌だった。
最前いるのにライブ中にトイレ行く、という有り得ないことまでした。
気を付ける。

dustboxを箱で見たのは1年ぶりくらいかな、もっとかな。
ジャイアントループや、いしがきでは遠くから見たんだけど。

好きなバンドのライブは、どこで見ても楽しい。
でも、地元だとさらに楽しい。
普段から
FOR_MEには大好きなひとがたくさんいるけど、
この日は、あちこちからみんな来てて、
もうどこに焦点を当てて喜んだらいいか分からなかった。
子供みたいにずーっと浮かれっぱなしだった。

好きなライブハウスの、好きな場所で、好きな人たちと、
(私はスピーカー横の、セキュリティが入る?あの隙間の前が大変好き)
好きなバンド見れるんだから最高だった。
これだけの要素が全部満たされるって、あまりない。

今回のツアーは、MCとか動画を公式がUPしてくれているのが、とてもいい。
全公演ちょっとずつでも見られるのは素敵だよね、行ける人ばかりじゃないからね。
どんなに好きでも行けないタイミングだってあるからね。

実は、このとき、私も、前々日の秋田も含めて、どうなるかわからなかった。
八戸はお友達も泊まるのでってことで、無理矢理行くことにしてたけど秋田仙台は本当に微妙だった。
だからこそ、余計、とてもとても、嬉しかった。

そして翌日は仙台。
ライブ終わっても、すぐまた次の予定があるって本当に素晴らしい。
というわけで翌日に続く。



2018/1/6 秋田LIVESPOT2000 OVER ARM THROW

2018/1/6  秋田LIVESPOT2000
OVER ARM THROW
"Pressure TOUR 2018"

2018年1本目。

IMG_3700

新年あけて1本目がOVER ARM THROWワンマン。
しかも誕生日の翌日。
私の野望である「いつか誕生日当日に好きなバンドのライブ」の夢は、今年も叶わず。
あと1日ずれてくれれば!笑
でも、お正月だからな、仕方ない。


冗談はさておき、年明けてすぐに東北に来てくれて本当に嬉しい。

秋田のLIVESPOT2000は2回目。前回はrhyrhyrhythmのライブだった。
ついたら入場が始まるところだったので、そのまま中へ。

やっぱりワンマンは格別。
MCもゆったりしてて回数も多いし時間も長いし、曲数も多いし。
新譜で曲が増えた分、それまでのワンマンならセットリストに入ってた曲が聴けなかったり。
「新曲が増えるってこういうことか!!!!」と思った。
当たり前のことかもしれないけど、私が好きになってからリリースは1回しかないので、気にしたことなかった!

でもそういうのは気にならないくらい、ただただ楽しかった。

ずっと「秋田にOAT来たら絶対に行く」って約束をしてた。
それがやっと叶って嬉しい。

この日は10時くらいの新幹線に乗り、12時半秋田着。
秋田を19時10分くらいに出て、八戸に22時ごろ着。
この日程だと、とても移動が楽。

ライブ始まる前は神社に行っておみくじをひいたり、カフェ行ってお茶したり、稲庭うどん食べたりした。
午後早い時間からのライブだと、「ついて少し遊んでライブ見て当日買える」ができるからいいね。
今後もいろんなバンドでそういうのが増えてくれると、行動範囲が広がるんだけどな。

このライブで新しい出会いもあって、すごく良い日だった。
笑顔がかわいいお嬢さんたちだった。
こういう、良い輪が2018年も広がっていきますように。

2017/12/24 八戸FOR ME NUBO/MINAMI NiNE/waterweed/Re:Turn

12/24(日)八戸FOR ME
”NUBO Christmas party for me”
w)MINAMI NiNE/waterweed/Re:Turn

DOwJl-aVAAA7Xht

ちょうど入った瞬間にミニスカサンタ姿のいっせいさんが登場したので、わりと混乱した。
とはいえ、忘れものして遅刻したことを、とても悔んだ夜だった。
アコースティックあり、フードありの楽しい夜だった。すごい人だった。

そういえば途中でプレゼントコーナーがあった。
それを後ろのほうでぼんやり見ていたら、呼ばれたのが私のチケット番号だった。
複数人に当たるのかと思ったら、そうではなく、1人だけ。
出演バンドからのクリスマスプレゼントつめあわせが入ってた。
ニットキャップやTシャツ、タオル、キーホルダーなどが入っていたんだけど、Re:Turnからは、ドリンクチケットが10枚だった。
そのドリンクチケットは、普段遊んでくれるみんなや、遠征で遠くから来てたかたがたと分けて、有意義かつ綺麗に使いきらせていただきました。Re:Turnありがとう。
他のバンドのプレゼントも大事にする。ありがとうございます。

クリスマスイブ。
家族や恋人がいたら一緒に過ごしたいだろう日。
そんな日に、遠くまで来てくれるのって、すごいことだ。

NUBOは2017年に八戸で2回企画をしてる。
どちらも、偶然その直前にライブを見に行ってて、ライブ前後に企画の話題が出たんだけど、
「すごく楽しみにしてる」
っていうのが伝わってきて、すごく嬉しく感じた。
客が楽しいだけじゃなく、演者も楽しいライブが、一番楽しい。
片側通行じゃない感じがするバンドって、本当に好き。

個人としては片側通行でいいと思っている。
「私はこのバンドが好き、でも別にそのバンドが自分のこと知ってるわけじゃない」
っていう状態が普通だし、それでいい。
ただ、フロアにいるお客さんがみんなそのバンドを好きで、そのバンドがフロアにいる人たちを好きで、みたいなのが好き、っていう意味合いで。
なんだろう、改めて説明しようと思うと表現が難しいな。
「個」の話じゃないんだよね。
フロア対ステージ、みたいなこと。
伝わるかな。
まあ伝わらなくていいか。

とにかく、そういうバンドを知ることができて良かったな、と思うのだ。

2017年のライブは、これで終了。
全部で77本。
2018年はどうなるか分からないけど、1年間、とても楽しかった。
遊んでくれた人たちや、良いライブ、良い場所への感謝を忘れずに2018年も楽しく過ごせたらいいな。

あ、NUBO、そろそろ、

Blisterson my foot

聞きたいです。いつか聞けますように。


2017/12/23 八戸FOR_ME rhyrhyrhythm/THE LOCAL ART/いなむら/STUNNER/kamigakari

2017/12/23
八戸FOR ME

rhyrhyrhythm pre
HC PRIDE vol.2
~THE LOCAL ART「白黒黄色」release tour~

rhyrhyrhythm/THE LOCAL ART/(いなむら)/STUNNER/kamigakari

DPYgulNVwAA2LEh

例年は横須賀で「年内のライブ終了」となることが多いんだけど、2017年は、その後も2本。
そのうちの1本が、大好きなrhyrhyrhythmの企画、HC PRIDE vol.2だった。
楽しくて飲みすぎた。

別記事にも書いた気がするけど、2017年は、30本あるrhyrhyrhythmのライブのうち27本行ってた。
行けなかったライブは、
・4/8 SKALL HEADS TOUR 2017
・7/16 BONDS(snatch企画)
・10/14 Azami DAWN Release tour 2017
の3本。
マイストファイナル、OATATATA、マイストACB、と日付が重複したり移動日だったりで行けなかったという理由付なので、かぶらなかったら全部行ってたと思われる。

世の中には、たくさんバンドがあって、好きになる理由は様々だし言葉では説明しづらい。
どんどん好きになって通うこともあれば、好きだけど時々しか見ないってこともある。
rhyrhyrhythmの場合は前者で、見れば見るほど楽しいし好きになる。
初めて見たときに受けた衝撃が今も続いている気がする。
予備知識なしで初めて見たバンドで、あんなに衝撃を受けたのは初めてだった。
この回数行ってても、毎回始まる前は、わくわくする。

2018年も、そんなふうに、毎回わくわくしながら見たいなーって思っている。

あ、この日のライブのこと書いてないな。
全バンド楽しかった!
いなむらさんがキャンセルになったのは残念だったけど、また別な機会でライブ見れたらいいな。
THE LOCAL ARTも、STUNNERも、kamigakariも良かった。
日本語詞、普段あまり聞いてないけど、言葉が分かるぶん、ぐっとくる。
ダブル脚立も見れたし、大変良い夜だった。

この日は、動画も写真も撮っていいよ、と、始まる前にしづおさんにいわれたけど、なんとなく出しそびれて、今に至る。もともとSNSにあげたくて撮ったわけでもないので、大事にしとこうと思う。