on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

音楽

2017/7/17  八戸七夕まつり rhyrhyrhythm

2017/7/17  八戸七夕まつり rhyrhyrhythm

7/17は八戸の七夕まつり最終日。
七夕まつりでは毎年路上ライブがある。
去年の記事をちょっと引用する。
---
八戸では、7月第3週に七夕まつりがあって、中心街の道路が歩行者天国になり、路上でのライブや、様々なパフォーマンスが楽しめる。もちろん夜店も出る。
普段は閑散とした中心街も、この時期は賑わう。
野外嫌いだけど祭りは好きなので、子供の頃から、毎年楽しみにしている。
雨率高いけど。
3年くらいは、出店やったりもした。

さて、わたしの大好きなrhyrhyrhythmが、七夕ライブをするということで、昨日行ってきた。
まさかの雨にヒヤヒヤしたけど、ちょうどrhyrhyrhythmの時は雨も上がっていた。
----

さて2017年。
朝起きてTwitterで聞いたときには、とてもきれいな青空の写真を送ってもらったりしていた。
しかし、その後に届いたのが、豪雨警報や土砂崩れ警報のプッシュ通知。

楽しく遊びつつも、ずっと八戸の天気が気に掛かっていた。
15時44分の新幹線で東京を出て、八戸へ。

IMG_9509

曇りだったけど、雨は降っていなかったので、そのまま中心街へ向かった。



この日のライブスケジュールは、こういう感じ。
(埋め込みで紹介します)

19時ごろ、ちょうどHachiROCK枠(JAP、MelancholiC、ネコ飼いたいわズ)が始まるあたりに到着。
普段ROXXで会う人たちが、ものすごく大勢来てて、にぎやかだった。

ライブは20時10分からだったけど、あっというまだった。
後ろのほうで小さい女の子たちが、ずっと飛び跳ねていた。
ライブで足を止めたらしい外人さんが、びっくりするくらい踊ってた。

私の記憶では、去年はもう少し音がクリアに聞こえた気がするんだけど、ちょっとくぐもって聞こえた感じがあったのが少し残念だった。しかし、それでもやっぱり、rhyrhyrhythmはかっこよかった。

去年は、知らない人ばかりの中で見た。
でも今年はrhyrhyrhythmのライブに行くようになって知り合ったひとたちと一緒に見ることができて、
去年より、さらにさらに楽しかった。

ライブって、
ひとりで見ても楽しい。

でも好きな人たちと見ると、さらに楽しい。

前日聞くことの出来なかった新曲も聞けて、とても嬉しかった。
この頻度で見ても全然飽きなくて、もっともっと見たくなる。

写真使っていいか聞き忘れたので、
セトリの上のとこだけ写真載せとこうっと…。

IMG_9569


八食のO.A.とても楽しみ!
勢いあまって参加バンドまとめ作る程度には楽しみ。
(【八食サマーフリーライブ】2002年~2017年参加バンドまとめ)

その前に弘前とRe:turnのレコ発初日も!

そのあと飲みに行って、楽しかった遠征は終了。
とても良い連休だった。
また来週も楽しみ!


デオシーク

じゃらんnet


2017/7/16 F.A.D  OATATATA!!! OVER ARM THROW/ATATA

2017/7/16  F.A.D YOKOHAMA
OATATATA!!!

OVER ARM THROW
ATATA

IMG_9437

3連休の中日だった7/16はOVER ARM THROWとATATAを見るためにF.A.Dへ。
OPEN11:30、START12:00という昼のライブだったので、朝6時台の新幹線で移動。
東京駅到着が9時半すぎ、横浜には10時台に到着。
まず何より今回は、この「三連休中日の昼ライブ」っていうのが最高だった。おかげで、うちの旦那が初めてF.A.Dに行くことが出来た。旦那に関しては、こういう日程以外では今後も関東は比較的難しいと思う。だから、すごく喜んでいたし、そういう人たくさんいるんじゃないかと思っている。

F.A.D、私は何度か行っているのだけど、友達がいなければ毎度迷子になってしまう。
今回どうしよう、と思っていたところ、少し前の電車で移動をしていた友達が改札のところで待っていてくれた。あとから電車で来る友達も「行けないなら待ち合わせようか」って言ってくれた。
待っていてくれた友達に連れられて無事に着くことができたし、そのうえ最前で見せてもらえて、さらに、まわりには好きな人ばかりいて、始まる前から幸せな気持ちでいっぱいだった。

ジャイアントループでもATATAを見ることが出来たんだけど、(2017/6/10 神金村 GIANT LOOP FES 2017)
当然ながら今回は時間も長くて満足度が高かった。
そして、star soldierでは、きくさんもステージに上がって歌ったんだけど…。
それを聞いたら、自分でも驚くほどに、涙が止まらなかった。
きくさんが弾き語りで歌ったのを機に、ATATAやstar soldierを知ったからだろう。
そして、そのころのことを思い出して涙が止まらない私の頭を友達がなでてくれた。
幸せだなって思った。動画がtweetされていたので、埋め込みで引用してみる。
それほど気にしたことはないけれど、もともと私が好きな音楽の系統にもっとも近いのが、最近見ているバンドの中ではATATA(とrhyrhyrhythm)。なので、見るたびに、そのかっこよさに痺れる。

そして、OVER ARM THROWのときは、なべさんがZINNIAを歌ってた。
これも、聞けたのが、とても嬉しかった。前回見れなかったの悔しかったから。


新曲が聞けたのも、すごく嬉しかった。
アルバム、出るんだなーって実感がわく感じで。

そして、久々にLamplightを聞くことが出来て、とても幸せな気持ちでいる。
前回聞けたのは2016年10月のワンマンのときだったので、9ヶ月ぶりくらいになる。毎回書いている気がするけど、もちろん他の曲も全部好きだし、どんなセトリでも嬉しい。それでもやっぱりLamplightは特別。良い曲だから、きっと、いろんなひとにとって特別で大好きな曲だ。いつかは、わたしのなかでも、順位が変わるかもしれない。それでも、いまは、世の中の全部の曲の中で1番特別だから、聞けると嬉しい。あの曲を聞くたび、いつも、頑張ったことや、つらかったことが報われたような気持ちになる。一番つらかったときに私を支えてくれた曲だから。
Lamplightが始まったとき、まわりにいた友達が、肩や頭を叩いてくれて、さらに嬉しくなったし、終わってから会った友達にも「良かったね」と言ってもらえた。そういうひとたちが周囲にいるのって幸せだ。

もちろんLamplightに限らず全部全部全部良かった。それはATATAも含めて。
あと一緒に行った友達が、初めてライブハウスでATATAを見て、良かったって言ってくれたのがすごく嬉しくってたまらなくなってる。

さっきInstagramの、いわしさんの投稿で、「まるでツアーファイナルみたいに出迎えられて」って表現があったけど、それ、すごく分かる。その投稿は旦那が見つけて、これすごく分かるから読んでって手渡されたんだけど、頷きながら読んだ。そう、毎回ツアーファイナルみたいな気持ちで見に行ってる。サーキットだろうと、フェスだろうと、ワンマンだろうと。私の場合は、ライブに行くようになってから4年くらいしか経過してないし、その時点ですでに36とかだった。このさき見れる本数は、いま10代20代の人に比べたら、微々たるものだと思っている。だって明日死ぬかもしれない。もうそういうことも視野に入れながら生きる年齢に差し掛かっている。だから1本1本をすごく大事にしている。たとえ次の予定があっても、それが最後かもしれないっていつも思う。たぶん「ツアーファイナル」みたいになる理由は人によって違うはず。ほかの人の理由は私には分からないけど、私は、そんな感じ。

あの投稿にあったように、お客さんがOATを愛してるのって、すごい伝わる。そこも私は好き。この頻度でライブ見ても全然足りなくて、始まる前は初めて行った時みたいにどきどきする。まわりのどきどきも伝わってくる。それとお客さんをすごく見てて大事にしてくれているのも感じる、それは時々じゃなく毎回感じる、だからとても好きなのかも。

わたしは、ときどき、すごく精神的に不安定になる。
そこをいま、なんとか乗り越えられているのは、
日常的に私の周囲にいて私が折れそうなときに支えてくれる人達の優しさと、
これをきっかけに知り合った人たちとの楽しい時間と、
こういう時々ある素敵な日のおかげだと思っている。
それがなければ耐えられない、きっと。

ライブが終わったら膝は腫れあがっているし汗まみれだし、ふらふら。
でも、外に出てみたら、まだまだ全然明るくて、太陽の光の下でみんなすごく楽しそうにしてるのを見て、一気に元気になった。
そういえば八戸でATATAが昼間ライブをしてくれたときも、そんな感じだった。

体拭いて着替えをして、そこからみんなで中華街に行って、初めて中華食べ放題をした!
いつもならライブが終わった後は大抵の店が閉まっていたり閉店間近だったりで、食べ放題までは難しい。でも、今回は、早い時間に終わったおかげで、ゆっくりごはんを食べて、いっぱいおしゃべりして、気が付いたら2時間も経ってたほどだった。こんなふうにゆっくり過ごせて、とても良かった。

もちろん、いつも、というわけには行かないと思う。
けれど、時々こういう機会があったなら本当に嬉しい。
そのとき、また行くことが出来たらいいな。

それにしても今回も本当に周囲に助けられたので、本当に感謝している。
最前行けたのも、そこで安全に見られたのも、全部まわりのおかげ。
そういうことに感謝する気持ち、ずっと忘れたくないし返していきたいなって思う。

いろいろ話は尽きないけど、毎度きりがないので、このへんで。

すごく会いたかった人にも会えた。
一日中楽しくて、本当に本当に本当に素敵な日だった。
昼間ライブしてくれてありがとう。

次は八戸かー、と思うと、それだけで泣けるくらい幸せ。

デオシーク

じゃらんnet

2017/7/9 A7 「青春革命」MelancholiC/ブレインストーミング/kamigakari/KAMIKAKUSHI/反抗鬼

2017/7/9  パワーステーションA7 
MelancholiC×ブレインストーミング共同企画「青春革命」

MelancholiC
ブレインストーミング
kamigakari
KAMIKAKUSHI
反抗鬼

DEQOKZgU0AA41qn

7/1のライブに行った際にお誘いをいただいたので7/9はA7へ。
実はA7に足を踏み入れたのは今回が初めて。
広くて、ほどよく暗くて、バーボンが飲める上に椅子もあったので好み。

夜からのライブだと勘違いして仕事の予定を入れていたので、大遅刻。
反抗鬼のラスト1曲(TENGAの歌?)と、KAMIKAKUSHIと、ブレインストーミングしか見られなかったけど、
行ってよかったなーと思っている。

TENGAの歌(綴りとか漢字とか違っていたらごめんなさい)。
MCの段階で何の歌なのかは分かった。

そしてタイトルを聞いて、昔オリコンの故・小池社長が、インタビューか対談で、
「男も女も(作詞などの創作という部分から考えると)セックスしたら終わり、そこで想像力が激減する」(要約)
というようなことを言っていたのを思い出していた。
「経験する前は様々な妄想が膨らむけど、経験すると想像力が止まる人もいる」(要約)
みたいな話。
実際年齢を重ねると想像力や妄想力は低下する人もいるとは私も思う。

…いや、経験の有無は正直どうでもいいのだけど、
「TENGAに思いを馳せる」
っていうのが、もう想像力の塊だし若さだし、強烈で、そういうのを少し羨ましく思ったりもした。

大人になってくると、本人の意思に関わらず、いろんなことを知る必要が出てくる。
その結果、仕事で、「雑誌」と同じレベルで「TENGA」って言葉を使わなくちゃいけないみたいなこともある。
もっといろんなことも。
そうなってくると、それを特別なものだと思えなくなってしまう。
…というわけで、そういう若い感性を「いいなー」と思ったのだった。
(朝から何を書いているのだろうか)

KAMIKAKUSHIは、
「もうしばらく見れないのか」
と感傷的になるのも忘れるくらいにかっこよかった。
つい最近はじめてライブを見たばっかりだったので、
しばらく見られないのが残念で仕方ない。
でも終わりだと言われたわけでもないし、終わってないならいつか見れる日を楽しみに待とうと思ってる。
寂しいけど、繋がりがなくなるわけではないのだから。



ブレインストーミング、初めて見たけども、
勢いがあって、声の通りが良くて、聞いてて気持ちが良かった。

終わって外に出て見たら、
高校生たちが楽しそうにしていて、
それを見てるだけで楽しかった。

IMG_9365

大人の打ち上げにも混ぜていただいて、
面白い話をたくさん聞いて、
KAMIKAKUSHI総選挙で盛り上がり、
(付き合ってくれた皆様すみませんありがとうございます)
大笑いして過ごした。

知り合えて1年しか経っていないけど、すごく濃厚な1年だった。
2人と知り合わなければ、私がROXXで歌うこともなかったと思う。

ここからは私信になるけど…
ものすごく貴重な体験をさせてもらえたし、
それを機に、いろんな出会いがあったし、
とてもとても感謝しています。
たった1年ほどだとは思えない。
そのくらい私には濃い日々でした。
引っ越して、様々環境が変わっても、
それぞれ前に進み続けていけることを心から願っています。

良い1日でした。

2017/7/1 八戸ROXX The Students/Bright ling/kamigakari/FULL COUNT/the anagram

2017/7/1  八戸ROXX

the anagram presents
【愛を込めて花束を】

The Students
Bright ling
kamigakari
FULL COUNT
the anagram

IMG_9213

the anagramの企画ということで、ROXXへ。
FULL COUNT以外は初めて見るバンドだったのだけど、途中飲みすぎにより外で涼むはめになってしまうくらい、楽しい夜だった。

IMG_9175


FULL COUNTの勢いには、いつも圧倒される。
(様々な意味で)何が起こるか分からなくて、楽しくて、激しくて、「ライブ」って感じ。
言い回しは少し違うかもしれないけど、ずっと前に何かの打ち上げのとき、
「演奏しに来てるわけじゃなくて、ライブをしに来てる」
というようなことを言われた記憶がある。
メンバー以外が演奏してたりするものね…っていう意味ではなくて、本当に、見ている私も、
「ライブ」
を見てる感じがたまらない、と思っている。

the anagram、vo.の声が、とてもかっこよかった!
最後の2曲が、Superflyの、
・愛を込めて花束を
・タマシイレボリューション
だった。
これがもう最高だった。
もともとSuperfly好きなので、それはもうテンションがあがってしまい、わくわくした。



この日は、入り口にお花があったり、こういうお花を、メンバーがつけていたり。
IMG_9208

お別れの日が、少しずつ近付いていることを、とても寂しく思う。

でも、実は知り合ってから1年くらいしか過ぎていないのだった。
(Twitterでは、もう少し前から繋がっていたはずだけど、それでも実質1年半くらいでは)
それなのに寂しく思えるというのは、私にとって、二人と出会えたことが、「とても良い出会い」だったということ。そういう出会いに恵まれたことを幸せに思う。

お別れ近くに会ったら寂しくなるから本当は行かない気だった、この日。
でも結局行っちゃったし、9日も行くことにしちゃった。

本当はもう少し書こうと思ってたけど9日も行くから、また改めて。

和やかで、楽しくて、とても良い夜だった。

2017/6/25 WAVE  Re:Turn/rhyrhyrhythm/Wishy-washy/bib/Jr.alcohol/Hungry13/チェスト

2017/6/25  盛岡change WAVE

「One day of a bridge」

チェスト
Hungry13
Jr.alcohol
bib
Wishy-washy
rhyrhyrhythm 
Re:Turn


Re:Turn企画で6/25は盛岡へ。

IMG_9003

初めて行ったWAVEは、横長で、思ったよりずっと広くて、綺麗だった。
ドリンクが比較的充実しているのが嬉しいところ。
+100円でジャックダニエル出してくれたので、ずっと飲んでた。
お酒がおいしいライブハウスは、絶対また行きたくなる。

IMG_9001

rhyrhyrhythm、約1ヶ月ぶり。
やっぱりかっこよくて大好きだ!!!!!と改めて思った。

前回見たのは5/27。そのあと6/1に八食の参加バンドが発表になった。
そこにrhyrhyrhythmの名前があったのが、自分でも驚くくらい、すごく嬉しかった!
rhyrhyrhythm、O.Aおめでとうございます。

rhyrhyrhythmを初めて見たのが、去年4月のsnatchレコ発だった。一番後ろにいたのに「なんてかっこいいんだろう」って前に移動した。当時は曲名を知らなかったけど、たぶん100%「human」で前に行ったんだと思う。それからライブに行くようになった。

そのあと、8/7、HSFL SECURITY 2016 day2のとき、「いつか八食」って話をMCで聞いた。
データあるかな、と日記を読み返してみたら、こんなことを書いてた。
---
MCで「いつか八食」って話をしていて、わくわくした。
わたしも「いつか八食で見たい」って思ってる。そうなる日を楽しみにしている。

バンドや、人によって、スタンスは様々だろうから、必ずしも明確な目標なんてなくてもいいし、楽しかったらそれが答えなんじゃないかと感じている。そして、そういう様々な部分に共感して好きになったり、相容れなくなって離れたりするものだろうし、それでいいんだと思う。
でも、見ている側も含めて、進みたい場所があるほうが熱くなれるし楽しさも増すと思うから、
本当に、いつかそうなればいいなあと昨日思った。
---
そう思った日から1年も経ってない。
すごく良いタイミングでめぐりあって、こうやってわくわくさせてもらえて、私はすごくラッキーだったな、と思っている。rhyrhyrhythmを通して知り合った子もたくさんいて、ライブ行くのがさらに楽しくなったし、とても感謝している。


このライブを企画したRe:turnは、その直前、6/22に、CDの全国発売が決まったばかり。
すごく素敵なお知らせだった!
おめでとうございます。
6/22のtweetは下記のとおり。
(埋め込み始めてやるんだけど、うまく見えるだろうか)
そのRe:turnも、八食出演。
重ね重ね、めでたい。
CDもツアーも楽しみにしている。



この日は、Re:turnのライブ、ぞくぞくするくらい良かった。
rhyrhyrhythmも、いつにもまして良かった。
それだけじゃなくて、盛岡のバンドも、かっこいいバンドばかりで、濃くて楽しかった。
飲みすぎた私はバーカン前の椅子で聞いてた時間も長かったけど、本当に本当に、行って大正解のライブだった。

私はここ数年しか知らないけど、確かに、盛岡のバンドを八戸で見る機会は少ない。
そして、私も盛岡には滅多に行かない。なぜなら知っているバンドが少ないからだ。
「八戸に来てほしい」
っていう言葉が、少しずつでも実現したら、もっといろいろなバンドを知ることが出来て更に楽しくなりそうだなと思ったりした。

またいつか、こういう機会がありますように!