6/10(土) 神金村 神スタ広場  GIANT LOOP FES 2017

IMG_8613

今年ようやく念願が叶い、GIANT LOOP FESに行ってきた。
前日に「冷蔵庫が壊れる」という大ハプニングが起こり、出発前に冷蔵庫を買いに行くことになってしまい、出発したのは22時ごろ。想像以上の遠さで、所要時間は11時間over…。

しかし無事にstart少し前に到着。とても気持ちの良い青空が広がっていた。

IMG_8609

無料駐車場に車を停めて駅まで徒歩で移動し、そこからシャトルバスに乗って会場へ。
中に入ると、ちょうど挨拶が始まったあたりだった。

入って左手を少しあがるとGIANT STAGE、右手に進むとLOOP STAGE。
そしてLOOP STAGEの後ろにある階段をのぼるとシートエリアやテーブル、椅子、物販や飲食のブースで、そこからもGIANT STAGEが見える。コンパクトで、綺麗で、すごく素敵な会場だった。
緑が多くて、あたたかみがあって、すごく雰囲気が良くて、会場に入るなり楽しかった。

IMG_8611
マリブコークを売っているブースがあったんだけど、ここのドリンクは絶品だった。
待っているあいだに話してたお店の人も素敵だった。

ついて少し休んで、ATATAを見にGIANT STAGEへ。
久々にstar soldierを聞けた。
普段から頻繁に聞いているけれど、やはりライブで聞くのが一番好きだ。
7/16も、すごく楽しみにしている。

少し休んでから2ヶ月ぶりのsnatchも最前で。
ほんと、いつ見ても、かっこいいバンドだなーと、改めて思う。

そのあとのSTOMPIN' BIRDもステージのところで見るつもりだったのだけど、ここでトラブルが発生。
あまり寝ていない状態で大量の汗をかいたせいか、めまいがすごくて立っていられなかった。
軽い熱中症か脱水症状みたいなものだと思う。
塩分補給のタブレットを持って来ていたのに、うっかりクロークの荷物に入れていて、dustbox終わりまで取り出せなかったので、ずっと休憩することに。
その後にタブレットを数個食べたら、さっくりと回復したので、やっぱり塩分補給は大切!と痛感した。



…元気になったのでlocofrankも最前へ。
ダイバーが数え切れないくらい降ってきて過酷だったけど、それはもう楽しかった。落ちてきた人の足が首に引っかかってしまったので、いま痛いけど後悔はない。中断したあとからの流れが最高だった。

そしてOVER ARM THROWは、私が抱えていた憂鬱を、綺麗に消し去ってくれた。
…たぶん、ジャイアントループ前に発表になったワンマンの影響が、すごく大きい。
告知を見た瞬間の衝撃が忘れられない。
twitterの通知では「水戸」しか見えなかったので、「日程次第かな」と思いながらtweetを見たら、そこには八戸や仙台などの日程も書かれていて…夢の中にいるみたいに現実味がなかった。
八食や、弾き語りや、感謝祭などはあった。
でもROXXでは2014年の5月以降、バンドとしてのライブはしていない。だから、ずっとROXXで見たかった。
ROXXでのワンマンは過去にもあるけど、私が見に行くようになる前の話だったから、
「いつか、またそういう日が来たらいいな」
って思っていた。
私だけじゃなくて、きっと、たくさん、そう思っている人がいるはず。

そういう発表があってのジャイアントループだった。
「すごくうれしい」って直接言えるなんて幸せなことだ。
「泣かずに伝える」を目標にしたら、ものすごくあっさりとしかお礼を言えなかったけど、ちょっとは伝わったかな。

朝は晴天だったのに、14時ごろから空が曇りだして、少しだけ雨粒が落ちた。
そのあとは、ずっと曇っていたのに、確かstardustのとき、いきなり太陽の光がさした。
まるで照明をあてたみたいにステージが明るくなって…すごい光景だった。
さらにclosingのときあたりには、白い蝶がゆっくりと飛んでた。ATATAのときも見た。
去年もそういう話があったような。見に来たのかな。

楽しいセトリで泣く要素はなかったのに終わりが近付いたら少しだけ寂しくなってしまい涙が止まらなくなったけど、おかげで、とてもすっきりした気持ちでいる。

THE NO EARは、以前OATの対バンで見たとき以来だと思う。
前回同様、すごく圧倒された。とりあえずマイクってあんなに飛ぶんだーと感動を覚えた。
そして、もちろん、感動したのは、そういうことだけじゃない。

人から聞いた程度の話しか知らないので、深く話すことは出来ない。
でも、命が消えても、存在が消えないって素晴らしいって思った。
この世から姿が消えても色褪せずに強く愛され続けている人がいること。
もう会えない人を強く強く愛し続けている人がいること。
こういうあたたかい場所を作れること。
それら全部を素晴らしいと思った。
そういう関係性を築ける人たちがいることに改めて感動した。

どちらのステージも近いから、どこにいても比較的音は聞こえるし、すごく良い会場だった。
駅にある商店の人も優しくてフレンドリーだったし良いことだらけだった。

青森からでは非常に遠いけど、行く価値のある場所だった。
行くべきタイミングで、行くべき場所に行った感が強い。
「またいつか必ず」と思っている。