2017/2/12 八食センター

「八食感謝祭2017」
Interloper/yoshiyuki suzuki(INFOG)/笠原健太郎(Northern19)/THE LOCAL ART/SWANKY DANK/MINAMI NINE/HOTSQUALL

IMG_7272


写真は八食の酒屋さんで売っていた、手のひらサイズのハーブ入りのお酒。170円くらい。
ものすごい強烈な草の香りなのだけど「翌朝すっきり」の食後酒らしく胃薬味。
八食センターライブ会場に敷かれていたゴザの上で撮影。

「ゴザの上でライブって慣れないかもしれないけど」というMCがあったけど、八食感謝祭at八食センターは毎年ゴザだし、ASAMIYAもゴザスタイルなので地元民には馴染みのスタイルなのだった。あのゴザの使い込んだ感じがたまらない。子供のころに親戚の家や公民館なんかに行った時の感じがして、なんだか落ち着く。

同時期に開催されている写真展を見てから、2Fへ。
今回の写真展は、今までより、バンドマンひとりひとりが映っているものが多くて、どれも表情がすごく素敵だと思ったけど、なかでもInterloperは、地元のバンドとかそういうの抜きに見ても、すごく目を引いた。ステージ中央からお客さんまで映った1枚があって、それがすごく印象的だった。
日曜のトップバッターは、そのInterloperだった。
アコースティックでも、やっぱり雰囲気良くって、聞きごたえある。

INFOGのよしゆきくんが一番最初の曲に選んだのは、「八食で最初にやった曲」だった。
日記書いてない頃だから半券くらいしか残っていないけど最初に見た時のこととか、やっぱり去年の八食とか。すごく響いて綺麗な声だから、室内も良いけど、やっぱりまた外で聞いてみたいしROXXでも見たいので、八戸に来てくれるのを楽しみにしている。先日アコースティック直前になって行けなくなってがっくりしていたんだけど今回聞くことが出来て良かった。聞きごたえあった。
とりあえずマスピでINFOG見れる、はず!マスピのタイムテーブル早く出ますように…。

健太郎さんは前回同様、リクエストをいろいろ受けてくれてた。あれは本当に凄い、毎回凄い。
今回は、oasis、COUNRY YARD、SECRET 7 LINE、星野源、エバヤン、ジュンスカだったかな。
ジュンスカをリクエストしたのはうちの旦那だったんだけど非常に喜んでいた。

そしてTHE LOCAL ARTは今日も熱かった。いろんなものが小道具に使われていたけど、なかでも脚立が大活躍していた。たぶんこんな書きかたじゃ何も伝わらないだろうけど…。脚立が印象に残るのは仕方ない…。熱量が凄くて圧倒された。

SWANKY DANKが、「DESTRUCTION」という曲をやったんだけど、あまりに良かったので、演奏してる最中に旦那と「これはもうCDを買いましょう」という話になった。ライブ中にそういう話をしたのは初めてかも。曲名が分からなかったので、次に演奏した曲のタイトルをメモして、物販に聞きに行ったら快く教えてくれたので既にCD手配済み。楽しみ。

MINAMI NINEは、八食のとき、ちょうど中に入ってしまって見れなかったので今回が初めてだった!
MCめちゃくちゃ楽しかった。なんだろう、ゆったりした感じがして、暖かかった。何年か前から気になっていてROXXにもたくさん来てたのにタイミングが合わず見れていなかった。個人的に「ついに」という感じだったので余計楽しかった。

日曜日のトリはHOTSQUALLだった。
いろいろ考えたり思ったりしながら見てた。MCや歌が熱くて、聞いてて涙が出そうになった。最後に、あのゴザの上でみんなでサークル作って、靴や服や缶を避けながらぐるぐる回って、夏みたいで楽しかった。まさかゴザエリア全部でやるとは思わなかった…。

今の段階では、まだ、今年の八食サマーフリーライブが開催されるかは発表になっていない。
もちろん絶対に開催してほしいと思っている。
今年の夏もライブがあって、それでまた冬に感謝祭があって、そうやってずっと続いていきますように。もしかしたら自分がいつか行けなくなる日が来たとしても、いろんな人にとってたからものみたいなあのフェスが、長く長く続いていきますように。いろんな人にとって夢の駐車場でありますように。

余韻がすごくて、もう土曜日の最初からやり直したいくらい楽しくて、
サマーフリーライブみたいな二日間だった。