2016/11/12 八戸ROXX

G-FREAK FACTORY
“ダディ・ダーリン” TOUR 2016

FEELFLIP
Dizzy Sunfist

image


G-FREAK FACTORYレコ発。
ずっと大好きなG-FREAK FACTORYと、
Dizzy Sunfistが八戸へ来てくれた。

FEELFLIP、ライブハウスで見たのは多分初めて。
八食では少し見れて、いいなあと思っていた。
スパイダーマン凄いし、いつかROXXで見たいな、と思ったら今年のうちに叶ったので喜んでいる。
スカダンス出来ないわたしは立ったまま見ていた。でも、出来ないだけで、ちゃんと楽しんでるから!来年もたくさん来てくれたらいいな。

ディジーは今年レコ発でも八戸に来てくれていた。
しかしわたしは行かなかったのだ。
なぜなら、骨折していた。
まだ絶賛痛い時期だった。
でもそれを後悔しているから、
久々にライブハウスで見れて良かった。
八食で見たときも思ったけど、
どんどん凄くなっているように思う。
夢を叶えながら、
どんどん進化していくディジーを見てると、
頑張らなくちゃ、て思う。
いま凄く影響を受けている。
ディジー見てると、
夢を追いかけたくなるし、
実際に追いかけはじめた。
いつか叶えるんだ、わたしも。

G-FREAK FACTORY、やっぱり特別なバンドだなあと思う。
「日はまだ高く」が始まる瞬間すごく気分が高揚する。あの感じがたまらない。
新曲やっとライブで聞けた。沁みた。
アンコールで、「ラブ・イズ・オーバー」やってくれたんだけどすごく良かった。
そしてROXXで聞く「EVEN」は、やはり格別だ。

耳が悪いということを医者から指摘されたのは30代中頃だった。言われるまで、これが普通と思っていた。ストレスなんかで悪化して、悩みまくっていた時期に、EVENを、初めて聞いた。
そこですぐに解決したわけじゃない。何年も毎日悩んだ。毎日EVENを聞いてた。1日に何回も。そうしているうちに、自分なりに答えを見つけて、そこから抜け出した。耳は今も悪化していて、たまには悩むけど、でも、前のようには辛くない。
別件で茂木さんに用事があり、ライブ終わりに声をかけたとき、その話をした。あまり時間を取らせても、と、いくらか端折ったけど、でもお礼は言えた。これを言えるまで何年も掛かった。ライブはたくさん見に行っていたけど、まだ自分のなかで耳のことが折り合いが付いていなかったから今までは言えなかったんだと思う。EVENを作ったG-FREAK FACTORYにも、あのとき連れて来てくれたOVER ARM THROWにも、とても感謝している。

曲を聞いたり、ライブを見たりしたことを、どんなふうに吸収したり、消化したりしていくかは、そのひと次第だ。
別にそういうことが必ずしも必要なわけでもないし。
ただ、わたしにとって、G-FREAK FACTORYや、Dizzy Sunfistのライブは、前に進むチカラをくれる大切なものだなあと、いつも思っている。





-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----