image

今日の昼間はコレ。
ONE OK ROXXに行ってきた。

OVER ARM THROWを好きになるまえに熱を上げていたのがワンオクだった。もちろん今も好きだけど。ライブには一回だけ行った。

そんなわけで、イベントを知った瞬間から待ち遠しく思っていた。
最初、すごく軽い気持ちで「歌いたーい」って言ってた。しかし、ほんとに軽い気持ちだったから、実際は、ふらりと見に行くつもりだった。
が。
誘っていただいて、歌うことに。

正直、特に上手くはない。悪いとこ挙げたらキリがない。鼻声だし、何回も喉潰していて声も低いし。客観的に見て、声がなーって思うんだよ。

でも、「ステージの向こう側から見る景色」が見てみたかった。どんなふうなんだろって、ずっと思ってた。歌うこと自体の魅力も強烈だったけど。

先日、練習に参加させてもらった。
そしたら、もうそれがとてもとても楽しかった。びっくりした。
この世にこんな楽しいことがあるのか、と思ったくらい。

だから当日も楽しみにしてた。
が。
月曜日から風邪。
熱下がらず。
わたしは風邪が治ると必ず気管支炎になり咳が出る。熱や鼻が全部治ってから。
ヘビースモーカーだからだと思う。
しかし今週は、さすがに減らした。
あと極力喋らず過ごした。ちょっとでも咳出ないようにしたかった。
結果的に、終わるまでは、なんとか咳も酷くならずだった。ますます鼻声だったし、声出なかったけど。

あのステージへのドアを開けるときと、始まる前に質問されて答えるときに、すごく緊張した。
だから始まったら、もっと緊張するかと思った。でも、それは大丈夫だった。
ただ、すぐは前を見れなかった。
照明思ったより眩しくて、それとやはり少し気恥ずかしかった。
でも始まってすぐに「大丈夫かな」って前を見た。フロアは暗いし、余裕ないから2列目くらいまでしか顔が見えなかった。でも、思ったより見えるんだね。前のほうにいた子たちがにこにこして歌っていて、それ見たらなんだかつられて自然と笑顔になっちゃって不安がなくなって、とにかく楽しまなくちゃ、と思った。笑顔って、すごいチカラがあるんだなあって驚いた。

だからわたしの好きなバンドのひとたちは、いつもあんなに笑顔なのか。見えるのが全て笑顔なのに幸せな気持ちにならないはずがない。
わたしは普段もライブハウス行くし大好きな場所だけど、ますます好きになった。危ないこともあるけど、やっぱり、特別な場所だと思う。

すごく貴重な経験だった。
出来の良し悪しとかもほんとは大事かもだし、わたしの性格上、反省点ばっかり考えるのかと思ってた。でも動画見て声ひどいなってのを、「ふふっ」って笑えるくらい、とにかくただ楽しかった。

司会してくれたふみやさんは、とにかくうまかったし、見応えあった。ほかのゲストボーカルのみなさんは、うまくて、気持ちよさそうに歌ってて、最初から最後まで良かった。

バンドやりたいなって思ってる若いひとは、とにかくやってみたほうがいいと思う。たぶんやったら絶対楽しい。
若いころ、何度か誘われたけど断ったり立ち消えになったりして、わたしは出来なかった。最近ギターはじめたけど、まあ人前でやれるレベルには程遠いので、生まれ変わったらバンドやりたいな、と思ってる。
でも若いひとなら、悩むよりやってみたほうがいい、きっと。

もう楽しすぎて普段以上に支離滅裂な文章になってる。けど、そのくらい、伝えきれないくらい、楽しくて貴重な体験をした。まさか自分が歌う側で書く日が来るとは思わなかった、ブログ始めたときは。

関係者各位に感謝しています。
ありがとうございました。

image