今日は、「HSFL 感謝祭 in 八食センター」だった。
アコースティック、八食、寿司付き。

...寿司付き。

image


ゴザがASAMIYAを彷彿とさせる。

image


後ろ。
前がゴザエリア。

image


ステージ。

なんというか、終日のんびりしていた。

たぶん、すがさんのセトリはコレ↓
sun which never sets
Not you savior(カバー。自信なし)
the red sun and the blue moon
Imagine
endless rain(カバー。X)
Jupiter
よかったなあ。
すんごい声が綺麗だな。

話変わるけど、ノーザン笠原さんは、普通に歌も歌ったけど、リクエストにも答えまくりだった。
言われたやつワンフレーズ歌う、みたいな。
尾崎の「卒業」、「let it go」、「赤いスイトピー」、「ひとにやさしく」、「妖怪ウォッチ」などなど。

きくさんは、
(1曲目分かんなかった)
let me believe
涙のキッス
すたーそるじゃー
dear my songs
right here waiting
かな。

アンリミ清水さんは、津軽海峡冬景色の1番を歌った。一曲だけ大月さんも出た。

エンディングは、全員ステージにあがり、きくさんが、「true love」を少し歌い、「なんでだろう」で締め。

ゆったりしていて、なんかよかったなあ。
転換が時間かからなさすぎて、トイレに行く暇もなかったけど。

この二日間、濃かったなあ。

マーさんがイケメン過ぎたなあ。
きくさんの日本語詞よかったなあ。
やっぱりめっちゃうまいし、声が綺麗。

しかし、今回で、ほかのバンドのひとは、
あまりファンと話さないとこもあるんだな、て思った。

いや、考えてみたら、そうだよな。もちろん、わたしはたいした知らないから、きっとファンと話すバンドもたくさんあると思うけどね。
もちろん話をしにいってるわけじゃないから、それはそれでいいんだけどね。
けど、そう考えたら、話せるのはすごく素敵だなあと思った。
話せないのが良くない、とかじゃなくてね。

楽しい二日間だった。

こっからしばらくライブなし。
また我慢の日々だ。

頑張らないとなあ。