on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

2018年02月

2018/2/24 八戸FOR_ME FULLCOUNT/rhyrhyrhythm/ROYAL HARMONIX/Freaky styles

2018/2/24
八戸FOR_ME
FULLCOUNT Pre. ライブやるぇ!vol.3

S__70631442
FULLCOUNT
rhyrhyrhythm
ROYAL HARMONIX
Freaky styles


2018年13本目。

ROYAL HARMONIXは、いつ聞いても綺麗でエモい、安定のかっこよさ。気のせいか、最近前より見る機会が増えている気がして嬉しい。

企画者である
FULLCOUNTからは週始めに「大切なお知らせ」があるというツイートが出てた。
ライブ冒頭に発表された詳細は、なんと、ドラマー骨折。お大事に、早く良くなりますように。
それでもライブは楽しかった。
あ、じゃんけん大会が開催されたのだけど、最後に残った景品2つのうち1つをいただいた。
Fenderのケースに入った…あれは何だろう。ケースがほしかったんだけど回収されてしまったので無念…。(そのほうが面白いから全然OKだけど)

Freaky stylesは高校生バンド。
3月で卒業により地元を離れるメンバーがいる。まだ数本ライブは残っているものの、私は遠征の日程により、このライブが見納めの予定。
Freaky styles最初に見たのは、多分
2017/1/21、FULLCOUNT 企画 ライブやるえー!vol.2
だとすると、対バンは、
ダイナミック四畳半
Sandline
OCHIMUSYA
FULLCOUNT

だと思う。
(去年は
rhyrhyrhythmじゃなくOCHIMUSYAだったのか、フルカウント企画。やっぱりメモつけておくといいなー)
そのとき私は遅刻したようで、Freaky stylesをあまり見ていない。ただFreakyStylesは最後の数分しか見ることが出来なかったけど、ベースが私好みの音だったので、遅刻を後悔した。」と書いている。それから約1年の間に数回見た。
高校生バンドなのは最初から知っている。そして、高校生ならば卒業後に、それぞれ違う道を歩むのは想定の範囲内。とはいえ、やはり寂しい気持ちがある。本人たちが演者として出る日以外にもライブがあれば会ったり話したりしたから。いつか、また、会えたらいいし、それがライブハウスなら楽しいだろうな。

rhyrhyrhythmは、最後の曲がHUMANだった。
始まる前に、Freaky stylesのスバルくんが、ステージに呼ばれて、HUMANを一緒に弾いていた。
すごくあたたかくて、よい時間だった…。みんなすごく柔らかくて良い笑顔で見てて幸せな気持ちになった。事前にコピーをしてたにしても、弾いてって言われて弾けるものなのかアレ。すごいなー。去年の夏に「HUMAN弾いてみた」が流行ったのを思いだした、そのときスバルくんは確か本人ご指名だったはず。あれから半年になるのかー。長いようで短い半年だった。
「憧れの人と対バンする若いバンド」っていうのは最近見る機会多かったけど、「一緒に弾く」を見たのは初めてかもしれない。すごく良かったな。本人にとっても忘れられない日だろうけど、私にとってもすごく強烈な印象に残る日だった。いつも笑顔で話しかけてくれてありがとう。卒業まで、あと数日かな。少し早いけど、卒業おめでとう。新しい土地でも周囲の人に恵まれますように。


2018/2/18 小田原 姿麗人 OVER ARM THROW/39degrees

2018/2/18 小田原姿麗人 OVER ARM THROW "Pressure TOUR 2018" w/z 39degrees

2018年12本目。

IMG_4680

ツアー7本目、小田原の姿麗人。
最寄駅は鴨宮。鴨宮は、
静かで店も少なくて、本八戸駅周辺みたいな印象を受ける場所だった。

ぎりぎりの入りになってしまったので、めずらしくチェックインせずにキャリーを持って箱へ移動。
このころには腰痛から坐骨神経痛にまで発展していて、キャリーが重くて...

ホテルが駅のすぐ横。
ライブハウスよりずっと手前。

という事実に気付いたのは、ライブが終わってから。
往復よろよろとキャリーを引き、クロークを使った自分に呆れている。

この日、対バンは
39degrees。
くりさんは誕生日で、手作りらしいケーキでお祝いをされていた。
お誕生日おめでとうございます。
そこそこ大きなケーキを一人で完食し、そのままダイブ。
(ケーキは食べなかったのと同じになった模様)

39といえば、これ。




勇気が出なくて1回しか話せなかった憧れのバンドとツアーで2マン。
INFOGもOATやロコフランクに憧れて、と言っていたけど、
すごく夢のある話だ。
こういうの聞くと、ひとごとながら嬉しい気持ちになる。
39も、OATも、この日のMCすごく良かったなー。

姿麗人は住宅街の中。入って左手にトイレがあって、地下に降りる階段途中に喫煙スペース、地下がフロアとバーカン。
キャパ160くらいというような話だった気もするけど、たぶん180~200は入る。当日券も出ていたけど、ぎゅうぎゅうすぎずちょうど良かった。

私がいたのは3~4列目前後。ステージが高くて見やすかった。
腰から下が痛すぎて、あまり集中できなかったのが悔やまれる。
この日はいろいろ不調すぎて、自分自身のせいで楽しみきれずに終わってしまった。いままでたくさんライブいったけど、そこまでひどい状態になったのが初めてだったから悔しくて仕方なかった。

去年の3月に「悲しい思いをさせるためにライブしてるんじゃないんだよ」って言われたのを思いだした。
もちろん私たちも、どのバンドのライブも、楽しむために行ってる。
でも、ときどき寂しくなったり悲しくなったりする。
私が行くライブに関しては、ライブ自体の内容というよりは、受け手である自分の状態に左右される。
楽しむためには、やっぱり、自分の状態をきちんとしておかないと。

それでも、たくさん知っている人にも会えたし、はじめましてができた人もいたから、悪いことだけだったわけじゃない。

ライブが終わってから駅近くのホテルに戻って、さあ晩御飯を食べましょうと思ったら、
・コンビニ
・庄屋
・ホルモン屋さん×2
という選択肢。

庄屋の焼きおにぎり茶漬けの熱さが身にしみた。
辛みそシロころホルモン?は味が濃すぎた...。

ホテルの部屋がすごく広かったな、12畳くらい?(※洋室)
いろいろ考えているうちに0時台で寝た。
遠征先で、あんなにたくさん寝たのは初めてじゃないかなー。
やっぱり、いつもみたいに、余韻で眠れないくらいのほうが楽しい。

反省したことを忘れずに、次のライブはちゃんと楽しめたらいいなと思っている。

2018/2/17 厚木Thunder Snake OVER ARM THROW/THE NO EAR

2018/2/17 厚木Thunder Snake OVER ARM THROW "Pressure TOUR 2018" w/z THE NO EAR

2018年10本目。Pressureツアーとしては6本目。
IMG_4603

厚木のThunder Snakeも初めてのライブハウス。駅を出て銀行を右手に見ながら歩道をまっすぐ歩いて、2本目と3本目の信号の間あたり。左側。ものすごく分かりやすいライブハウスだった。全国のライブハウスがこのくらい分かりやすければいいのに!というくらい分かりやすくて最高だった。
ステージは高め。そうだ今回いた場所が、スピーカーが入ってる壁の前だったんだけど(最前端)、初めてライブ中に自分の声がはっきり聞こえた。ちょうど目の前が固めの壁で、そこで跳ね返ってきてるらしかった。今まで、あんなふうにはっきりと自分の声がライブ中に聞こえたことがなかったから結構びっくりしてた。

THE NO EAR は安定の楽しさ。
曲知らなくても毎回楽しい。
すごく好き。

2/20に、今年のジャイアントループフェスが開催中止という知らせが出た。
すごく残念に思っている。
去年初めて行ったけど、本当に素敵なフェスで楽しかったからだ。
でも、来年きっと開催してくれそうだから、それを期待している。
土砂崩れ大変だ、一番残念に思っているのは、本人たちや村長さんたちだろうな。お見送りしてもらったのを思いだす。
どうか来年は無事に開催されますように。

さて、厚木は、全般に私得なセトリだった。
新譜のツアーだから、新譜が聞けるのを楽しみに行っているとはいえ、やっぱり好きな旧譜も聞きたい。
というわけで、今回のツアー始まってから初めてLamplightが聞けたのが嬉しかった!

新譜は、最初Upside downが一番好きだと思ったし今も好きだけど、次第に、全部同じくらいに好き、になりつつある。
回を重ねるごとに聞いたときに受ける印象が違う。
曲が自分の中で変化して行くのが楽しい。
Upside downは一番かっこいいと思うけど、どれも好きだし一番は難しい。決められらない。

神奈川編の本数から、「観光してね」という話があった。
いつも、それほどたくさん観光はできないから今回は多少...と思っていた。
しかし結局、私は移動が厳しかったので、基本的にはどこにも行けず。
それでも、今のようにライブに行き続けるうちは、また神奈川には来るはずなので、少しずつあちこちに行けたらいいな。

なお、近所にあったラーメン屋さんは、麺が苦手なタイプのものだった...。
今回の遠征では結局1回も家系には行けなかった。また4月にでも、ぜひ。

2018/2/12 八食センター yoshiyuki(NFOG)/chie(FOUR GET ME A NOTS)/FEELFLiP

2018/2/12 八食センター厨ホール 八食感謝祭 yoshiyuki(NFOG) chie(FOUR GET ME A NOTS) FEELFLiP

2018年9本目。
IMG_4247

例年に比べると出演バンド数は少なめ。
その代わり映像出演バンドが多数。
この映像出演面白かった。
あんなに大きなスクリーンがあるなんて知らなかったー。
部分的にTwitterでもあげられていたけど、ここでしか見られない映像だと思うと実に貴重。

例年ならおすしがついていたチケットだけど、
今回は「特典」として八食センターの金券がついてきた。
でも、アレルギー等でおすし食べられない人もいないわけじゃないと思うので、好きなものに使えるのはとてもいい気がする。

INFOGのyoshiyukiくん弾き語りは好きな曲だらけで最高だった。
あの声できいてみたい曲いっぱいあるなー。
また弾き語りきく機会がありますように。

フォゲミのチエちゃん弾き語りも相変わらずすごかった。
前回ROXXで見たときも感動したのを覚えている。
きれいな声でうらやましい。

FEELFLiPは仕込み画像からの登場。
ただしびっくり感はナシ。
でも楽しかったなー。
また早く見たい。

夜は一度帰宅して食事をしてから、またFOR_MEへ行った。
楽しかった。
ずーっとお酒ばっかり飲んで、音楽聞いて、笑って、そんな3日間だった。

今年の夏も八食サマーフリーライブが開催されますように。
来年の冬も感謝祭が開催されますように。

2018/2/11 八戸FOR_ME Re:Turn/INFOG/rhyrhyrhythm/FEELFLiP/6thMAN

2018/2/11

八戸FOR_ME
八食感謝祭 前夜祭 LIVE Re:Turn/INFOG/rhyrhyrhythm/FEELFLiP/6thMAN
2018年9本目。

IMG_4315

and moreになっていて後から発表されたのがFEELFLiPと6thMAN。
(覚えてないけどブログの下書きが、その2バンド以外の記載だったので、多分そう)

いま振り返ると、量はたいしたことがないけど、この3日間は比較的飲みっぱなしだった。あと、3日間で4本というライブ日程により、「ずーっと連続した1日」みたいな3日間だった。まるで夏の八食のように、楽しいことだらけで、時間の感覚が変で…。とにかく楽しかった。

INFOG、サポートはInterloperふみやさん。
いやーこれ3月も見られるのかな素晴らしいな!
でも次に見るのは、3月のRe:Turnファイナル。
その日が、ドラムのようへいくんの、INFOG最後の日。
…その話は、また別な記事で。

昼夜rhyrhyrhythm見れて嬉しかったしかっこよかったし、初めて見たFEELFLiPがとても楽しかった。
たくさん笑ったし写真も撮って、終わらなければいいなって思うくらいに。
でも終わるから価値があるんだということも知っている。

寂しく思ったりしながらも楽しく過ごした夜だった。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード