on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

2016年10月

2016/10/16 仙台MACANA UNLIMITS

UNLIMITS
”with「U」tour 2016”
2016/10/16 仙台MACANA
image


with「U」tour 3本目は仙台へ。
「アメジスト」ツアーと同様、今回も仙台でのワンマン。
open18:00、start18:30。

18:10くらいにMACANA着。
向かいの利久で牛タン食べていたのでOPEN過ぎてから行った。

フロアから聞こえてくる音が少ないので「あれ」と思ったら既に結構たくさん人がいた。
MCでもその話題になってて、
「ぼっち参戦のひと」
と言われて手を挙げていたのが7割くらいだった感じ。
「がやがやしてないから人がいないのかと不安になったら結構いた」
という話題になるくらい、ライブ前とか静かだった。
確かに言われてみたら、仙台は開始前のざわざわ感が少なかったかもしれない。
でも、ぼっち参戦って私もあるから分かるけど、確かに「ざわざわ」する要素ないからねー。

それはともかく、ワンマンは、やっぱり特別なものだな、と改めて感じた。
あたりまえだけど、ずっと最初から最後まで好きなバンド「だけ」だから。

ちょうど前の日、別件で何度も「あなたへの月」のオリジナルを聞いてた。
オリジナルもいいなと思うけど、やっぱり私はUNLIMITSが大好きだな、と「あなたへの月」を聞きながら思った。
演奏も声も雰囲気も。
あの独特の空気は、UNLIMITSにしか作り出せない。

ダブルアンコールまであって、なんとジマさんがYAH YAH YAHを歌った。
それは想定してなかった。
ぐんちゃんの尾崎でもなく、ジマさんのチャゲアス。
斬新すぎた。

終わってから、少しだけどMACANAでだらだらした。
ほかのお客さんが撤収早くてびっくりした。日曜だからかな。

渋谷のファイナルは、まだ行けるかどうか分からない。
旦那だけでも行けたらいいな、と思っている。

with「U」tour、3本行ってみて、
やっぱり私はUNLIMITSが好きだと思ったし、
なかでも八戸で見るUNLIMITSは格別だな、と改めて感じた。
地元だからっていうだけじゃなく、いろいろ。

また来年も、UNLIMITSのライブに何本も行けたらいいな、と
心から思ってる。

image


-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----




2016/10/9 渋谷TSUTAYA O-EAST COUNTRY YARD

COUNTRY YARD
"COLORS TOUR FINAL BROTHERHOOD ONEMAN"
2016/10/09  渋谷TSUTAYA O-EAST





15時にチケット引き換え。

image

先行物販は15時半から16時半で17時open。

入場が始まったのが17時20分近く。入場時に特典DVDをもらった。

startの18時20分くらいには、フロアには大勢の人がいて、ざわざわしていた。

1階の、かなり後ろのほうにいた。全体が綺麗に見えた。 いま気付いたけど、実は「ツアーファイナル」に行ったのが今回初めてだった。

image

シットさんの声が枯れてて、何度も裏返ってつらそうだった。 「今日を共有してくれたこと」への感謝を、何度も何度も、MCで話していたのが印象的だった。

「にわか」だから、正直なところ、ファイナルに行くことに少し迷いがあった。 地元に来たときも行けなかったし。 でも、行って良かったと思っている。

声が枯れていようが何だろうが、それは別として、見るべくして見たんだな、と途中で気付いた。

解散の話が出ていたと聞いて、八食でのライブを思い起こしたりもした。最終的に続けることになって、良かった。目の前で泣いてる大勢の人を見て、それを心から思った。

泣きながらステダイするひと、 たいちゃんに声をかけにいくひと、 フロアで泣いてるひと、 いろんなひとを見ながら、いろんなことを考えていた。

普段行くライブではステダイがほとんどない。そこは習慣の違いだから、危なくなければ別に気にならない。すごく綺麗に飛ぶひとがいて感動もした。背中から飛ぶって、信頼してなければ出来ないことだし。

トラブルを見なかったわけではないけどあの勢いで、あの人数で動いていたら、それはいろいろあるだろうから、そこは仕方ないんだろう、きっと。

I'll be with youがますます好きになった。フロアからの歌声や、ステージや、いろいろ、すべて、とても美しいものを見た。

たいちゃんの、このさきの日々も、昨日のように輝いたものでありますように。一瞬しか同じ時間を共有出来なかった。でも、昨日素晴らしいものを見れたことにとても感謝をしている。

とても。

-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----




2016/10/08 高円寺The Cluracan/THE CHERRY COKE$/COUNTRY BEER JAMBOREE pint.4

THE CHERRY COKE$ presents
COUNTRY BEER JAMBOREE pint.4
2016.10.08    東京高円寺The Cluracan





image10/8は高円寺へ。

THE CHERRY COKE$ presents
COUNTRY BEER JAMBOREE pint.4

前日のOVER ARM THROWワンマンにて頭に大量のたんこぶが出来てて、髪を洗うと痛いしドライヤーも激痛だし、靴擦れは凄いし、という状態だったけど、ライブ中は綺麗さっぱり忘れていた。

高円寺のThe Cluracanは、落ち着いて洒落た雰囲気の、素敵なIrish pubだった。パブとかバーが好きなので、そういう場所で音楽聴いたり飲んだりできるのを楽しみにしていた。

image

店に入って左手のところにメンバーがいて、物販もあった。わたしたちが少し早めに着いたころには店内はぎゅうぎゅうだった。

すぐに飲み放題もライブも始まった。
緩くて、良い雰囲気だった。

写真も動画も撮って使っていいよ、ということだったので、それも楽しませて貰った。

image

ちゃんと、「何故写真や動画を撮っていいことにしたのか」「自分たちのバンドはOKだけど、他のバンドさんはNGと思うから、そこはきちんと」みたいな話をMCでしているのが凄いな、と感じた。そういうふうにしてくれると、わたしみたいなにわかでも写真撮って遊べるし、仮にチェリコからスタートして他のバンド好きになってもきちんと出来るんじゃないかと。

わたしは、OKじゃないのにライブ中お客さんが写真撮るのは好きじゃないけど、OKならもちろん嬉しいし。
でも、撮影しながらって、やっぱりちゃんと見るの難しいな、と痛感した。
The Cluracanはフードメニューも多くて、値段も手頃で、大満足だった。真ん中あたりで見ていたかたは、置くとこがないから食べられなかったかもだけど...

image

海老のフリッター、おいしかった。

「涙のキッス」のカバーがあったり、普段ライブで聴けない曲、聴けない曲数、MCたくさん、で大満足な2時間だった。

いつかまた機会があれば、また行きたいって思うような素敵な時間だった。楽しかった!!!


-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----




2016/10/7 横浜7th avenue OVER ARM THROW

OVER ARM THROW   Keep it burning!! vol.8
10/7  横浜7th AVENUE
OPEN/START 18:00/19:00
7th avenueは初めて。
方向音痴な私には少し分かりづらい場所だったけど地図を見ながら何とか到着。ホテルはライブハウスから徒歩3分くらいの場所。

image 15分くらい遅れてのスタート。32曲+アンコール。長かったし暑かったし激しかったから終わる頃にはよろよろになったけど楽しくて、すごく時間が短く感じた。

きくさんもTweetしてたから書くけど、新曲があった。すごくよかった。すごく。

ちょうど激しい場所に挟まっていたから踵落とし何回も食らって気が遠くなったりずっと潰されたりで、久々に、ところどころ記憶飛んでる。いやー痛かった。

二列目くらいの真ん中だったんだけど、 Lamplightのとき、イントロ聴いて飛び上がって喜んでいたら、最前にいた友達が、わたしを前に入れてくれた。すごくすごくすごく嬉しかった。 終わってから会うひとみんな「Lamplight聞けたねー」て笑顔で言ってくれたのも嬉しかった。みんなに言われたあたり普段騒ぎ過ぎだなって反省したけど、でも、嬉しかったんだ。
Lamplight以外も大好きだけど、やっぱり格別に好きだし夏場のフェスどころか普段も頻繁に聞ける曲ではないから、余計。

楽しませようと工夫してくれて、みんなそれを全力で楽しんでて、すごくいい空間だった。あ、でも今回はちょっと暴力的な楽しみ方をしてるひとがいてそれは残念だった。ダイブとかじゃなく。ライブハウスの外でアウトなことは、中でもアウトだよ。わたしの横にいたひともそうだった。「そういう場所だから」で済ませられないものもあると思うんだけどな。痣くらいですむならいいけど、肋骨くらいですむならいいけどさ。
もちろん、怪我をする可能性は考慮した上で前にいるし、嫌なら下がれって意見も分かるけど。

サーキットイベントや、
クリスマスの発表があった。

日程から考えて、今年はクリスマス厳しくて、どうしたらいいか分からない。ゆっくり考える。

先はともかく、昨日は、とにかく楽しかった。ワンマンって、やっぱり最高に楽しい。他のことなんにも考えないで楽しめるから。目の前のことだけ見たり考えたり感じたり出来るから。

(わたしも今回は無理やり休んでいるけど)いつも旦那を置いてワンマンに来てる。平日だと休めないのは仕方ない。けど、いつかクリスマスか、ワンマンを、旦那も見れたらいいな。いつも快く送り出してくれてることに感謝している。
いつかはわたしが留守番しても、旦那を送り出せたらいいな。

自分や家族の環境や、いろんなことが日々めまぐるしく変わっていくし、ずっとこんなふうにしていけるかはわからない。滅多に行けないから行くたびに大騒ぎしてるし毎回幸せだけど、次に行きたい時行ける保証はない。何もわからない。

でも努力でクリアできる問題ならば、なんとか乗り越えて、続けていきたいと思う。

あと、昨日、「ひまりちゃんを救う会(@himarichansukuu)」の件で、残りが3000万円を切ったと聞いた。

ライブ来たときの少しずつの募金やRTしか手伝えてないけど、目標に近付いていると聞いて嬉しい。 募金系あまり好きじゃないけど、知ってる誰かの知ってる誰か、の役に立てるなら、それは素敵だな、と思う。目標達成の日が早く来ますように。

そんな感じ。 まだいろいろあるけど、もっと整理して、また後日。

新曲もワンマンも、ずっと待ってた。
待った甲斐があった。
まわりのひとたちの笑顔も含めて、幸せな1日だった。



-----
日記は移転しました→http://roundmidnight.blog.jp
HPはコチラ→today's live
-----
オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!
-----