on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

2015年09月

2015.9.27 五戸 ASAMIYA/UNLIMITS他

今日は、ASAMIYAだった。

image

3年連続。今年も行けてよかった。

image

OPEN前についたから展望台へ。
これ!かなりハードだったから!!!汗だく!!!予想以上だから!!!
でも、いい眺め。
行ってよかった。

image

前の日は雨だったのに、とても綺麗な空だった。朝起きて、お弁当作って。それからダラダラと現地に行った。

相変わらず穏やかな眺めだった。
五戸は小さな町だけど、ここ数年は、ASAMIYAがあって五戸国際ミュージックフェスティバルがあって、なんだか音楽の町だよねえ。

ASAMIYAは、わたしにも特別な場所。
はじめて八食行ったすぐあとのライブがASAMIYAだった。OATのメンバーと初めて話したりサイン貰ったり「ファンです」って言ったりしたのがASAMIYAだった。いい天気で、平和な空気で、まだなにがなんだか分かってないわたしにはライブハウスより緊張しなくて済んだ。八食→ASAMIYAの流れじゃなかったらこんなにハマっていたかわからない。すごく特別な場所なんだ。

image

ASAMIYAといえばゴザ。
和む。

今回は、
creeps
Interloper
forget me a nots
R(FAT PROP)
Satoboy(sunset bus)
UNLIMITS
だった。

creepsの成田さんのベースがすごく好きなんだよねえ。なんだろね。優しい感じがする。
そもそもベースって優しい感じがするけども、たぶん個性なんだと思っている。
五戸国際ミュージックフェスティバルでベースが足りなくてステージ上がりっぱなしだったのを思い出すなー。
五戸国際ミュージックフェスティバルは、主催が知人で(そんなにがっつり仲が良かったわけじゃなくて、わたしが英会話やりはじめたころにカフェで何度か話したり共通の友達がたくさんいる、っていうかんじ)、あれもまた、まったりしたすごくいいフェスだ。
で、そのときはじめて会って何ステージもしてるのを見て感動したのだった。

なんかcreepsの歌は年々沁みる。いいなあと思っている。

Interloperは、いつぶりかな、わりと最近ちょくちょく見れてる気がする。
ふだんRoxxで見るときと、ASAMIYAで見るときは、また違う雰囲気。

forget me a notsは、前日Roxxでライブあった。行けなかったけど。
そのときにやらなかった、カバーのホールニューワールドをやってくれた。あとユーミンのひこうきぐも。声に合っていて、あの会場の空気感ともぴったりだった。

R。いやFAT PROP大好きだし私得!しかしclose your eyesナシで「ぐはっ」って感じ。聞きたかった...。が。
クラプトンのchange the world、陽水と玉置浩二の「夏の終わりのハーモニー」、エルトンジョンの「your song」と、うちら世代にはきゅんきゅんくるセトリだった。相変わらずすごい声だ。こういう声ほんと好き。きらきらしてる。空まで抜けていくような声。

Satoboyは、ひとりはさみしい、とビールぐびぐび飲んでいた。どれも、なんだか楽しくてうきうきした。あまりにさみしがったからか、ラストでアンリミ葉子さんとグンちゃん登場した。

トリはUNLIMITS。
ゆうがたにUNLIMITSとか贅沢だしエモいし最高だった。
ラピュタの「君を乗せて」やってくれたんだけど、すっごく良かった。あれはすごかった。あと「15の夜」は安定していた。そろそろシェリーお願いします。
もちろんアンリミ自身の曲が良かったのは言うまでもない。

ASAMIYAのときって親子連れも多いから、ふだんやらないようなカバーもやってくれて意外性も高くて、すっごく楽しい。なので、(わかりやすくいうところのガチ勢みたいな)ファンには超オススメできる。ダイブもモッシュもないけど、時間がすごくゆったり流れるのを感じることが出来る。ふだんより幸せで穏やかな感じがする。

今回は個人的にいいこともあった。
はじまってすぐ、喫煙所で大月さんを見かけ、「こんにちはー」したら、「こないだぶりー」と言ってくれたのだった。こないだとは八食のこと。うわー!って思ったけど平静を装った。ASAMIYAで数えてぴったり3回ぶん、OATの次くらいにUNLIMITS行ってるけど、そういう反応は初めてだったから嬉しかった。
昨日Roxx行ってないのバレている!!と思ったら、「昨日いなかったけど」な話になり、やはり感動した(行けば良かった...)。

で。
(この話は、かいつまんで書く)
ありがとうを言えた。
八食のこと。
当日にも言ったけど、あのとき、ちょっとふざけたふうに言ったから。
が、ありがとう、って言った瞬間に、涙が出た。泣いていた。
「何を」ありがとうなのかは言わなかったのに、ちゃんと伝わっていたわ、すごい。何もしてないよ、と笑っていたけど、いや八食とか嬉しかったもんねえ。アンリミも大好きだけどOAT大好きだから、ありがとうってすごく思ったもん。八食だけじゃなくて、ちょいちょいTwitterで、うちらが嬉しかったり頑張ったりできる糧になるようなことを言ってくれていたの、忘れていないよ。
...とか言いたかったけど、言ったら号泣してしまう気がして堪えた。
でも、ほんとにありがとうって強く思ってる。

かぼちゃ行くからねって伝えた。
チケット取る前だから笑われたけど...。

ああ、でも、ありがとう言えてよかったなあ。


とにかく幸せで穏やかで愛にあふれた時間だった。ASAMIYA最高に好き、また来年も開催されますように。




2015.9.20 仙台 birdland 「Hive vol.4」

ブログネタ
シルバーウィーク何して過ごそう?! に参加中!
世間的にはシルバーウィークだったけど、残念ながらわたしの休みは土日だけ。

日曜日は仙台に行ってきた。
TwitterやInstagramでは書いたけど、コレ↓に行ったのだ。

image

DJイベントって行ったことないし行ってみたいなあ、と、ずっと思っていた。今までタイミング合わなくて行けなくて今回ようやく行けた。

今回はライブもアリってのも嬉しかったし、写真撮っていいよと言ってもらえて一眼持っていったから、近づくに連れてテンション上がりまくりだった。

【出演】

MADLICK
Squeez4
Good Morning Mom
elk
いずけん
わくわくはーときのこ
佐川健太郎

トリプルレコ発だった。どのバンドも初だったんだけど、全部よかったなー。
サンプラーもらいわすれたし、そもそも予習しない派なんだけど、それでもめちゃくちゃ楽しめた。

佐川さんが「ファイト」歌ったんだよね。中島みゆきの。すごく良かったなあ。わたし中島みゆき余り聴いたことないんだけど、胸が熱くなった。

image

それにしても写真難しかった。
ちょうど、↑のあたりは超迷走してた。あらかじめ勉強(笑)してあっても、やはり場所によって光の量も違うし。調べといた情報がそのまま使えるわけじゃないから細かく設定変えながらだった。

image

難しいだろうな、と思う以上に難しかった。でも、雰囲気は出たかなあとも思ったりする。どのみち改善点ばかりなのは撮る前から分かってるし。

image
そもそも、あんまりこういう撮影に適応したレンズじゃないので。でも、あるものを使って撮るとこから始めないとね。いつか広角は買わなくちゃー。いやー、写真撮りまくれて幸せだった。

image

↑この写真はiPhoneで撮影。
(この記事では、これだけ)
iPhoneでもそこそこ映る、というより咄嗟に撮るようなときはiPhoneのが早いし設定もいらない。ほんと感心した。まあフルサイズで見ると違いが出てくるんだけど携帯で少し見るくらいなら全然大丈夫なんだなあと。

image

ずーっと、みんな笑顔だった。ジャンル特化ではあるんだけど、いろんな音が聞けたし、いくつか気になるのはメモしてきた。またそこから新しい世界が広がりそうでうきうきしている。

image

今回はモノクロもたくさん撮った。
照明が赤いときって、なかなかうまくいかないので、幾らか「逃げ」の要素を含んではいるけども、それだけじゃなくって最近はモノクロが好きなので。

image

仙台は、そんなに近くはないけど、また開催されるときはぜひ遊びに行けたらなあと思った。

すごくいい時間だった。


image