image


横浜、F.A.D。初めて行った。
普段は縦長のライブハウスだそうだけど、行ったら横長でした。ステージは、手作りだった。

SABOTENからのスタート。
わたしは初サボテンだった。
かっこよかった。MCも熱かった。「サークルコースター」からのスタート。
そりゃ一気に盛り上がるってものです。
二曲目から大量にダイバーが発生していて、二列目のわたしは相変わらず要領が悪く、かかとおとしをくらいまくりでした。

手紙の話で泣いた。
SABOTENすごく良かったー!!やばかった!!

そしてOAT...が出てきて、きくさんのギター違う。つか、洋平さんのベースが赤い。え?て、思ったら.....OATではなくシークレットのブービートラップでした!

三曲やってくれました。熱かった。
かっこよかったー!!

...そしてOVER ARM THROW。
照明が落ちて、starbucksが掛かると、すんごくドキドキする。わくわくして、落ちつかなくなる。

All right〜はじまりでした。
あがるー。いつもあの曲聞くと、ああ終わっちゃう、て少し寂しかったけど、今日からはさみしくないわー。

closingやin bloom聞けました。
え?
Lamplight?
やってないけど幸せ。
聞けなくても幸せ。

うん。
幸せ。

書くか迷ったけど、きくさんからのTweet出たし、ある程度書く。ちょっとTweetもしたけど、書く。

たぶん用意されていた曲の、半分くらいまで、いったとこだと思う。Zinniaのあと、MC始まって、洋平さんが話していて、きくさんは座っていた。苦しそうだった。

酸素ボンベ?みたいなの吸ったり、半田さんが背中さすったり、首筋を冷やしたりしていた。でも、苦しそうだった。洋平さんは、きくさんを見ずに話し続けた。無視じゃなくて気遣っている感じで。

きくさんは、何度も立ち上がろうとしていた。何度も。

えいじさんもMCをしてくれた。洋平さんも話し続けた。でも、きくさん、立ち上がろうとして、立てなくて、運び出された。

それからMrs.WiENERのひとが、ストンピンのトムさんと一緒に1曲やってくれた。

そのあと、きくさんが、病院行ったと聞いた。洋平さんと、えいじさんは、それでもなにかやろうとしてくれた。

コピーバンドをしているひとが、「ギターひけます!」て。

すごくない?
あの状況で、引けます、て言って、ちゃんと弾く勇気、すごすぎる。
めっちゃ感動した。

thanksとMusicをやってくれた。
みんな盛り上がった。

そこでライブは終了した。

終わってから、お友達を探しに行って、えいじさんと洋平さんにも会えた。ギターのヘルプしたひとがちょうど来たから少しだけだけど。

別のお友達にも、久々に会えた。

ライブは途中で終わったんだ。
うん、だけど、なんか、
すごく思いやりや優しさに触れたせいか、
全く物足りなさはない。

むしろ満たされた。

さみしくない。

きくさんが心配で、体調整えるためなら、明日のライブがなくても仕方ないと思った。
(明日を楽しみに頑張ってるひとがいるとは思うけど、そうじゃなくわたし個人の気持ちとして、の話)
OATのライブが見たくて八戸から来たけど、そんなのどうでもよくて、ひたすらきくさんがだいじょぶであることを信じたし祈った。

大月さんが、きくさんの写真をupしてくれて安心した。

明日は、あるみたい。
でも自分が見れるのが嬉しい以上に、きくさんが大丈夫らしいのがうれしい。

やっぱりOAT大好きだし、
OATのまわりのひとも好き。
OATが好きなひとも。

半券は、とっておいて、だって。
遠いから、ライブがあったとしてもタイミングが合わなければ来れないかもなー。

でも、いいのだ。
きくさんが大丈夫であれば、それでいい。

今日も最高だった。
OAT大好き。