on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

6/20 八戸 Roxx northern19/NUBO/PAN

待望のPAN!!
混んでるんだけどぎゅうぎゅうではなく、
ちょうどいい混み具合!

northern19
→初めてライブ見た。名前は知っていたけど、予習ナシ、1曲も知らない状態。
だけど、熱くてかっこよくて楽しかった。
予習なしで行って楽しい、ていうのが最近すきなんだけど、やっぱり予習すればよかった!て思った。

NUBO
→NUBOも初。
なんか、ほんと熱くてヤバかった。
ふだん(OATだと最前いたりするのもあるけど)サークルには入らないんだけど、 はっと気付いたら肩組まれていて、回っていた。
こないだ「いいんじゃねーの」で曲紹介されてたのを見て予習なしにはならなくなったから、少しだけ曲は聴いていて、好きな感じだとは知っていたけど、やっぱ良かった。
ワンナリさんの汗ほんっとにすごいね。
噂には聞いていたけど、すごくてびっくり。
しかし、なんか表情とか、言葉とか、いろいろぐっとくるものがあったなー。

PAN
→レコ発で八戸て聞いて、めっちゃ嬉しかった!!そしてライブやばかった。
「天国ミュージック」から始まったので、そりゃ上がるよね、みたいな。
1曲目は後ろにいた記憶がある。
が、わりと早い段階で、気付いたらピットの中にいた。モッシュ楽しかったなあ。過去最大のもみくちゃっぷりだった!
若干記憶も飛んでる。
とにかく酸素が薄かった。
ゼエゼエもできないかんじ。
酸欠で苦しいのに動くから、もう訳わかんない感じだった。
ふだん汗かかないのに滝のように発汗して、OATのグラデTが、さらにグラデになっていた.....

「てんけいてきーなおもながー」の歌も聞けたし、良かったなー。

あ、そういえば、

アンコールも終わり、明かりがついてから、店内BGMで「天国ミュージック」が流れたんだけど、なぜかそこで盛り上がり、歌ったり踊ったりモッシュしたり誰かが頭の上を通ったりしていた。
なにやってんだろ、とか言いながら。
切なくない余韻でいっぱいだったなあ。

終わってから、酸欠でほんとにどうにもならなくなって、よろよろ外に出て、たばこ吸った。しばらく動けなかった。ハイになってて笑いが止まらなくなった。

3バンドとも八食で会えるとか素敵だなー。
すごく楽しみ!

満足度高すぎて物販も見ず、写真も撮らずにスタスタごはん屋さんに移動したのを少しだけ後悔している。

でも弁慶のせんべい汁が激うまだったから、いいや。

次は25日の、snatch!

2014/6/11 八戸Roxx septaluck

five new old
→本日のトリ。今日初めて聞いた。
体調イマイチだから、実は少し早く帰ろうとしたんだけど...開始前にドラムのひとが叩いてるの聞いて、あまりにも好みな感じで(顔とかじゃなくて)、残った。最後まで聞いたけど、やっぱドラムがなんか好きな感じだった。あとボーカルのひとの英語が流暢で、聞いてて気持ちよかった。
曲紹介の時とか、喋ってる感じが、すごく気持ちいい発音だったー。

fake face
→今日初めて聞いた。
かっこいーね!
ちょっとCD欲しくなった。あとで探す。
声と、歌ってるときの雰囲気とか、歌いかたが好き。こういう歌いかた好き。全身で歌ってる、みたいな。ワンオクとかも全身で歌ってる感じがすごく好き。
また聞きたい。

fat prop
→今日初めて聞いた。
キーボード入ってるバンドをroxxで見たの初めてかもー。
YAMAHAっぽい音ーて思ったら、やはり。
コーラスが、びっくりするくらい綺麗だった。関係ないけど、むかし角松敏生がプロデュースした、VOCALANDの、Splended loveて曲を思い出した。曲が似てるわけじゃない。ただ、Splended〜はすごく透明感のある曲だから、そういう部分だと思う。

septaluck
→今日も良かった!!
Nobody can stop us anymoreからのスタート。相変わらず、明るくて、きらきらしていて...なんだろ、うきうきする。
あー、あれに似ている。
若いころ、ちょっと気になるひとと、ふたりで出かけてるときの、車の中みたいな。
わかりづらいけど。
うきうきして、なんかきらきらした感じ。
まだ不安要素もなくて、喧嘩もしたことなくて、ただ楽しいことの予感だけがする、みたいな。

また八戸来てくれるって言ってたから、
そしたらまた行こうっと。

帰り道は、月が出てるのに雨が降っていて、
septaluck歌いながら帰ってきた。

次はPANだ。
楽しみ!

2014/5/31 盛岡 OAT 追記

さっき一瞬うとうとしてたけど、目が覚めちゃった。ライブの強烈な余韻でふわふわしている。

Lamplightが好きなのには理由がある。

歌詞に、もちろんいろんな意味はあるだろうし、解釈はひと様々だから、それは横に置くとして。

I'm not scared
This is what I decided on my own
I said to myself

この曲を知ってから、↑の歌詞が、とても支えになっている。だから大好き。
全体の歌詞も綺麗だし、せつないし、情景が思い浮かぶようで好きだ。

若い頃、人生の大きな岐路に立ったとき、
いろいろ自分で決めなかった。わりと親に流されてきた。
だから、いまは、小さくても自分で決められることをすごく大事にしている。
その決断がなんであれ、わたしにプラスになると信じている。

でも、「あれ?」みたいなことはある。そういうときに、この歌詞が、すごく気持ちを強くしてくれる。

すごく。

たぶん本当は(誰でも)怖いんじゃないかな。
だから、この歌詞でも、自分に言い聞かせてるんじゃーないのかと。
my ownで切れてないとこが、なんかいいよねえ。

いまの会社で、つらくなって以降、
何度も何度も悪い目に遭った。
仕事自体もだし、セクハラだって複数人複数回だし、仕組みも悪くなってるし。
でもね。
辞めない、てのは、
次が決まらないのもあるけど、
わたしが決めたこと。
怖くはない。これ以上は悪くならないからね、もう。
異動した最初のころ、毎日泣いていた頃に比べたら、いまはかなり元気になったし。
異動がなかったら、OATを知らなかったかもしれないし、知ってもこんなに好きにならかったかもしれないし、好きにならなかったらまだ今も退屈に漠然と暮らしていたかもしれない。

この曲が、去年からわたしを支えてくれて、わたしは頑張れたんだ。

えいじさんにも、今日、
「アンコールでやるにはエモいでしょ」
って言われちゃったけどさ。(確かに)

でも明日へと背中を押してくれる曲なんだー、わたしにとって。

明日は何をやるのかなあ。
行けないけど、想像して、うきうきしている。

...7時起きだし寝ないと...


※8月に追記※
メイン記事に追記したあと、この記事に気が付いた!追記の追記。なんでもありだな。

でも、今も、変わらず、これと同じことを思ってる。

Lamplight、one、hand in hand、Let me believe、you are there、S.O.Gは、くじけそうなときに聴きまくったなー。

The dancing rainは、単純に好き。流れとか歌詞とかが、もともと好きな感じ。

逃げるの嫌だったから、退職はしなかった。
でもステップアップのために転職しようとしている。成功するかはわからないけど、それも自分が決めたこと。がんばらないとね。

2014/5/31 盛岡five OAT アンリミ(追記あり)

盛岡、31度。
めちゃくちゃ暑かった...
ライブハウスに続く階段で整列してるときの暑さが半端なかった!

小さい子がkey worldのTシャツ着ていて、めちゃ可愛かったなー!

木の匂いがするライブハウスだった。
めちゃ綺麗だった。

会ったことあるひとがいたり、わかんなくても話しかけてくれるひとが多かったなあ。楽しかった!

OAT、今日のセトリは、個人的にヤバかった。いや、どの曲も大好きだから、何を聴いても嬉しいけど...

わたしはLamplight大好きなんだけど、
実は12/25のワンマン以外では、
聴いたことがなくて...
こないだ八戸ツーマンのとき、
アンコールが決まってなかったから、
まっさきに「Lamplight」って叫んだんだけど、「えー、暗い」と断られたのでした...
(分からなくはないけど好きなんだもん)

だから、もーヤバかった。
飛び上がったもん!
うわあああああ(つД`)ノ、ってなった。
ちょっと泣いた。
いっぱい泣いたらステージ見えなくなるから超絶がんばって堪えた。
でも、すごく、
毎日がんばっててよかった!って思った。

しかーも!

The dancing rainまで聴けた、という。

めちゃ好き。Lamplightの次に好き。

嬉しすぎて、なんか、夢みたいだったー。
ありがとうありがとうありがとう、ってひたすら思ってた。

毎日いろいろがんばっても、
そのこと自体は報われないかもだけど、
こんな素敵な日があるなら、
やっぱり毎日がんばるしかないよね!

大船渡のワンマンに行くからね、
そのときには、どっちも聴けるだろうなーって思っていた。
けど、今日聴けたのが、すごくわたしには意味があって、めちゃくちゃ嬉しかったの。

腕を上げすぎて、超痛い。
筋肉痛治る前に大船渡だわ。

OATだいすきOATだいすき。

キクさんのスキップを見ました。軽やかでした。

アンリミは八食入れて三回目。
あ、うそ。
八食、Roxx、五戸、だから四回目だ。

すごくよかったなー。
アンコールでDear my songsハミングしてくれた。あと、アンリミの曲でキクさんがコーラスしていた!
グンちゃんのA・RA・SHIよかったー!

とにかく完璧な感じだった!

明日のPower stockは行けない。
でも、晴れますようにー。
気温が高くなりすぎませんようにー。
来たひとが、みんな笑顔でありますようにー。

明後日、超絶ハードなんだ、わたし。
確定で100件以上対応する。
火曜日と水曜日、休むせいでもあるけど、
それだけじゃなく、まあいろいろあって、絶対そうなる。
だからたぶん大変だけど、でも今日のプレイリスト聴きながらがんばるー。

はー、しあわせ!

※8月に追記※

この記事めっちゃテンション高い!!
Lamplightのイントロ聞いて倒れそうだったし無理ない。いまだにLamplight聞いたら、同じテンションになる。

いま気付いたけど、毎回「いや、どの曲も大好きだから、何を聴いても嬉しいけど...」的なこと書いてる。気をつけよーっと。
でも毎回書きたくなるくらい全曲好きなんだもん。

主語なくてわかりづらいけど、dear my songsをハミングしてくれたのは葉子さん。

キクさんのスキップ→直前に、えいじさんのスキップ動画がinstagramかTwitterで出ていたのが発端。

あ、このころは1日100件くらいで大変言ってたのかー。いまは日によるけど150件くらいなこともある。なるべく80件くらいで帰るようにはしてる。

いまでも、この日を思い出すと、
うわー、て思う。
Lamplightのイントロ聞いた瞬間の感覚が、カラダから抜けない。
最高。

2014/05/18 仙台Rensa ロコフェス

チケットの整理番号、16番と17番。
勢いつけて先行で買ったロコフェス...

image

良かった!!!
めちゃくちゃ良かった!!!
最初から最後まで良かった!!!

locofrank以外は予習ナシで行ったんだけど、あまり気にせず楽しめた。
今回は、全部見たことないバンドだったから、あえての予習ナシ。
(八食は、去年の二日目のアンリミ以降しか見てないから、見てないはず)

全バンド、かっこよかった。
お客さんも熱かった。

OATや5exitのときは最前列に行っちゃうから、あんまり後ろから見る機会って今までなかったんだけど...前って、後ろから見ると凄いことになってるんだなあ!いやーびっくり。Roxxだと後ろにも行ったりするけど、ダイバーの数が違うもん。
ステージからのライトに、フロアのみんなが手をあげてるのが浮かび上がって、めちゃくちゃ綺麗だったなあ!!
ものすごい数だった!!

あと、
ダイバーをみんなが支えに伸ばした手を見て、「風の谷のナウシカ」の、王蟲の触手(?)みたいで綺麗だなあって思った。

知人がkamomekamomeのことが大好きで、オススメされていた。やー、わかる。あれはかっこいいわ。ハードな感じで良かったー。

わたしはまだライブ見にいくようになってから日が浅いから、何を見ても新鮮で楽しい。
でも、楽しいだけじゃなくて、いろいろ考える。

image

今日も少し「復興」という話が出ていた。
仙台は被災地で、目に見える場所にはわたしが分かるような名残はないけど、まだまだ、いろいろ大変なひとがたくさんいる。
建物だけの話じゃなく、
気持ちの面でも大変なひとがたくさんいる。
そういう場所に、笑顔やチカラやコトバを届けようとするのは、やっぱり尊いと思う。

復興とか震災て聞くと、わたしですら、胸がぎゅーってなるもん。
まして今もつらいひとたちには、すごいチカラになるだろうな。
最初の年や、次の年は、わりとみんな気にしてくれるけど、その先も続けていくのって、大変なことだもんね。
だから、すごいひとたちだなあと思った。

また来年...あるかわかんないけど、
あったら来たいなあ。

ロコ終わってから倒れた男性がいて、
旦那がスタッフさん呼びにいった。
無事だといいなあ。
そういえば小さい子が多いのが印象的だった。小学生?中学生?かわいかったな。

今日は、嬉しい再会も出来たし、
ほんとにいい1日だったなあ!!



image
読者登録
LINE読者登録QRコード