on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

2018/4/30 仙台 enn2nd NUBO"WILLIVE"

2018/4/30 仙台 enn2nd  NUBO"WILLIVE"

2018年28本目。
仙台のAGENTでチケット店頭販売している、というのを見て祝日だと気付き急遽行くことに。
お昼過ぎに仙台へ到着し、友達と食事をして、AGENTで買い物をしてからenn 2ndへ。

NUBOのライブは、いつも、強烈に楽しい。
ステージを見ているのも良いけれどフロアを見るのも良い。
みんなすごく楽しそうで、幸せな気持ちになる。

この前日は喋るのも苦しいような有様だったし、当日もイマイチ不調だった。
だから最初はフロアの隅にいた。
でも「咲く花」が始まった瞬間にフロアの真ん中まで飛び出してた。我慢できなかった。

しかも、その次が、「Blisters on my foot」だった。

初めて聞いたときからこれが好きで好きで、こればかり聞いていた時期がある。
そのときは本当に毎日が大変で今にも心が折れそうだった。
そういう私を奮い立たせてくれた曲だったんだけどライブでは聞く機会に1度しか恵まれなかった。
だから、ずっと「聞きたい」と言い続けていた。
八戸で本編前に少しやってくれたことがある。それですら大興奮した。
そのくらいなので、本編で聞けて感無量だった。

毎日、本当にいろんなことが起こる。
つらいことや大変なことも少なくない。
でもこういう出来事によって、私の場合は、随分と救われる。

たった1曲や数文字に心が救われる。
そのとき初めて自分が追い詰められてることに気付くことがある。

きっと、この感覚を分かってくれる人は、たくさんいるはず。
だからって他人にすっかり寄りかかって生きるわけにはいかない。
だから基本的には自力で頑張らなくちゃいけない。
でもNUBOのライブって頑張っていることも認めてくれるし、頑張ってないときの自分までも認めてくれるような気がしたりするんだ。気のせいかもしれないけど、赦しみたいなものの存在を感じる。
でかいサークル作って回っている子達の笑顔や、横にいる見知らぬ誰かの涙を見てるだけで癒される。
ワンマンには、そういうものがたくさん詰まってた。
濃厚で、本当に、良い時間だった。

S__73842783


約2週間が過ぎた昨日、ベースのK-zooさんが脱退という発表があった。
「あのとき行けば良かった」にならなかったのは良かったけど、やはり寂しい。
脱退や活休の知らせは多く、その都度衝撃を受ける。

年齢を重ねるごとにいろんなこと大変だろうなと感じる。それはライブを見る側も同じ。
家庭や体調、いろいろな理由で大変なことがある。
我が家はたまたま夫婦そろってライブに行くこともあり自由にさせてもらっているけれど、それでも、いろんなことがある。簡単ではない。

演者なり客なり、本人が何か別な道に進むなら応援するしかないとは考えている。
それでも、一瞬でも楽しい時間を共有したのなら、寂しくなるのは仕方ないよね。
それが好きなバンドならば強烈な寂しさを感じるのも、仕方ないよね。

OATのツアー初日に八戸のライブが発表になって、直後に「予約した楽しみにしてる!」って言ったら「自分のほうが楽しみにしてる」って言ってくれて嬉しかった。
クラムチャウダーおいしかった。
夏、ROXXでのライブのとき、泥酔したいっせいさんが財布放り投げて廊下で寝ちゃって帰りそびれて外にいたらけーぞーさんも来て、そこでお話したのも楽しかったな。
でも何よりも、けーぞーさんがベース弾いている姿を見るのが大好きだったな。
たくさん幸せな時間をくれたことに感謝しつつ、これからもNUBOを見続けて行きたいと思ってる。


2018/4/28 八戸FOR_ME ISSUMAEL/1/2コメッツ/Velcro/Onibilli/rhyrhyrhythm

2018/4/28 八戸FOR_ME 

ISSUMAEL/1/2コメッツ/Velcro/Onibilli/rhyrhyrhythm

62C09652-47E1-4F08-BE10-2F4ACE3F3037

2018年27本目。
rhyrhyrhythmのライブは2018年12本目。

Onibilli企画。
Velcroは結構好きな感じ。コピーって誰かに聞いた気がするけど私はオリジナルが分からない。コピーならちょっとオリジナルを聞いてみたいって思っている。
コメッツ良かったな、やはり私は、あの声はすごく好き。
細かいことは分からないけど前回ROXXで見たときよりも良かったと感じている。メンバーの距離が離れているぶん大変だろうな。

この日、rhyrhyrhythmのNで、なんだか泣けた。
このくらいの時期ちょうど壮絶に体調が悪くて、いろいろ悩んでいたからだろう。
その体調不良は1ヶ月すぎても続いていて今も悩みは尽きない。

なんだろうな。
いまInstagramで確認してみたら、「立っているのがつらいような日でもライブに行かずにはいられないくらい好きなバンドに出会えるって、やはり幸せなことだよなー」とか、いろいろ考えてしまっていたみたい。調子悪かったら休めよって話なのは分かっている。でも見たいんだよね。好きってすごいチカラだな。

2018/4/22 盛岡 the five morioka rhyrhyrhythm/Re:Turn/bib/チェスト/STAY UP/BASTAHAZE

2018/4/22 盛岡 the five morioka

rhyrhyrhythm
Re:Turn
bib
チェスト
STAY UP
BASTAHAZE

S__73842788

2018年26本目。
rhyrhyrhythmのライブは2018年11本目。

前日がOATのツアーファイナル。
午前中のうちに移動して、15時くらいに盛岡着。
みんなと合流して、the five morioka の向かいにあるビルでお酒を飲みながらOpen待ち。
前から行ってみたかった店だったのですごく嬉しかった!

STAY UPの、あの曲すごく耳に残る。
いつだったかFOR MEの階段のところで誰かが鼻歌し始めてみんなで鼻歌してたの思い出す。
bibは最近見る機会がとても増えている。
あのMCもなくライブする感じが私はとても好きなのだった。

で、rhyrhyrhythmはやはりかっこよかった。
ちょっと日程的にはぎゅうぎゅうに詰め込んだ感じがあったけど行けてよかった。
2日続けて好きなバンドが見られるのって本当に幸せ。

2018/04/21 横浜ベイホール OVER ARM THROW/G-FREAK FACTORY/SLANG

2018/04/21 横浜ベイホール
OVER ARM THROW 「
Pressure TOUR」

2018年25本目。w/ G-FREAK FACTORY, SLANG

S__72744985

2017年11月18日に南相馬からスタートした
OVER ARM THROWのPressure TOUR」は、20180421に横浜ベイホールでファイナルを迎えた。
会場、すごい熱量だった。


きちんとしたレポは、きっと記憶力の良い人が書いているはず。

そこで、ここでは、リリース前~ファイナルを含めての、2017年11月~2018年4月の
Pressure TOUR」を見て自分が感じたことを、ざっくり振り返ろうかな、と思っている。

---

私が
OVER ARM THROWの存在を知ったのは、2013年の5月19日。
この日、シェルターでsnatchとの2マンに行った友人が、わたしに動画へのリンクをLINEで送ってくれたのが始まりだった。それまでは現在聞いている音楽とは無縁だった。まさか毎週末のようにライブハウスで過ごす日が来るなんて夢にも思わなかった。

動画を見て、「ライブに行ってみたい」と思って、その年の八食に行った。着いたのが2日目の午後だったのでOATが大トリの年でなければ見ることはできなかったはず。同年のASAMIYAと、クリスマスのワンマンにも行った。いま思えば、全てがタイミングのよい年だった。

前作『Songs -what I sing when a war resounds this-』は2011年10月19日リリースだと思うので、当然songsのツアーには行っていない。だから、ずっと「ツアーに行く日が来ること」を楽しみにしていた。

「曲作りをする、アルバムを出す」という話題を最初にMCで聞いたのは
2014年12月の横須賀だったように記憶している。そのあとから曲作り動画がUPされるようになった。
年が明けて2015年6月、サタニックカーニバルへの出演以降、OVER ARM THROWはしばらくライブがなかった。ライブが再開されたのは、2015年11月、FADでのワンマン。そこからまた月日が流れて、2017年9月20日にアルバムリリース。そしてツアー初日が2017年11月。

信じてないわけではなかったけど、新譜の告知があったときは「出てから考えよう」って思った。そのくらいには現実味がなかった。

CDはFOR YOU店頭で購入した。待ちきれなくて駐車場で聞いた。あんなにCDの開封でどきどきしたの、いつぶりだろう。
1周聞き終わるまで動けなかった。アルバムの発売も嬉しかったし、収録された曲も良くて、言葉にならなかった。

今回のツアーで、私が行ったのは全部で10か所。

2017/11/18 南相馬BACK BEAT w/ NUBO
2017/12/17 横須賀PUMPKIN 
w/ INFOG
2018/1/6  秋田LIVESPOT2000 OVER ARM THROWワンマン
2018/1/8  八戸FOR_ME 
w/ dustbox
2018/1/9  仙台MACANA 
w/ dustbox
2018/2/17  厚木Thunder Snake  w/ THE NO EAR
2018/2/18  小田原 姿麗人  
w/ 39degrees
2018/3/9  盛岡five  
w/ Mrs.WiENER
2018/3/10  石巻BLUE RESISTANCE 
w/ HEY-SMITH
2018/04/21 横浜ベイホール 
w/ G-FREAK FACTORY,SLANG

それぞれの場所ごとに、いろいろな思い出があって、どれが一番というのは決めがたい。

南相馬、いろんな場所に住んでいる会いたい人が大勢来てた。
バンTにカメムシついたし靴に穴が開いてたし、いろいろあったけど全部楽しかった。

横須賀は、変形ステージだったために、近すぎてどこを見たらいいのかわからなかった。あんな距離でライブを見ることは、たぶん、どのバンドだろうと、もう一生ない気がする。OATもINFOGも大好きなので、その組み合わせの2マンを、この時期に見ることが出来て幸せだった。洋平さんが書いた、この日のブログが今も忘れられない。読み終わる前に「これを読んで」って、ある人に連絡したくらい素敵な記事だった。

秋田、発表されたとき、すごく嬉しかった。ずっと「いつか秋田で一緒に見ましょう」と言っていた友達がいて、それが叶って最高だった。しかもワンマンだなんて。

ツアー日程が発表された中で一番嬉しかったのは、言うまでもなく八戸だ。
FOR_MEでのライブは、このときが初。
発表を見て大喜びした。チケットの発売は寒い日で、車に戻ったりしつつも店頭で並んで買った。
当日、大して飲まないうちから酔ってしまうほど浮かれてたしライブも楽しかった。

翌日の仙台は、
ライブを通して友達ができた最初の場所で、出勤日だったけど強行突破。

厚木のThunder Snakeは、前から「行ってみたい」と思っていたライブハウスの1つ。
ようやく行けて嬉しい。

小田原の姿麗人は、予想以上に「ライブハウスっぽくない」外観だった。本当に住宅地の中だった。
駅の真横にあるホテルに気付かずキャリー持っていったのが今でも笑える。この日は気持ちが沈んでてずっと復活できなかった。…それと別件があって、翌日、ライブは見られないけど横浜に行った。行って大正解だった。

盛岡の日は、朝起きたら39度の熱。あわてて病院に行ってインフルエンザの検査をした。陰性で、熱も早い時間に下がったので予定通りライブに行った。もし、この日行かなかったら、ものすごく後悔したに違いない。そのくらい楽しかった。

翌日は
石巻BLUE RESISTANCE、ここも前から行きたかった場所。
向かいの店に、津波の高さを示す書き込みがあった。私は宮古や岩手沿岸地域に親戚が多いから比較的見かける光景ではあるけれど、あれを見るたび、いろいろ考えてしまう。この日、ここでライブを見ることが出来て本当に良かった。
そうだ、この日は、熱は下がっていたけど、朝起きたら声が出なかった。動画撮って残すほどには酷かった。その後に肺炎で苦労したのも、また思い出。
年齢もあるから、体調が悪いときに無理はしないほうがいいなと初めて思った。そして、翌日以降、いろいろあり、石巻のことを考えると、前より深く「命」について考えるようになった。

横浜ベイホールでのファイナル前に、本当は川崎に行くはずで、チケットも入手していた。
でも、行けなかった。
直前で諦めた。未だに悔しい。
肺炎が喘息を誘発した上に気管支炎を起こしていて、高速バスで移動できる状態ではないうえに
仕事の関係で時間的にトリは見られないし、新幹線も使えない。苦渋の選択だった。

でも、そのおかげで、横浜ベイホールでのファイナルに行けた喜びは増した気がする。
ベイホでのことは、今も、あまり言葉にできない。たどりついたとき私を見て「おかえり」「良く来たね」って言ってくれた人たちがいた。その言葉に、とても救われたように感じている。正直行けないかと思うほどに不調だった、意地と愛情だけが動力だった。だから嬉しかった。
でも、言うまでもなく、みんないろんな状況を抱えて、そこにいたのだろうな。

この日の対バンは私には胸熱だった。
SLANGは、初めて八食でOVER ARM THROWを見た日にも見てる。強烈だった。
G-FREAK FACTORYは、初めてROXXでOVER ARM THROWを見たときの対バン。
いろんなものがつながっているのだな、と強く感じた。

OVER ARM THROWのライブは言うまでもなく楽しかったしBy yourselfには驚いた。
新しい曲でも思い入れができて、最初に聞いたときの印象とは随分と違う。
ライブを見ながら、やはり私は
OVER ARM THROWが好きだし、そのライブで良い出会いがたくさんあったのが幸せだ、と改めて思った。

ツアーが終わって、この日のブログ書き始めたのは4/22だったのだけど全然進まなかった。
ブログ書くところまでがライブっていう感覚があるから、終わるのが寂しかったのだろう。
でも書き終えたところで思い出が消えるわけではないし、また新しい日々が始まるだけ。

11月から4月まで本当に楽しかった。
ツアーの中で新しい出会いもたくさんあって、刺激的な日々だった。

いつかまた、新譜が出て、こんなふうに楽しむことができますように。
事故や怪我がなく終わったこと、本当に良かった。

書き終わって読み返してみたけど長いね!
長いといえば、ライブのあとに、みんながInstagramに投稿する愛情だらけの長文本当に好きだった。
そのおかげで行けてない場所のライブも様子が分かって楽しかった。

お疲れ様でした!


2018/04/12 八戸 FOR_ME COUNTRY YARD/SHADOWS,/Survive Said The Prophet

2018/04/12 @ 八戸FOR ME 「TRIPLE TROUBLE TOUR 2018」

2018年24本目。
COUNTRY YARD,SHADOWS, Survive Said The Prophet

S__73842777

平日だというのにチケットはソールドアウト。
このライブ、本当に良かった!!!
最初は、このライブをぎりぎりまで見て、そのまま夜行バスに乗り川崎に行ってOATのセミファイナルを見るはずが体調不良で川崎を断念。その結果これは最後まで見ることができた。

たくさん動いたわけじゃないのに汗が止まらなくなるくらいの熱気だったし、3バンドとも良かった。
そもそもの目的はCOUNTRY YARDだったし、COUNTRY YARDもSHADOWSもすごく良かった。
けど
Survive Said The Prophetが壮絶に響いた夜だった。
もともとは友達からすすめられて好きになり音源もよく聞いていたけど、前回見たときより強烈に響いてしまい、ライブ終わるなり「次どこに行けるか」をチェックしたくらいだ。
ライブ中の表情がたまらなかった。
幸せそうにライブされると、その幸せが伝染するような気がすることがある。
この夜が、それだった。

好きなバンドのみの3マンって本当にたまらない。
格別だった。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード