on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

2017/09/22 下北沢SHELTER INFOG/DRADNATS "In Focus Tour 2017 FINAL"

2017/09/22 下北沢SHELTER
INFOG "In Focus Tour 2017 FINAL"
w/ DRADNATS

INFOGのIn Focus Tourが始まったとき、日程を見て、ほとんど行けないのが分かった。
だからファイナルは絶対に行こうと最初から決めていた。
あっというまにその日が来たな、という印象がある。

八戸は暑かったけれど東京に近付くにつれて空の色が暗くなり、下北沢に着く頃には強い雨が降っていた。

ちょうどチケット交換するころに行ったので、整理番号1番だった。

IMG_1229

Open直後から、歩くのも大変なくらい、すごく人が多かった。
DRADNATSはROXXで見た以来かな。
久々に見た感じがする。
この日はダイバーがすごかったので、途中そちらに気を取られたりもしていたけど楽しかった。

INFOGが始まるくらいには、さらに人が増えて、ぎゅうぎゅうだった。

「In Focus」のツアーだったけど、INFOGは「今日は全曲やります」と。
そんなわけで念願だったPraiseも聞けた。
Don't Blame meは2回。
dream as a dreamも聞けた。
曲数も多かったし、それはもう満足度の高いライブだった。あっというまだった。
MCも良かったな。
INFOGだけじゃなく、お客さんの熱量もすごくて、とても良いライブだった。

泣かずに見ようと決めてた。
とにかく絶対に最初から最後まで楽しく過ごそうと決めてた。

IMG_1233



9/22でBa/Choの浩平くんが脱退するという知らせが出たのは9月1日。
「お知らせ」には、とても良い文章と写真が掲載されていた。何度も何度も読み返した。

正直な感想を言えば、寂しい。
INFOGのライブに行くようになったのは、去年の八食で久々にライブを見てから。
だから、トータルでの回数は決して多いほうではない。
それでも、ライブ行くたびに、物販にいる浩平くんは笑顔で迎えてくれていた。
ライブで姿を見れなくなることはもちろんだけど、
あの笑顔を見る機会がなくなると考えたら、やっぱり寂しい。

それでも前に進むために決断したことなら応援したい。
悩んで決めた、人生に関わる決断だろうから、「やめないで」って心の中で思っても安易には言えない。
責任を負えない発言をすることは出来ない。

決断の向こうにあるものが、良いものであることだけを願っている。
振り返って後悔する日もあるだろうし、つらく思う日もあるだろうけど、
それでも、今までの人生全部も、これからの人生全部も、光り輝くよう、心から願っている。
そしていつか環境が許せば、また音楽やってくれたらいいな、とも願っている。

INFOG自体は止まらないということなので、そこは安心している。
寂しい気持ちはあるけれど、11月にも八戸に来てくれるという告知があったことだし、
In Focus Tourが終わってからを、楽しみにしている。

IMG_1217




じゃらんnet


2017/9/18 いしがきMUSIC FESTIVAL 2017 

2017/9/18
いしがきMUSIC FESTIVAL 2017

天候の影響で開催が危うかったものの、今年も開催されたいしがきMUSIC FESTIVAL 2017。
今までタイミングが合わず一度も行ったことがなかったし、
今年も予定はしていなかったのだけど急遽行くことに。

IMG_1179

盛岡市内は駐車場も混みあっていて、すごい人手だった。
朝のうちは雨が降ったそうだけど、到着した頃には晴れていて、とにかく暑かった。

今年はWANIMAやヤバTも出演していたので、その影響なのか、
着いた段階ではメインステージは入場規制中で、すごい行列だった。

no title

私はISHIGAKIステージ、AZUMAYAステージのみ。

Ken Yokoyama
dustbox
MONOEYES
G-FREAK FACTORY
ROTTENGRAFFTY

到着時間の関係もあって、見たのはこの5つ。

Ken Yokoyamaをこの日、初めて見た。
動画や、スペシャの番組は好きで良く見ている。
でも今まで機会に恵まれなかったので、ライブを見たことがなかった。
友達が付き合ってくれて、比較的前のほうに行った。
すごかった。
詳しくない私ですら知っている曲ばかりだったし、お客さんの温度も高いし、横山さんは若いくてかっこいいし。
また機会があるなら絶対に見たい…とは思うけどチケットが難しそう。
でも、いつか、また。

dustboxはステージ前には行けなかったので、音だけ。
GLFのときも音だけ聞いていた気がする。

MONOEYESは最近すごく好きで、とても頻繁に聞いているからライブ見ることができて嬉しい。
好きな曲も聞けたし、大満足だった、音が綺麗で、うっとりした。

G-FREAK FACTORYは…大変だった…。
人が多すぎて動きも激しかったので、まっすぐ立っているのも難しい有様。
久々に人の波に揺らされるライブだった。
日が落ちる前後に始まったような気がする、ラストの「日はまだ高く」のころ、空は薄闇だった。
もう少し日が長ければ、と思って、いつのまにかすっかり日が短くなっているのに気付いた。

 


ROTTENGRAFFTY、何年ぶりだろう。
前回は2015年5月のサマキャンかな。その前が2014年の八食…だったような…。
記憶も曖昧になるくらい前だったのは間違いない。
AZUMAYAの柵前にいて、少し高いところから見てたのだけど、ステージもお客さんも綺麗だった。
ものすごい人数が手をあげてたのが凄く印象に残っている。壮観だった。
久々に見たけど、やっぱり好きだなーと思った。

終わってから、みんなでヤマトに行って、冷麺食べて帰った。
昼間の暑さが嘘のように、夜は涼しかった。

外フェスのときは、もう少し用意をきちんとしていかないと、と反省中。
帽子とタオル持ったくらいで何も持っていなかった。
そして、このあたりから倦怠感と咳が出始めていて、それが翌週に大きく響くのであった。




じゃらんnet

2017/9/17 ASAMIYA ROXX the SHUWA/Re:Turn/セックスマシーン/Interloper/VSMYBLUES/rhyrhyrhythm

2017/9/17  

ASAMIYA ROXX


the SHUWA
Re:Turn
セックスマシーン
Interloper
VSMYBLUES
rhyrhyrhythm


今年は会場がROXXのみ、というわけで画像もないため、去年のASAMIYAのフライヤーを載せてみる。
あの場所でライブを見るのが好きだったので少し残念に思っているけれど、また来年以降に行けたらいいな。
 image

14:30 open、15:00 startだったのだけど、私は前日大船渡泊。食事なしで移動しても片道約5時間。
9時にホテル出たら間に合うかな、と思ったし、実際「だいたい」間に合ってはいた。
ただ、iphoneのナビが、行きに通った沿岸部ではなく内陸部を案内されるっていう謎の事態に困惑した。
住田~遠野~花巻~盛岡~八戸、というルート。
生まれて初めて遠野に行ったのに観光も出来なくて残念すぎる。

着いたのが15時20分くらい、ということでVSMYBLUESは一瞬しか聞けず。
そして日が経ち過ぎて順番が思い出せない。

この日は久々にInterloperを最前で見た。
普段は比較的後ろのほうから見ているのだけど、近くで見るとかっこよさ倍増だった。どんどんかっこよさが増している気がするけど絶対に気のせいじゃないと思う。

セックスマシーン、最近は八戸に来るたびに見ている気がする。
曲も明るくて楽しくて好きだけど、MCが好き。
なぐらロード歩いているあたりが最高に良かった。ぐらぐらするから怖いよね確かに。

rhyrhyrhythm、ここ数回喉の調子が悪そうで、かなり心配していたけど、この日は良い感じだったから本当に安心した。わたしは頻繁に見るから、調子が良いとき悪いとき両方を見ることになるのは当然だ。けど遠征の人とかが多いとき、ベストな状態だったらいーなーとか思う。で、それが来年なり次につながったらいーなーと。

この日は、HUMAN直前にベースのストラップが取れる→応急処置→HUMAN中に再度取れる、てハプニングが発生してた。それでも、そのまま弾き続けてるのすごいなーと思いながら見てた。ベース持ったことないから分からないけど、軽くはなさそうだし。 最近ライブ行くたび、いろいろなバンドのストラップに絡んだトラブルに遭遇してる。2回に1回くらいの割合だから、かなりの頻度だ。なんでだろう。

ただ、この日は他のバンドでも、いろいろあったみたいだ。他とは違う特別な日だし、それを考えたら不思議ではない気もした。 わたしはふたりとも直接は知らないので深く言及はしない。ただ、まわりのひとからの話を聞くたび、年月が過ぎても全く変わらずに愛されつづける存在であることを素晴らしいとも羨ましいとも思う。わたしは、到底そんな存在になれそうもない、どうやっても届きそうがない。叶うことなら直接会ってみたかったな。お話だけで聞く人じゃなくて。

そう思いながらRe:TurnのMCを聞いてた。大事な人をなくす痛みだけならわたしも分かる。それ自体は何回も経験している。だから、切ない気持ちになりながらライブを見た。

6年ぶりてことだったから、当然the SHUWAは初。好きな感じの音楽だったから、いい出会いだったなーと思っている。

ASAMIYAは、いつも、新しくて良い音楽にめぐりあわせてくれる。ASAMIYAをきっかけに聞くようになったバンド、いくつもある。

今年はいつもと形が違ったけど、それでもやってくれてありがたかった。とても良い時間だった。













じゃらんnet


9/16 大船渡 KESEN ROCK FREAKS  INFOG/kiseki/FUNNY THINK/ZALUSOVA/アンジュ(かっこかり)

9/16
大船渡 KESEN ROCK FREAKS
"New Age vol.9"

INFOG
kiseki
FUNNY THINK
ZALUSOVA
アンジュ
(かっこかり)

DJwYrR7VwAAONlK

FREAKS移転前に行われたOATのワンマン以来、3年ぶり2回目の大船渡。
その頃のFREAKS外観の写真が1枚だけカメラロールに残っていた。

IMG_6445

ホテルとFREAKS以外は、近くにほとんど建物もなくて街灯もなくて、夜は寂しい気持ちになった。
あれから3年が過ぎて、大船渡は、とてもたくさん建物が増えていた。
まだまだ完全な形ではないし、整地されただけの土地もあるし、向かう途中には瓦礫もある。
それでも前に進んでいることを実感した。
復興と復旧の違いや、そのスピードについては、住んでいる人と、他から来た人では感覚的な違いがあると思うので何も言えない。でも大船渡に限らずいろんな場所が良い未来に進んでいけたらいいなといつも願っている。


IMG_1115

KESEN ROCK FREAKSは川沿いにあった。

すごく綺麗だなーって、ずっと見てた。こちらが正面側。
IMG_1117

これが川側。
IMG_1114

明るいうちは結構シンプル。

IMG_1108

途中で休憩もしたのではっきりしないけど、八戸からは海側の三陸道を通って約5時間くらい。

1番目がアンジュ。
途中でマイクが入らなくなって生声になったりノイズが入ったり、ってトラブルがあったけど綺麗な声の女の子だった。


2番目がZALUSOVA。ベースとギター。
MCはぐだぐだしたところもあったけど演奏は好みだった。
曲名は忘れたけどNirvanaのコピーもやってて、それも良かった。

3番目のバンドが、INFOGのために、と演奏した曲があって、それがとても泣けた。
そもそも、この日は、みんなMCでINFOGの話をしていた。
でも泣かずに見たいなあと思ったから、ずっと堪えていたのだった。

見事に涙腺が崩壊したので、3番目のバンドが終わってからは、バーカンに移動して、しばらく酒を飲んでいた。
ちなみにKESEN ROCK FREAKSはフロア内も禁煙ではないという話だったけど、中には灰皿がなかったのでバーカンで喫煙。



そして、いよいよINFOGの番…というところでフロアに戻って待機していたときのこと。
非常ベルが鳴った。
どこからも火も煙も見えなかったけど、火災報知機?非常ベル?が鳴り続けていて、
「外に移動してください」
という指示が出た。

過去に数回、ライブハウスで「非常ベルが鳴る」っていう騒ぎに遭遇したことがある。
しかし9/16は、何度も「鳴っては止まる」を繰り返して、なかなか落ち着かなかった。

KESEN ROCK FREAKSは川沿いにあって、夜は寒い。
風が冷たいな、ライブ無事に出来るのかな、大丈夫かな、と思っていたところ、
INFOGのよしゆきくんたちが、ライブハウスの前にある芝生で、弾き語りをやってくれた。
フロアでのライブとも違い、緩い雰囲気で楽しめたし、2月の弾き語りのことも思い出した。

感傷的になっていたけど、弾き語りのおかげで、楽しい気持ちでそのあとのライブを楽しむことができた。
隣の県だとは思えないくらい大船渡は遠いけど本当に行ってよかった。
こうへいくんが、ライブ始まる前(ベルが鳴る前)に、
「ソールドのつもりでやってきます」
と私に言い残して立ち去った。
その言葉に偽りなく、とても熱くて良いライブだった。

実は、この記事を書いているのは9/22、ファイナル当日。
体調が悪かったりブログに関するモチベーションが下がっているのもあるけど、
なぜだか、ずっと、この日記を書けずにいた。
たぶん気持ちの切り替えが出来なかったんだろうと今は思っている。
現行の体制で見ることが出来るライブは、この大船渡と、ファイナルの下北沢が最後になる。
それを自分が頭では分かっていても、言葉にしたくなかったんだろう。

寂しくなる。
でも新しい道に進むのを心から応援したいと思っている。
9/22のライブが最高のものになりますように。

じゃらんnet

2017/9/14 ROXX Noah/Sandline/BruteRocks

2017/9/14 ROXX

Noah "Ithink...tour 2017-2018"

Noah
Sandline
BruteRocks

friyer_R

9月は直前になって行くことにしたライブが多め。
もともと予習しない派なので、それほど問題がない。
実際にライブに行ってみて、
「予習すればよかった!」
って思うのは結構好き。
そのくらいのバンドだと、予習しなくても楽しい。

というわけで予習もなく行ってみた。

Sandline、随分見てない気がしたので先日調べたところ、5/19以降一度もなかった。
よくこれで「俺のSandline」とか言ってたものだなと。
遠征のタイミングと被ったりしていたせいもある。
秋~冬も遠征多そうだけど、うまく行けるといいなと思っている。
演者側の満足度(=うまくいったかどうか)は私には関係がないので別として、
久々にSandlineのライブだったので、とても楽しかった。
やっぱり好きだな、と思う。
最近はHeartbreakerがお気に入り。
9/24はSandline企画なので、なんとかそれまでに体調を整えて絶対行きたいと思っている。

BruteRocksは仙台、直前に友達からも名前を聞いていたバンド。
このバンドのベース始まりの曲があって、それが結構、というか、かなり好みだった。
事前に動画は少し見ていた。
でも、やっぱりライブに来てみないと好きかどうかなんて分からないものだよなーと改めて思った。



そしてNoahは事前に聞いていた音源も良かったけど、ライブはさらに良かった。
なんともいえないエモさがあるね。
遠くから来てくれるバンドって、初めて来る場所って大変だろうなって思いながら見てた。
週末ならともかく平日だと自分たちのファンだって遠征してくれるか分からないのだから。
それでも来てくれるバンドのことをすごいなって思うし、また来てくれたら見に行きたいなーと思う。

エモい気持ちになりながらの帰宅だった。
平日にライブがあると1週間が早くて嬉しいなーって思う。



じゃらんnet