on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

2017/4/16 八戸ROXX セックスマシーン/THE SKIPPERS/ユタ州/Interloper/rhyrhyrhythm

2017/4/16  八戸ROXX
セックスマシーン
ツアーは はじまってる Tour

セックスマシーン/THE SKIPPERS/ユタ州/Interloper/rhyrhyrhythm

4582167078635

週1くらいでライブには行っていたものの遠征続きだったので、ROXXは約1か月ぶり。
私は決してROXXに行く頻度が高いほうとは言えないけど、やっぱり一番好きなのはROXXだと思う。

今回はセックスマシーンのレコ発と、THE SKIPPERSの「GREATEST SKIP TOUR!」初日。

rhyrhyrhythmからのスタート。今回は、音が今までと違うように感じた。
ドラマーが違うのでそこに関しては当然違う、私はどっちのドラムも好き。
なのだけど、それだけじゃなくて、なんとなーく全体で演奏してるときの音がこころなしかマイルドになっているように感じた。それなのにhumanのベースをはじめ全体に、それぞれの音がくっきりしてるような。
普段見る位置からズレた場所にいたし久々だから脳内補正したかな、と思ったくらい。
しかし後から、変えた部分があると聞いて、脳内補正じゃなかったことに安心した。
全通は無理だろうけど…こうなると前回見逃したのが悔やまれる…。
次の仙台も本当に楽しみ。

ユタ州は初めてだったのだけど、ボーカルさんの声とか歌いかたが好きな傾向だなーと思いながら見ていたら…確か3曲目、口笛を吹いたりしてなかなか歌い出さなかった曲がとても響いたので、勢いでCDを購入。デモを除くと、初見でCD買うのは滅多にないのでテンションがあがる。またライブ見たいな、と思っている。

Interloper、写真展5位おめでとうございます。
5位ってポスターに使われるのかな、あの写真かっこいいから何かに使われてほしいな。
見た目もライブも、相変わらず、えろかっこいい…というか見るたびにそれが増していくような。
「メジャーっぽいやつ」が結構好き。
あとライブ後にCD全購入しているお客さんを見かけて勝手にテンション上がった。


そろそろデータ整理しないと分からなくなってきたけど、THE SKIPPERSは、初めて見た気がする。
熱いライブでかっこよかったし、お客さんもすごーく楽しそうで、フロアがぐちゃぐちゃしてて、いい感じだった。
最前列に小さい子供さんがみみあてなしでいたのだけが心配だった。
気が付いてから、しばらく見守っていたけど、怖すぎて私は途中で外に出てしまった。怪我がなかったようで何より。その件は別なところで書いているのでこれ以上は触れない。
でも、とにかくライブは熱くてかっこよかった。

前回ASAMIYAで見たセックスマシーンのことは今でも覚えている。
めちゃくちゃ楽しかった。
そのとき、通りすがりに頼まれて写真を撮りながら立ち話をしていて、
「すごく楽しかったから、また八戸に来たら見に行きます」
という約束をした。
相手は覚えていないだろうし、覚えててくれなくてOKだけど、約束を守れてすごく満足している。
オレオマエスキーの曲、ASAMIYAのときしか聞いてないのに覚えているとか、本当に脅威のインパクトだ…。
歌詞知らなくても予習してなくても超楽しい。
いつかまた見れるのを楽しみにしている。

(…今回も写真がないのでアフィサイトから画像リンク使用)

はじまっている。 [ セックスマシーン ]

価格:2,300円
(2017/4/17 08:20時点)



ということで不安な気持ちになったりしつつも楽しい夜だった。
次は19日、ROXX。
そちらも楽しみ。

2017/4/8 札幌 Milestone for 10 years/snatch/Thug Life Souljahz

2017/4/8 札幌KLUB COUNTER ACTION
Milestone for 10 years 
Walk Together TOUR FINAL

Milestone for 10 years/snatch/
Opening Act:Thug Life Souljahz

IMG_7882

Milestone for 10 yearsのレコ発ファイナルということで、2年半ぶりに札幌へ。
札幌でライブを見るのは今回で3度目。
1回目は2014年4月、Septaluckのツアー(対バン:5exitほか)、
2回目は2014年10月のG-FREAK FACTORYのツアー(対バン:OVER ARM THROWほか)。
しかしカウンターアクションは今回が初めて。

2/18に見たMilestone for 10 yearsのライブがすごく良かったし、何より、私にMilestone for 10 yearsを教えてくれた友達と一緒に見たかった。
それに、いつかsnatchを札幌で見たいと、ずっと思っていた。
さらに、前回見逃してしまったThug Life Souljahzが私好みと聞いていた。
だから、もう見に行くしかない、と思って勢いで札幌行きを決めたのだった。

初めてのカウンターアクションは、思ったよりも広くて、暗くて、居心地のいい場所だった。
ついてすぐに(番号はあまり関係のない)抽選会のようなものがあった。
そのあとすぐにThug Life Souljahzが始まった。
Thug Life Souljahzは、聞いていた通り確かに私好みだった。前回見逃したのが悔やまれる。
ミクスチャー好きにはたまらない。
またROXXに来てくれるみたいなので、行ってみたいなと思っている。

snatchは、毎回見るたびにかっこいいけど、個人的には今まで見た中で1番か2番に凄く印象に残った。
これが「地元」とか「ホーム」ってことなのかな…
と、ライブ見ている最中には思う余裕もなかった。そのくらいにもみくちゃになってた。最前柵なしは、やっぱりカオスだった…。Blameを今回も聴けて幸せだったんだけど、それ以外も今まであまり聴けていないものがあったのが個人的には嬉しかった。

そして、Milestone for 10 yearsのライブは、熱気がすごくて、楽しくて、ずっとわくわくしっぱなしだった。全然動いていない私ですら汗が流れるほどの熱気だった。
リリースがあるって聞いて、それをわくわくして待って、CD買ってさらに楽しくなって、八戸でライブ行ったら想像以上に楽しくて、その勢いで札幌まで行っちゃったけど大正解だった。
Milestone for 10 yearsのことが大好きな私の友達は、ライブ前に緊張しすぎて氷みたいに冷たい手になっていた。そんな彼女の涙を見ていたら私まで泣きそうになったけど、我慢した。一緒にファイナルを見ることが出来て、すごく良かった。

ものすごい熱気のまま、あっという間に終わった。汗やらドリンクでフロアが湿っていた。
どんなライブに行っても、毎回いろいろ胸に響くし、感動するし、楽しいけど、また格別だった。

私にしては過去最高の勢いで遠征しまくった3月度も、このMilestone for 10 yearsのファイナルで終了。3月楽しすぎて終わるのが寂しかったんだけど、あまりにも良い締めだったから寂しさも消えた。

また八戸か、どこか別な場所で、それぞれのバンドを見る日が、とても楽しみ。 IMG_7889

2017/3/25 郡山#9 PAN/OVER ARM THROW/NUBO

2017/3/25 郡山#9
NUBO "インソムニア" TOUR

PAN/OVER ARM THROW/NUBO

IMG_7782

初めての郡山#9は、駅から近くて分かりやすく、綺麗で、とても良い場所だった。
ドリンクやトイレが2Fで、フロアは1F。見た感じキャパは250くらい。
私の住んでいる場所からだと、同じ東北であっても交通の便は悪くて、新幹線乗り継ぎで片道12000円。
それでも来たかった。

PANからのスタート。
久々だな、と思って調べてみたんだけど、
前回→2016/3/11 仙台 MASTER PEACE'16
前々回→2015/8/20 【20祭やDAY!8発目!】
だった。
ホスコと2マンで19時半~23時だったのにも関わらず8曲ずつくらいしか演奏なくて、90分くらい座りっぱなしでゲーム見ていた【20祭やDAY!】は今でも印象深い。
…そんな話をしていると、時間より少し遅れてスタート。
「ギョウザ食べチャイナ」以外は全部知っている曲だったので、それはもう楽しかった。
そういえばPANのとき頭から落ちてきたひといて、なんとかぎりぎりで頭をキャッチしたんだけど、すごくどきどきした…。見てて良かった…。
PAN投げは、まんなかあたりにいたお嬢さんが集中攻撃を食らっていた。
そのかたがキャッチして「いえーい」って言ったら全員ジャンプ、って。
久々に見るけど、相変わらず見ごたえあるし、楽しくて面白かった。


昨日は整理番号順に入ったので、私は2列目。
すると、最前にいたかたが、「OVER ARM THROWのとき、良かったらどうぞ」と最前を代わってくれた…。
整理番号順となった時点で諦めていたので、ものすごく嬉しかった…。
偶然、お友達とつながりのある人だったのだけど、それにしても、なんて素敵な。
しかも、そのかたのお友達の方々も、「お友達もいるならどうぞ」と。
やさしい人のお友達は、やさしい人なのだな、きっと。

OVER ARM THROWは、「MC少なめにして曲を多め」ということで、計10曲。
一瞬だった。
けど、ステージの高さがちょうど良くて見やすかった。
S.O.G~You are there~TONIGHTっていうスタート、すごく幸せな気持ちになった。
ちょうど、最近You are thereの話をしていたところだったから、それを思い出して胸が熱くなった。
さらに、TONIGHTを、ここで聞くことが出来て、すごく良かった。

NUBO、 "インソムニア" TOURは2本目。
前回は2月の青森。→2017/2/26  青森Quarter  NUBO/10-FEET
青森のときに比べて、"インソムニア" が深みを増してて熱かった。
これが味わいたくて、ついレコ発があると、何本か行ける方向で考えてしまう。
久々に全力で動いて絞れるくらい汗が出た。
最近は滅多に動くことがなくて、タオル忘れ率が9割を越えても支障がないくらいなんだけど、NUBOだけは動かずにいられない…。
NUBOのお客さん、本当に好き。見ていて笑顔になる。

3/25でOVER ARM THROWは今月3本目。
3本とも、ぜんぜん違って、どれも良かったな。
見るたびに満たされた気持ちになるのに、終わるなり、もう見たくなる。
すごく不思議な感覚だと思う。2015年の8月も1か月で3本だったけど、そのときも同じ感覚だった。

ジャイアントループには行く予定でチケットは申し込んであるけど入手前なので何とも言えないし、このあとの予定がしばらくないのをすごく寂しく思っている。…だから、3月の予定が終わってしまって、何を楽しみにしたらいいのか、という気持ちになったりもしていた。でも、昨日話をしてて、確かに、そういうことじゃ良くないな、と反省した。
今まで私にとってライブって「頑張った御褒美」だった。いろんな我慢を乗り越えて手にするものだった。
だから終わると寂しくて哀しい気持ちになるんだと思う。だけど、これからは、「御褒美」なだけじゃなくて、前に進むエネルギーにもしていけたらいいな、と思っている。

それにしても、私も、ずいぶん変わった。
ライブに行き始めるまでは、仕事以外は全部諦めてた。わりと全てがどうでもよかった。その日が穏やかに過ごせれば、それで良かった。それなのに仕事がうまくいかなさすぎて、感情のやりばがなかった。救おうとしてくれる人の声すら届かないくらいに、どうしようもなくなっていた。
でも、そこを抜け出して、いま前を向こうとしている。泣きごとをいわずに暮らすための方法や、生きかたを考え始めている。そのきっかけのひとつが、間違いなく、音楽だったりOVER ARM THROWだったりなのだと思う。
まだスタートラインの手前だけど、これからも、たくさん良い方向に変わっていけたらいいな、と思っている。

早い時間の新幹線が満席で取れなかったので、今日は郡山でゆうがたまで仕事をして帰る。
きちんとこういう習慣をつけて、このさきに備えて、うまくバランスを取れるようにしていこうと思う。

次は4/8、札幌。また良いライブが見れますように。
IMG_7781

2017/3/22 ROXX  S.M.N./at Anytime/SHIMA/Re:Turn/snatch

2017/3/22 八戸ROXX
S.M.N. "BAD HOP" release Tour

S.M.N.
snatch
SHIMA
at Anytime
Re:Turn

IMG_7770

S.M.N.レコ発。
平日だったけれどROXXについたころには、もう結構な数の人が入っていた。
SHIMAとat Anytime、S.M.N.を見るのは今回が初めて。
特にSHIMAは何度か機会があったし友達にもすすめられていたのに、タイミングがあわなくて見ることが出来ずにいたのだった。今回は初見のバンドは予習なしで行った。
もしかしたら、大ハマりするバンドに巡り合えるかもしれないから、初めて見るバンドがあるときは、いつも、すごくわくわくする。

at Anytimeは、疾走感があって、かっこよかった。SHIMAは話に聞いていた通り、すごく楽しくて、曲を全然知らなくても楽しめた。1ヶ月ぶりにRe:Turnも満喫した。
snatchは、まさかの「Blame」始まりだった…。ちょっと普段と違ってて、それもまた良かった。一時期全くBlameを聞けてない時期があったので寂しく思っていたのだけど、最近は続けて聞くことが出来ているので、とても嬉しい。それにしても、この曲からライブが始まるなんて。ものすごく嬉しかった。

S.M.N.は、ライブ見ているうちに「ちょっとくらい予習してくればよかった」と後悔した。私は後ろで見ていたけれどフロアの前のほうが、すごく楽しそうだった。でも、S.M.N.もまた、知っている曲も、知らない曲も、すごく楽しめたのだった。
そして、S.M.N.の(Re:TurnのMCを受けての)MCが、すごく熱かった。
S.M.N.に限らず、遠くから来てくれるバンドって、すごい。
情熱的で、熱いと感じるし、また見たくなる。

最初から最後まで、すごく楽しい1日だった。

暑いからと外に出て涼んだのが悪かったのか、風邪を引いた。
そういえば、月曜日の帰りに乗った夜行バスが少し寒かった。
予定を入れまくるのはいいけど、
体調管理しっかりしなくては、と反省中。

4月、milestone for 10 yearsのレコ発ファイナルで札幌に行く。
対バンはsnatchだ。
時間長めらしいので、今からすごく楽しみにしている。

2017/3/20 下北沢SHELTER INFOG/OVER ARM THROW

2017/3/20 下北沢SHELTER
INFOG presents "SOUND COMMUNICATION vol.1"

INFOG
OVER ARM THROW

IMG_7718

「SOUND COMMUNICATION」、告知があって「行きたい」と思った。
でも、その時点で、
3/11 master peace
3/26 福島
4/8 札幌

という予定を立てていたので、「さすがに毎週遠征は」と、一度は諦めた。
でも、八食や、八食感謝祭でのINFOGが良すぎたので、どうしても諦めきれなかった。
INFOGはOVER ARM THROW大好きだし、これはすごいものが見れるんじゃないかと思った。
そんなわけで急遽チケットや移動を手配して、下北沢へ。

しかし前日はROXXでのライブも予約していた。移動を考えると途中抜けになってしまう。
遅刻はともかく途中抜けはなるべく避けたいと凄く思っているから、今度は3/19のライブをどうするかを考えなくちゃならなくて、今度はそちらをキャンセルしかけて、思い出した。
誰が企画したのだとしても、メール予約は「約束」なのだ。
そんなわけで、ROXXに行ってから夜行バスで移動、という初の試みをしてみた。さすがに全バンドは見られなかったので、ちょっと反省中。

ライブを見るために下北沢に行くのは初めてだった。
前に買い物で行ったときにも思ったけど、すごく雰囲気の良い土地だと思う。
インドカレーを食べて、チケット引き換えをして、串揚げ屋さんに行ったら全然出てこなかったりしたら、もうOpenの時間になってた。

OVER ARM THROWのセトリは、全体に明るめ。
個人的にはFixed star~hand in handの流れが、すごく好きな感じだった。
持ち時間長め…ではあるんだけど、やっぱり大好きなので50分でも足りない…まだまだ見たい…。
いつ見ても楽しくてかっこいいけど、昨日も格別だった。

その後ろで、INFOGのメンバーが、すごく幸せそうな顔をしてた。
好きだというのは良く聞いていたけど、本当に大好きなんだなっていうのが、ものすごく伝わってきて、私も幸せな気持ちが倍増した。

そしてINFOGのライブは、やはり最高に良かった。
見るたびに「今までの中で一番良かった」って思う、ということはベストがどんどん更新されてる、ということになる。でも、本当に、何度か見ている中でも一番に胸が熱くなったし、間違いなく良いライブだった。
言葉に詰まりながらのMCを聞いているうちに、私も泣いた。
初めて見たときのこととかいろいろ思い出した。

憧れの存在があって、そこに近付くために努力して、ステップアップする。
それって、努力、才能、人柄、運、タイミング、周囲の助力…など、いろんな要素が必要な気がする。
言葉にすると簡単だし、理想的なことだけど、誰もが成し得るものではないと思う。
努力や、強い情熱が、きっといろんな良いものを引き寄せて、良い方向に作用しているんだろう。
いつ見ても「清々しい」と思えるのは、そういう部分なのかもしれない。

OVER ARM THROWとINFOGのライブは、どちらも強烈に楽しいし、幸せな気持ちになる。そういうところが少し似ている気がする。その強烈な楽しさや、幸せな気持ちが忘れられなくて、すぐに見たくなるところとかも似ている。

あとから、SNSで、きくさんのギターがよしゆきくんに引き継がれたと聞いて、胸が熱くなった。
Instagramに「憧れの果てに得るもの」と書かれていたけど、本当に、そういう感じだったな。
すごくすごく、良いものを見た。

時間ないからアンコールは見られない…という予定だったけど、結局最後まで。
本当に本当に、行ってよかった。
ライブ終わりに池袋のバス乗り場まで連れて行ってくれた友達には感謝しかない。おかげで最後まで見れた。

来週の福島も楽しみ。
INFOG、次は、どこで見れるかな。早くその日が来ますように。