on the way to...

ライブ日記です

訪問ありがとうございます。
ライブ日記が中心のブログです。

2017/8/12 八戸ROXX Interloper/rhyrhyrhythm/Re:Turn

2017/8/12

Re:Turn
"Living"release tour 初日 3MAN SHOW
at八戸ROXX

Interloper
rhyrhyrhythm
Re:Turn 

8/12は、Re:Turnの「"Living"release tour 」初日。
地元バンドのみでの初日にも関わらずチケットはソールドアウト。
私が到着したころには既に大勢の人が来ていて、中に入るのも大変なほどだった。

1バンド目がrhyrhyrhythm。
いつものように楽しく見ていたのだけど、「次が最後の曲」って始まった瞬間、
『次に見るのは八食か』
と思った。そしたら、去年のMCを聞いて胸が熱くなったのを思い出して、涙が止まらなくなった。
あの日「八食出たい」と聞いて、「夢なら、叶うといいな、それを見たいな」と思った。それから1年も過ぎてない6/1、その日が来ることになったことを知って、本当に嬉しかった。比較的見る頻度が高いから、もっと時間が過ぎているような錯覚に陥ることがある。でも、実際は、初めて見てから、まだ1年と少ししか過ぎていないのだった。rhyrhyrhythmを知って、ライブ通うのがもっと楽しくなったし、八戸のバンドもたくさん知ったし、さらに、いろんな人と出会えた。とても感謝している。私にとっては、すごく良い出会いばかりだった。大好きな人がたくさん増えて、すごく嬉しい。このさきも楽しみだし、こんな日が続けばいいと思っている。八食本当に楽しみだし、それがまた次の夢に繋がることを願っている。
何かにリンク出来ればいいのだけど、と思って、埋め込みtweetを思い出したので貼ってみる。

DGI4lK3UwAI9ScQ

この日の、LIVEの詳細は下記。
Interloperも、いつもかっこいいし、この日もとても熱かった。
ソールドアウトだけあって、久々にぎゅうぎゅうのライブハウスで、途中、あまりの熱気に息が苦しくなってしまい外に出たほどだった。ライブ中に息が苦しくなったの、いつぶりだろうか。戻ってきたら扉の影しかいる場所なくてステージなんて見えなかったけどそれでも楽しかった。Interloperは八食で、日曜日のO.A。それもまた、とても楽しみ。
Interloperは、今回はO.A枠になっているけど、去年は違った。それ以外とO.A枠だと時間も違うし、発表になったときは正直なところ、驚いた。でも、私は、O.A枠があるのなら、それはやっぱり八戸のバンドがいいなーと前に思ったりしたのだった。というのもあったりで、八戸のバンドから朝を始められること自体については嬉しい気持ちもある(本編で見られるに越したことはないけど)。
でも、枠がどこだろうと、rhyrhyrhythmもInterloperも楽しみにしている、とても。

Re:Turnも、ここ何年かで、見る頻度が非常に高いバンドのひとつ。
見るたびに良さが増していく気がする。
以前は、ツアーバンドばかり見ていて地元のライブにはあまり行っていなかった。
それをがもったいなかったな、と最近よく思う。
"Living"はフラゲ日に購入して、いま車で聞いているのだけど、すごく良い。
そして地元以外の友達から、
「買ったよ」
とか、
「良かった」
と言われて、不思議なくらい嬉しく思っている自分に、正直驚いている。
ここ1~2年での、私の中での大きな変化の一つだと思う。
でも決して「地元=いい」って考えではない。
そういうのを取り払って考えて、「良い」って思っている。そういうバンドを、地元で見ることが出来るのは、素敵だと感じている。



これから始まるツアーで、曲が、さらに進化していくのを楽しみにしている。
どんどん変わっていくんだろうな。
素晴らしいツアーになりますように。
八戸以外の場所も、行けたらいいなと思っている。

そんなRe:Turnも八食に参加するバンドの1つ。
八戸の、自分が好きなバンドを3つ、八食で見ることが出来るのってすごい。
たくさんあるツアーバンドと名前が並ぶバンドが増えていったら、きっとさらに楽しい。
ツアーバンドめあてのお客さんが減るっていう考えもあるかもしれないけど、
八戸のバンドめあてのお客さんが増えたらすごく素敵だ。
私はただの観客だから基本的に細かいことは気にしないけど、それでも、そんな日が来たらおもしろいな、とは思っている。

さて。
次のライブは、ずっと夢だった、OVER ARM THROWの、八戸でのワンマン。
日が近付くごとに、どんどん夢みたいに現実味がなくなっていく。
とても楽しみ。


"Living" トレイラー


"believe" PV


"Living" special site


Living/Re:Turn【2500円以上送料無料】
Living/Re:Turn【2500円以上送料無料】


じゃらんnet

2017/7/23 弘前Mag-Net Re:Turn/rhyrhyrhythm/waruagaki/REB CUT/KWHF

2017/7/23  弘前Mag-Net
「we, our, us」

KWHF
waruagaki
rhyrhyrhythm
Re:Turn
REB CUT


IMG_9640

7/22、ライブが終わってすぐに、いわきを出発。
すぐに私は寝てしまったのだけど、目が覚めたら知らないSAだった。そこで2時間くらい仮眠して北上、さらに途中で仮眠、と寝たり起きたりしながらの移動。ちょうど明けがたにかけての移動だったので、前回みたいに朝焼けが見られるかと楽しみだったけど、天候が悪くて、ずっと曇り空。

仮眠やお風呂やごはんどうする、という話が曖昧なままに移動してて、私が目を覚ましたら青森の健康ランドにいた。名前は知っているけど、初めて行った!4時間以上の利用だと1000円だったかな。仮眠してお風呂入るにはちょうどよかった。

弘前についたあたりで、甲府に行っている友達から「飯難民になってる」というLINEが来た。それを笑っていたら自分も飯難民になってしまい、時間もなくなったので昼食がコンビニのパン…ということがありつつも、無事にMag-Net到着。
8/22にも行く予定なのだけど、駅からライブハウスが遠いので、タクシー移動しなくちゃいけないかもしれない…。

映画館の跡地であるMag-Netに来たのは今回が初めて。
Mag-Netは、懐かしい雰囲気のある場所だった。
天井が高くて、入り口から下がった場所にあるフロアには数列置きに柵があって、昔よく通っていた「テアトル」を思い出した。
左側にはバーカンがあって、椅子も置かれていて、高い位置からステージを見られるようだった。

KWHFは、ドラムの人がずっと笑顔だったのが印象的だった。
SEがTM NETWORKだった!衝撃的だった!

waruagakiは前回見た時に「世界はときどき美しい」が聞けなくて残念だったのがすごく印象に残っている。そもそもwaruagaki自体久々に見たけど、やっぱり綺麗でイイなーと思った。


rhyrhyrhythmは7/23も楽しかった!
普段から大好きだけど、この日のHUMANは特に良かった!
天井が高いせいか音が響いて、後ろのほうやステージは分からないけど、私がいた場所で聞くぶんにはすごく良かった。
ようやく新しいTシャツも買えたので嬉しかった。
次は8/12、その次は八食…。今からどちらも楽しみ。

全国流通がまもなくのRe:Turnも、良いライブだった。
このライブのあとに「believe」のPVが発表になっていたけど、すごくかっこいい。
こちらも、レコ発も、八食も、CDも楽しみだな、と思っている。
タイミング的に合う場所があればレコ発は他の地域も行けたらいいな。

believe


トレイラー


REB CUTの時は、(Mag-Netは撮影自由なのかというと、そういうわけではないかとは思うけど)結構な数のお客さんが動画やら写真を撮り倒していたのがすごく印象に残っている。曲の雰囲気としては、うちの旦那が好きそうな感じだな、と思ったので終わってから聞いてみたら正解だった。


車をMag-Netまで徒歩数分のところに停めた結果、駐車料金が300円で衝撃的だった。
八戸も安いとは思うけど弘前には負けた…。

そんなこんなで、7月のライブは終了。
2週連続2日続けてライブ(しかも遠征)っていう、ちょっとだけハードな月だったけど楽しかったせいかそれほど疲れた感じはない…んだけど、いろいろあって、この記事も書きかけのままだった。早くいろいろ落ち着かせたいな、と思っている。

8月は第三週~第四週にかけてライブだらけなので、今からすごく楽しみにしている。

※スティック全部折れた話がありましたが、
いわきでの話でした。削除しました。

デオシーク

じゃらんnet

2017/7/22 いわき club SONIC THE FOREVER YOUNG/INFOG/TOYBEATS/AAD/WILD FANCYS

2017/7/22  いわき club SONIC
POSER NITE
THE FOREVER YOUNG~また逢える日までツアー

THE FOREVER YOUNG
INFOG
TOYBEATS
AAD
WILD FANCYS

IMG_9624

20年以上福島県は「通過のみ」だったのに今年は2回目。
今回はINFOGを見に、いわきのclub SONICへ。

すぐ横にコインパーキングあり。ライブ終わりまで駐車しても1000円だった。
朝の10時くらいに家を出て、途中激しい雷雨だったけれど、だいたい予想通りの15時すぎに到着。
車で25分くらいの場所にある極楽湯に行ったら、露天の種類が豊富で面白かった。全部入るほどには時間がなかったのが残念。

club SONICは、入り口も、中も、結構広め。キャパ250人。トイレは2F。フロアも喫煙可だった。
とても暑い日で、廊下では扇風機が勢いよく回っていた。

THE FOREVER YOUNGと、TOYBEATSは2回目。
INFOGは弾き語り入れて、去年の八食以降で7回か8回目くらいかな。
(八食、9月、2月、2月、3月、5月、6月、7月)
ツアーもう少し行きたいのに日程が合わなくて残念。

TOYBEATSは八戸で聞いた時は後ろにいたんだけど、いわきでは前があいていたので、一番前へ。

今回は「POSER NITE/THE FOREVER YOUNG~また逢える日までツアー」という企画名。
そしてINFOGのツアー日程には入っていない。
でも、トリプルレコ発的な扱いだったようで、INFOGも時間少し長めだった。
最近すごく好きな「dream as a dream」も聞けたし、「Don't blame me」はさらに良くなっていて、ツアーってすごいなーと改めて思った。八戸以外の東北も行けたら良かったな。

THE FOREVER YOUNGは何年か前にROXXでsnatchと見たとき以来だと思う。
…それなのに前回のインパクトが強すぎて「あ、これ前回聞いた曲だ」っていうのがあったし、友達が歌っていて覚えていたものもあったりした。熱量がすごかった。

この日、確か2バンドめのWILD FANCYSで、「聞きやすい上に熱くて良い」って思っていたら、スティックが全部折れるというハプニングが発生してた…気がする。折れるのは良く見るけど予備まで折れるっていうのは初めて見たかもしれない…。
(1週間以上過ぎてるのでちょっと自信無し)

最初はいわきや近隣に泊まろうという話だったけど、結局、そのまま北上。
最近こういう衝動的な日程組みすぎ。でも、結構楽しい。

ただ失敗だったのは、何も上着などを持って来ていなくて寒いときがあったこと。
車なんだから持ち歩くべきだった。寝てて寒かったし翌日の昼間も寒かった…。

しかしライブ自体は楽しかったので満足した。
それと…いわきまで行けるなら、水戸も行けるねっていう話が出た…。
これは多分いつか行くんだろうな、と思っている。

IMG_9618


デオシーク

じゃらんnet

2017/7/17  八戸七夕まつり rhyrhyrhythm

2017/7/17  八戸七夕まつり rhyrhyrhythm

7/17は八戸の七夕まつり最終日。
七夕まつりでは毎年路上ライブがある。
去年の記事をちょっと引用する。
---
八戸では、7月第3週に七夕まつりがあって、中心街の道路が歩行者天国になり、路上でのライブや、様々なパフォーマンスが楽しめる。もちろん夜店も出る。
普段は閑散とした中心街も、この時期は賑わう。
野外嫌いだけど祭りは好きなので、子供の頃から、毎年楽しみにしている。
雨率高いけど。
3年くらいは、出店やったりもした。

さて、わたしの大好きなrhyrhyrhythmが、七夕ライブをするということで、昨日行ってきた。
まさかの雨にヒヤヒヤしたけど、ちょうどrhyrhyrhythmの時は雨も上がっていた。
----

さて2017年。
朝起きてTwitterで聞いたときには、とてもきれいな青空の写真を送ってもらったりしていた。
しかし、その後に届いたのが、豪雨警報や土砂崩れ警報のプッシュ通知。

楽しく遊びつつも、ずっと八戸の天気が気に掛かっていた。
15時44分の新幹線で東京を出て、八戸へ。

IMG_9509

曇りだったけど、雨は降っていなかったので、そのまま中心街へ向かった。



この日のライブスケジュールは、こういう感じ。
(埋め込みで紹介します)

19時ごろ、ちょうどHachiROCK枠(JAP、MelancholiC、ネコ飼いたいわズ)が始まるあたりに到着。
普段ROXXで会う人たちが、ものすごく大勢来てて、にぎやかだった。

ライブは20時10分からだったけど、あっというまだった。
後ろのほうで小さい女の子たちが、ずっと飛び跳ねていた。
ライブで足を止めたらしい外人さんが、びっくりするくらい踊ってた。

私の記憶では、去年はもう少し音がクリアに聞こえた気がするんだけど、ちょっとくぐもって聞こえた感じがあったのが少し残念だった。しかし、それでもやっぱり、rhyrhyrhythmはかっこよかった。

去年は、知らない人ばかりの中で見た。
でも今年はrhyrhyrhythmのライブに行くようになって知り合ったひとたちと一緒に見ることができて、
去年より、さらにさらに楽しかった。

ライブって、
ひとりで見ても楽しい。

でも好きな人たちと見ると、さらに楽しい。

前日聞くことの出来なかった新曲も聞けて、とても嬉しかった。
この頻度で見ても全然飽きなくて、もっともっと見たくなる。

写真使っていいか聞き忘れたので、
セトリの上のとこだけ写真載せとこうっと…。

IMG_9569


八食のO.A.とても楽しみ!
勢いあまって参加バンドまとめ作る程度には楽しみ。
(【八食サマーフリーライブ】2002年~2017年参加バンドまとめ)

その前に弘前とRe:turnのレコ発初日も!

そのあと飲みに行って、楽しかった遠征は終了。
とても良い連休だった。
また来週も楽しみ!


デオシーク

じゃらんnet


2017/7/16 F.A.D  OATATATA!!! OVER ARM THROW/ATATA

2017/7/16  F.A.D YOKOHAMA
OATATATA!!!

OVER ARM THROW
ATATA

IMG_9437

3連休の中日だった7/16はOVER ARM THROWとATATAを見るためにF.A.Dへ。
OPEN11:30、START12:00という昼のライブだったので、朝6時台の新幹線で移動。
東京駅到着が9時半すぎ、横浜には10時台に到着。
まず何より今回は、この「三連休中日の昼ライブ」っていうのが最高だった。おかげで、うちの旦那が初めてF.A.Dに行くことが出来た。旦那に関しては、こういう日程以外では今後も関東は比較的難しいと思う。だから、すごく喜んでいたし、そういう人たくさんいるんじゃないかと思っている。

F.A.D、私は何度か行っているのだけど、友達がいなければ毎度迷子になってしまう。
今回どうしよう、と思っていたところ、少し前の電車で移動をしていた友達が改札のところで待っていてくれた。あとから電車で来る友達も「行けないなら待ち合わせようか」って言ってくれた。
待っていてくれた友達に連れられて無事に着くことができたし、そのうえ最前で見せてもらえて、さらに、まわりには好きな人ばかりいて、始まる前から幸せな気持ちでいっぱいだった。

ジャイアントループでもATATAを見ることが出来たんだけど、(2017/6/10 神金村 GIANT LOOP FES 2017)
当然ながら今回は時間も長くて満足度が高かった。
そして、star soldierでは、きくさんもステージに上がって歌ったんだけど…。
それを聞いたら、自分でも驚くほどに、涙が止まらなかった。
きくさんが弾き語りで歌ったのを機に、ATATAやstar soldierを知ったからだろう。
そして、そのころのことを思い出して涙が止まらない私の頭を友達がなでてくれた。
幸せだなって思った。動画がtweetされていたので、埋め込みで引用してみる。
それほど気にしたことはないけれど、もともと私が好きな音楽の系統にもっとも近いのが、最近見ているバンドの中ではATATA(とrhyrhyrhythm)。なので、見るたびに、そのかっこよさに痺れる。

そして、OVER ARM THROWのときは、なべさんがZINNIAを歌ってた。
これも、聞けたのが、とても嬉しかった。前回見れなかったの悔しかったから。


新曲が聞けたのも、すごく嬉しかった。
アルバム、出るんだなーって実感がわく感じで。

そして、久々にLamplightを聞くことが出来て、とても幸せな気持ちでいる。
前回聞けたのは2016年10月のワンマンのときだったので、9ヶ月ぶりくらいになる。毎回書いている気がするけど、もちろん他の曲も全部好きだし、どんなセトリでも嬉しい。それでもやっぱりLamplightは特別。良い曲だから、きっと、いろんなひとにとって特別で大好きな曲だ。いつかは、わたしのなかでも、順位が変わるかもしれない。それでも、いまは、世の中の全部の曲の中で1番特別だから、聞けると嬉しい。あの曲を聞くたび、いつも、頑張ったことや、つらかったことが報われたような気持ちになる。一番つらかったときに私を支えてくれた曲だから。
Lamplightが始まったとき、まわりにいた友達が、肩や頭を叩いてくれて、さらに嬉しくなったし、終わってから会った友達にも「良かったね」と言ってもらえた。そういうひとたちが周囲にいるのって幸せだ。

もちろんLamplightに限らず全部全部全部良かった。それはATATAも含めて。
あと一緒に行った友達が、初めてライブハウスでATATAを見て、良かったって言ってくれたのがすごく嬉しくってたまらなくなってる。

さっきInstagramの、いわしさんの投稿で、「まるでツアーファイナルみたいに出迎えられて」って表現があったけど、それ、すごく分かる。その投稿は旦那が見つけて、これすごく分かるから読んでって手渡されたんだけど、頷きながら読んだ。そう、毎回ツアーファイナルみたいな気持ちで見に行ってる。サーキットだろうと、フェスだろうと、ワンマンだろうと。私の場合は、ライブに行くようになってから4年くらいしか経過してないし、その時点ですでに36とかだった。このさき見れる本数は、いま10代20代の人に比べたら、微々たるものだと思っている。だって明日死ぬかもしれない。もうそういうことも視野に入れながら生きる年齢に差し掛かっている。だから1本1本をすごく大事にしている。たとえ次の予定があっても、それが最後かもしれないっていつも思う。たぶん「ツアーファイナル」みたいになる理由は人によって違うはず。ほかの人の理由は私には分からないけど、私は、そんな感じ。

あの投稿にあったように、お客さんがOATを愛してるのって、すごい伝わる。そこも私は好き。この頻度でライブ見ても全然足りなくて、始まる前は初めて行った時みたいにどきどきする。まわりのどきどきも伝わってくる。それとお客さんをすごく見てて大事にしてくれているのも感じる、それは時々じゃなく毎回感じる、だからとても好きなのかも。

わたしは、ときどき、すごく精神的に不安定になる。
そこをいま、なんとか乗り越えられているのは、
日常的に私の周囲にいて私が折れそうなときに支えてくれる人達の優しさと、
これをきっかけに知り合った人たちとの楽しい時間と、
こういう時々ある素敵な日のおかげだと思っている。
それがなければ耐えられない、きっと。

ライブが終わったら膝は腫れあがっているし汗まみれだし、ふらふら。
でも、外に出てみたら、まだまだ全然明るくて、太陽の光の下でみんなすごく楽しそうにしてるのを見て、一気に元気になった。
そういえば八戸でATATAが昼間ライブをしてくれたときも、そんな感じだった。

体拭いて着替えをして、そこからみんなで中華街に行って、初めて中華食べ放題をした!
いつもならライブが終わった後は大抵の店が閉まっていたり閉店間近だったりで、食べ放題までは難しい。でも、今回は、早い時間に終わったおかげで、ゆっくりごはんを食べて、いっぱいおしゃべりして、気が付いたら2時間も経ってたほどだった。こんなふうにゆっくり過ごせて、とても良かった。

もちろん、いつも、というわけには行かないと思う。
けれど、時々こういう機会があったなら本当に嬉しい。
そのとき、また行くことが出来たらいいな。

それにしても今回も本当に周囲に助けられたので、本当に感謝している。
最前行けたのも、そこで安全に見られたのも、全部まわりのおかげ。
そういうことに感謝する気持ち、ずっと忘れたくないし返していきたいなって思う。

いろいろ話は尽きないけど、毎度きりがないので、このへんで。

すごく会いたかった人にも会えた。
一日中楽しくて、本当に本当に本当に素敵な日だった。
昼間ライブしてくれてありがとう。

次は八戸かー、と思うと、それだけで泣けるくらい幸せ。

デオシーク

じゃらんnet